デイアンドナイトの作品情報・感想・評価・動画配信

デイアンドナイト2019年製作の映画)

上映日:2019年01月26日

製作国:

上映時間:134分

あらすじ

「デイアンドナイト」に投稿された感想・評価

佳

佳の感想・評価

-
主演の人が企画だったり、プロデューサーが山田孝之だったり、エンドロールで驚いた。

清原かやちゃん演じる奈々は、ただ暗いだけでもない等身大の高校生で良かった。

個人的には青柳が好き。メランコリックの松本と同じような魅力があるように感じた。
福之助

福之助の感想・評価

3.2
役者陣がいい。豪華でしたよねー
正義とは何か、そんな事を描いてました。
正直、前半はイマイチだった。
たけ

たけの感想・評価

4.0
何をもってして善と悪なのか
人殺しは悪である
当たり前だ
善が白だとしたら悪は黒
その間のグレー
世の中グレーが多すぎるから物事は法律で定められ罪があり罰がある
真面目な善人が白に向かって突き進んでいるところを黒が混じった元白のクソ野郎どもが足を引っ張りこちら側に引きずり込む
その反動を使ってあたかも自分は最初から白の人間かのようにそちら側にいる
白に黒が少しでも混じった時点で白には一生なれない
私がもし明石なら、北村なら
そのクソ野郎どもをぶっ殺してる

このレビューはネタバレを含みます

正義を持ってしても権力には敵わない、罪を犯してでも守りたいものがあるという、まさに藤井監督の「新聞記者」×「ヤクザと家族」を掛け合わせたような作品

それぞれの正義のもと罪を犯す様子は、もちろんダメだし感情移入もしないんだけど、無下に切り離してしまっている社会にも問題があるような気がしてしまうな
藤井監督は本当にこういう社会の絶妙なラインの問題を切り取ってくるからいいよなぁ

中盤の昼、夜の様子の描写を綺麗に繋ぎ合わせたシーンがめちゃ良かった
山田孝之くんがこの映画に関わったこともだし、藤井道人監督とどんな作品を作ったのか気になって観賞。
出演した阿部進之介さんも安藤政信さんも清原果耶ちゃんもすごく素晴らしい演技で、内容は重かったけど良かった。
つよ

つよの感想・評価

4.5
自動車工場を経営する父が大企業相手に告発後に自殺。
帰ってきた息子が真相を探るが、手助けしてくれる男に悪い顔が。
社員の人生を狂わせたと、正しいことをしたのに恨まれるの辛い。
正義と悪。
不安にさせる音楽はクリストファー・ノーラン映画っぽい。暗めな雰囲気が良い。『新聞記者』の監督で納得。
役者も良くて女の子可愛い。
yuukite

yuukiteの感想・評価

3.5
復讐劇。藤井道人監督がこの作品の後に「新聞記者」を手掛けたのが納得できる1本。清原果耶が好演。安藤政信と風車で「イノセントワールド」をふと思い出したが。
善と悪、家族、愛とは
カッコいい映像とともに楽しめました
心の奥底にズドーンとくる感じ
清原果耶さんの静かなのに強い眼差しの演技さすがです
阿部進之介さん、安藤政信さんも最高でした
田中哲司さん、山中崇さん、深水元基さん、若松将さんその他素敵な俳優さんが出演されていて、圧倒的な世界観でした

このレビューはネタバレを含みます

北村とナナの壮絶な過去と現在に至る関係はよく分かったが、明石とナナのそれほどまでの信頼関係がどういう理由で生まれたのかが薄いような。
中盤の昼と夜が交錯して明石が仕事に馴染んでいくシーンは、めっちゃカッコ良かった!
結

結の感想・評価

3.0
設定やキャストの選出等、どれをとっても素敵だと思っているのに、なぜかハマれなかった。
>|