息もできないの作品情報・感想・評価

「息もできない」に投稿された感想・評価

モモモ

モモモの感想・評価

4.3
暴力の連鎖から抜け出せない男。
その連鎖から抜けだし求めていた物へと前進するのを阻止してしまうのが、自身が生み出した連鎖そのものだったのが遣る瀬無い。
男が繋いだ不思議な縁が一つの幸せを作り出すが、それを誰よりも求めていたであろう男自身の姿は其処には無い。
不器用な主人公の、暴力的な優しさの映画。

他人にしたことは必ず自分に返ってくるし、悪いことをしてきた人は簡単に幸せにはなれない。
そんなことを感じさせてくれた映画です。
あの時のアイツって感じが凄く強い
三十代から上の世代の府中人に見て欲しい
なるほど、ラストが良い
死がこんなに身近にないから分からないけど、こんなに簡単に許すものなのかな??

ピカデリーでのインタビュー映像みたけどヤンイクチュン太ったけど老いないね!

前半と後半でカメラの感じが違う気がした
じじじ

じじじの感想・評価

3.2
ヤン・イクチュンて監督もできるんかーい。シバラマッ!(くそ野郎)って劇中で聞きすぎて覚えちゃうけど使い道はいかに…。
烏龍茶

烏龍茶の感想・評価

3.7
辛い。親と子供の関係って、どれだけ遠ざけても忘れられないし逃げられない。ずっと囚われ続ける。

親のせいにしなきゃ生きられない。自分の傷を他人に理解されたくない。

傷口を抉るような作品だった。

こういう映画を作る理由って何なんだろう。

もう一度は観たくない。
ヘイトから生まれる偉大なものもある。でもヘイトがヘイトとして昇華されると新たなヘイトを生む。ヘイトが根っこにある人はそれを救うものをつくってほしいと切に願う。他人の、自分の幸せのために。
ヘイトをそのまま形にするのは簡単だ。でも、そこから他人への愛情を感じさせるものをつくるのは、限られた人にしかできないと思う。
弥太郎

弥太郎の感想・評価

4.7
あぁ…こりゃ、、ずるい。

もうタイトルがいい。
『息もできない』
いや、これは出来ないです。不遇の向こう側に立たされたサムフンとヨニ。こりゃ息する時間もない

今年、2017年もこれが160本目の映画で、ジャンル問わずいろいろ見てきましたが、断トツに泣きました。心揺さぶられる映画は今年も少なからず体験させていただきましたが、純粋無垢に涙ボロボロ出したのはこの映画が一番でした。

女子高生役のキムコッピさんの演技がとてもよかった。
堪えていた感情をさらけ出す、さらけ出てしまうその狭間の演技が素晴らしくて、こちらの涙腺死体蹴り状態でした。

胸糞悪い、鬱映画なのに心が洗われた気分でいます。とてもいい映画でした。

2017/160
信じられないくらい面白い、というかよかった。
韓国映画は個人的にあまり好きではないですが、本当にたまに日本映画には無いというかとても及ぶことができない、圧倒的なリアリティや演者の演技力の高さ、そして暗さを見せつけてくれるなと思います。

この世の何と理不尽なことか。なぜ皆が皆、幸せになれないのか。そして自分の中の漠然とした不安な気持ちや怒り、悲しみ、孤独感、負の感情すべてはどこから生まれているのか。この生まれた感情はどこにやればいいのか。
何もかも、わからない。
しかしながらもがき苦しみ、少しでも前に進もうと、間違った形であろうと前を向こうとしている姿はとても醜くてとても美しい。

まったく救いの無い映画です。びっくりするくらいバッドエンド。でもそれがいいというか、韓国映画ってバッドエンドの作り方がとても上手い。日本映画は、というか日本人はハッピーエンドが基本好きな人が多いから、こういうバッドエンドは作れないと思う。
すごく素晴らしい作品です。
みどり

みどりの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

道端でボロボロなのに強がる2人がつらすぎた

みんなそれぞれつらいよな、ってなる

父親とお兄ちゃんは許されるべきなのかどうなのか


途中から取り立て屋ふたりが渡辺いっけいとフジモンに見えたけど
>|