ドント・レット・ゴー ―過去からの叫び―の作品情報・感想・評価・動画配信

「ドント・レット・ゴー ―過去からの叫び―」に投稿された感想・評価

リスト入りしていたのを見たらそこそこ楽しめた。
過去からの電話という設定はありえないのだが、謎解き要素もあり、最後までスリルを保つことができたのでは。

見忘れていたのは主人公の女の子が絵的にイマイチだと思っていたから。
ただ、見始めると中盤以降のパニクッた電話演技とかまずまずだし、あの世代の黒人の女の子としてはリアリティがあり、絵的にキツイというイメージも消えた。

過去の言動が未来を変えるという流れは健在だし、プラムハウスものはそんな大きなハズレなしと感じる。
Boss2054

Boss2054の感想・評価

4.7
2019年。アメリカ映画。
ジャンルはホラーになってるけど、
別の云方がありそう。

脚本・監督、ヤコブ・アロンエステス。
キャスト、デヴィッド・オイエロウォ、ストーム・リード他。

時空間を越えてコミュニケーションが取れるト云う設定の作品がいつの間にか定着しましたよね。
「オーロラの彼方へ」なンかがその代表作かな。
韓国ドラマにも日本のドラマにもあるしね。
きっと、観客に面白いと思わせる要素がこの設定にはあるンでしょうね。
最初に考えた人は凄いですね❣️

ジャンルもディテールも自由に設定出来るしね。

で、この作品はサスペンス。
主人公ト2週間前に殺されてしまった姪っ子とが携帯電話で連絡が取れるト云う設定。
果たして、主人公は、姪っ子を守り切れるのか?
教科書通りの展開をするけど、
ディテールが凝っているので、
かなり楽しめます。
こう云うジャンルを見慣れている人には真犯人はすぐに分かってしまうだろうけど、
それ以外のお楽しみが充分あるので、
それほど気にならない。

まあまあ、オススメですかね。
kkbbrk

kkbbrkの感想・評価

3.5
ロサンゼルスに住む刑事のジャックはある日姪のアシュリー一家の無理心中に遭遇する。
突然の死にショックを受けていたジャックだが、後日死んだはずのアシュリーから電話が来る。最初は信じられない様子だったが、どうやらアシュリーは過去から電話しているらしい。
果たしてジャックはアシュリーの過去を変え、姪の死を避けることが出来るのか。

タイムリープものですが、スケールはそこまで大きくなく一家の死を救うもの。
登場人物も少ない分、物語が入ってきやすい。
bopapa

bopapaの感想・評価

3.3
2022年 25本目

タイムリープ、タイムトラベルモノ強化月間中。今作は過去と現在が電話が繋がるパターンのやつ。「オーロラの彼方に」や傑作ホラー「ザ・コール」の感じのやつで直接会ってないけど過去の行動が現代に影響及ぼしてしまうやつ。良いですね、序盤の展開も早くてワクワクします。


個人的には過去側のキーパーソンと終盤にやっと事情説明含めて繋がって、さあここから事態を劇的に改善すっぞ!ってタイミングなのに過去側の人が頭悪いのか強情なのかなんなのか主人公の言う事全く聞かないで勝手な行動する所でかなりムカムカしたのですが、でもそれが無いと真犯人解決の流れにもならなかったのかも知れないと思うとまあ、仕方ないかとも思います。

この手の映画大好きな疑り深い人達の為には真犯人は登場1秒で「あ!コイツやな!」とわかるようにしてくれてる親切設計もとても良いです。

そうそう、真犯人はあの感じで登場してくるもんなんだよな!の様式美をちゃんと守ってくれてるので最後まで「どうせ犯人はお前なんですけどね?」と、ミステリー見過ぎでこじらせてる奴らも安心して観る事が出来るので嬉しいですね。
YunaM

YunaMの感想・評価

-
殺人事件で亡くなったはずの姪から電話がかかってくるところから物語が始まる。現在と過去が並行し、クライマックスでシンクする展開は見事。いろいろと設定を広げなくても十分おもしろい気が。個人的にダイナーでの電話のシーンにぐっときました。
hygge

hyggeの感想・評価

3.3
弟家族が惨殺され悲しみに暮れる刑事ジャックのもとに、殺されたはずの姪アシュリーから電話が掛かってくる。
それからも度々アシュリーからの電話を受けるうちにジャックは2週間前の世界にいる彼女と通話していることに気づく。
信じられない事態に混乱しながらもアシュリーの命を救う手段を探すジャックだったが。
KKK

KKKの感想・評価

3.6
皆大好きタイムパラドックスもの。
後半はハラハラの連続で息を飲む展開続きで面白かった。女の子めっちゃ頑張っててよかった
終わり方は最悪の結末にならなくてホッと一安心。
fm

fmの感想・評価

3.2

このレビューはネタバレを含みます

SFスリル

刑事ジャック 相棒ボビー
弟ギャレット スーザン 姪アシュリー

上司ハワード


3.7 ランダム存在の確率
3.4 パラドクス 残酷で異常 タイムシャッフル 嵐の中で
3.3 リピーターズ ザコール
3.2 トランスワールド エンドレス繰り返される悪夢 ドントレットゴー過去からの叫び
2.4 今日も僕は殺される
なーど

なーどの感想・評価

3.5
刑事である主人公。
可愛がっていた姪の一家が何者かに殺され、がっくり。仕事も手につかない感じです。

そんな時、死んだはずの姪から電話がかかってきます。
主人公は電話の主である姪と協力して、姪が死なないように事前に事件を解決しようと奮闘します。

自分でも何を言ってるのか分からなくなってきましたが、タイムループもののサスペンスです。

ハラハラ感がほどよく、楽しめました。
oyu

oyuの感想・評価

3.5
おもしろかった〜〜〜
犯人あいつやで!て全然分かるし展開にとびきりの意外性があるわけでもないんだけど、でも微妙なラインでかわしながらどきどきさせる
嵐の中で(durante la tormente)もそうだったけど、小作で登場人物少なめな世界観でこういう時間のいたずらというか不具合に翻弄されるひとたちの話、たのしいよなあ

主演のdavid oyelowoも姪っ子役の彼女もよかった!
atlanta paperboiのbrian tyree henryが思いがけず大事な役だったのにも驚いた
>|

あなたにおすすめの記事