オーロラの彼方への作品情報・感想・評価・動画配信

『オーロラの彼方へ』に投稿された感想・評価

むぅ

むぅの感想・評価

4.1
「え、ティロリじゃない?」
「テレレでしょ」
「ピロリっスね」

事の発端は私。
オーロラソースって何と一番合うのかねと言ったところから、海老とか鶏とかポテトと候補が上がり、1人がマックのポテトを家で食べる時はケチャマヨで味変すると言った。え、マックのポテトは揚げたてじゃないと!ともう1人が言う。確かに並んでる時にあの音聞こえると、お!って思うよねという所から、"あの音"はどう聞こえるか論争になった。

「結局何でオーロラソースだったんスか?」

言えない。
今作を観たからなんて。


舞台は1969年と1999年のNY
空にオーロラが現れたその日、父の遺品の無線機に話しかけたジョン。繋がったのは30年前の父だった。そして30年前の明日は父が殉職した日。
会いたい。
その一心でジョンがとった行動で..。


「月が美しいですね」
その言葉で想いを伝えようとした人がいたように、空を見上げる時、そしてそれが夜空である時、大切な誰かを思い浮かべることは多いのでは、と思う。
流れ星が願い事を叶えてくれるというなら、オーロラのカーテンをめくったらもう会えないその人に会えそうな気がする。
オーロラが繋げる数日間の奇跡。

現実で存在しない、または存在し得ない事柄を描くのがファンタジー。現実に存在し得る、また将来いつか存在するようになる事柄を扱い、つねに論理の領域内にある可能性に限定されるというのがSF。そう聞いた事があるが、だとしたら今作はSFだといいなと思った。
もう会えないその人の声を聞けたら。

私がやるケチャップとマヨネーズを混ぜてオーロラソース!ではなく、SF、ファンタジー、親子愛、アクション、サスペンスと様々な要素が混ざり合う今作。
そう言えばオーロラソースはフランス語の"aurore(明け方、曙)"が語源で、トマトのもたらすオレンジがかったピンク色や曙色からその名前だと知ったのは何年前だろう。

鑑賞後、夜明けを見たような気持ちになる。

映画もちょっとソースみたいなところがあるのかな、と思った。
自分の気持ちにかけるソース。
今日はピュアな気持ちになりたいな、そんな気持ちでかけたソースだった。こんな選び方も楽しい。


「当てたらマック奢るよ」
絶対何かしらの映画観てオーロラソースって言ったっスよね?としつこいので、そう言った。
「当てるっス」
期限は明日。
当たったらそれはそれでオーロラが呼んだ奇跡。
Jun

Junの感想・評価

3.8
これからの季節に金曜ロードショーで放映してほしい作品圧倒的No.1。

SF×サスペンス×ヒューマンという恐らく全人類が好きな映画ジャンル全部詰め込んだ贅沢な''お子様ランチ''に仕上がりました。
この3ジャンルの配分が黄金比すぎませんか。
それぞれが互いを引き立たせていて、ワクワクしました。

序盤であっさり構成が分かってしまうので、どう展開していくのか不安になりましたが、しっかり緩急つけてテンポよく進んでいきます。

「あれはどうなったの?」と気になるところもありましたが、フィクションですのでそれはご愛嬌。脚本が良き。

純粋に楽しめる作品です。
冬

冬の感想・評価

3.8
旦那が観ようっていったやつ。
デニス・クエイドかっこいいねぇ。
シグナルとか薄っすら観たけど確かにそんな感じだけど
これはもっとアメリカ映画だしエンタメとして良い。
昨日、「こんにちは、私のお母さん」観たから感動は少し及ばないけど、
最後は読めなかったし、おぁー!ハッピーエンド!ってなる。

30年前に火災事故で死亡した父親と時を隔てて協力し合う親子を描く。

恋人との別離に苦悩する刑事ジョンにとって、30年前に殉職した消防士の父フランクは、誰よりも妻を愛し、息子のジョンを「リトル・チーフ」と呼び、とびきりの愛情を注いでくれたかけがえのない存在だった。もし父が生きていたら…そう思わない日は一日たりとてなかった。ある日…。

グイグイ引っ張られた…時空を超えた親子愛。

ゴールデングローブ賞(2001年)ノミネート
アメリカ映画!
シネマティックで、SFで父子が団結して家族を守る。
シンプルだけど力強い作品だった。
mari

mariの感想・評価

4.3
亡くなったはずの父親と無線が繋がり、ジョンが父親を死から救ったことから次々と運命が変わっていき、見ていて飽きない面白い作品だった。
子どもも大人も、万人が楽しめるSF映画だと思う!
結末もすごく良かった。
子どもできたら隊長呼びしようかな😆♡
Kei

Keiの感想・評価

4.5
見たことありそうなすとーりーかな?と思ったけど全然違った!どっきどきした!
1969年、フランクは消防士として、妻のジュリアは看護師として活躍しておりジョンと言う子供もいて幸せに暮らしていた。

その30年後の1999年、ジョンは変わろうとしない!と恋人に別れを告げられた。

母親の元に向かうと家には親友のゴードと息子のゴディがいた。するとフランクの無線機を発見…。

父親を亡くした過去があった少年は36歳に...その未来1999年から異常気象によりオーロラが発生した過去1969年にいる父親と無線が繋がる不思議な話し。


ジョン・サリヴァン(ジム・カヴィーゼル、ダニエル・ヘンソン(子供時代))刑事。

フランク・サヴァリン(デニス・クエイド)野球が好きでニューヨークメッツの大ファン。消防士でジョンの父親。ヘビースモーカー。ジョンをチビ隊長と呼ぶ。

ジュリア・サヴァリン(エリザベス・ミッチェル)看護師。ジョンの母親。

サッチ・デレオン(アンドレ・ブラウアー)黒人の刑事。サヴァリン夫妻と友人。

ゴード・ハッシュ(ノア・エメリッヒ)ジョンの親友。株に失敗?。

ジャック・シェパード(ショーン・ドイル)警官。

他出演者 メリッサエリコ、ダニエルヘンソン、ジョーダンブリッジス、スティーブンジョフィ他。

仕事で疲れて帰ってきたけど何だか眠れなくて…何見ようと迷い随分前にDVDを買って袋も開けずに放置してたコレにしました。レンタルやらテレビやらで何度か見て1番と言っていい程好きなんですけど暫く見てなくて。

私はSFが好きですが、こちらの作品は、それだけじゃなくて殺人事件とかも結構絡んできて謎解きも楽しめちゃうし家族愛もいい。海外のファミリーって日本に比べると愛の表現が真っ直ぐで好きです。

SF!って思えるような映像的な楽しみは、そんなに沢山ないんだけど時々出て来るシーンにオッ!と思う。机とか手がどうにかなる所とか部屋がえらいこっちゃになる所とか...。そもそもオーロラも綺麗だし!!。

大爆発、人骨、ナイチンゲール事件、タイムパラドックス、W2QYV、焦がした机、倉庫火災、女の子救出、肺癌、自転車、財布の隠し場所、Yahoo!の株、運転免許証も印象的。

     「もう死んでるじゃない?」

ありがちだけど、誰かを助けちゃうと未来がどんどん変わっていくし修正しようとすると、また違う未来が生まれたり大変!。お父さん犯人になっちゃうよ!!犯人誰よ!?ってハラハラレベルも高め。

こんな非現実的な事なかなか信じてもらえないし途中までは何かする度に変化がありすぎて誰かが不幸になる気がしちゃうんだけど終わり方が最高だった。ホロっと涙でちゃいます。

やっぱり好きですねぇ、この作品。SFだし突っ込みたくなる人もいるかもしれないけど私は細かい事を気にせず楽しめた。

誰かが死んじゃうのは嫌だけど、こんな不思議な体験して人生をやり直してみたいわ〜。


韓国ドラマの日本リメイク版で坂口健太郎がやってたシグナルも好きですが何となく似てる感じがあります。

お父さん役のデニス・クエイドってこないだ見た「僕のワンダフルライフ」シリーズにイーサン役で出てる俳優さんでした。
めだか

めだかの感想・評価

3.6
SFとサスペンス、その他いろんな要素が盛り沢山で視聴後に満足感がある。バタフライエフェクト的展開もあり。終盤の過去と現在がつながるシーンが好き。
わりかし色んな要素を複合していて、なおかつまとまっている。監督はグレゴリーボブリット、真実の行方の監督。
うーん、親父かっこいい!
>|

あなたにおすすめの記事