オーロラの彼方への作品情報・感想・評価・動画配信

「オーロラの彼方へ」に投稿された感想・評価

Yuki

Yukiの感想・評価

4.0

息子をCHIEFって呼ぶお父さん最高に暖かくて好き

I’m still here CHIEF 😣😭😭😭😭
心温まる。だけどやっぱり銃社会が怖かった、、正当防衛なのかなー、、

家族を大切にしないとって思う。
お母さんは何も言わなくても子供に愛されていることがわかるってちうところ、お母さんの心が大きすぎて泣ける😭

ファンタジーだし、理屈でいくと、え?ってなるところもありと思うけど、このオチ(?)はファンタジーならでは。よくできた話だと思う

外国って愛を表すときに何も言わずにすぐハグするのがいいなーって思う。
家族とハグをすることなんて日本でなかなかないもんなー、、汗
 少年時代に父親を亡くした刑事が、生きていたころの父親と時を超えた無線機でつながる親子のドラマ。サスペンス要素もあり、かなりの良作。
あさと

あさとの感想・評価

4.7
タイトルだけ見ると宇宙系SF映画っぽく見えるけど、タイムトラベル系のSF映画だった。

過去と未来が繋がるワクワク感に加え、スケールの大きいアクション、父と息子の家族愛などとアメリカ映画のいいところを取り入れて後味よく終わらせた感じがあり、完成度の高い映画だと感じた。主演のデニス・クエイドとジム・カヴィーゼルがまたいいんだな。

バック・トゥ・ザ・フューチャー系の隠れた名作だった。老若男女楽しめそうだし高評価です!
銀幕短評(#441)

原題「周波数」
2000年、アメリカ。1時間57分。

総合評価 70点。

時間もの。うまいストーリーですね、ドキドキする。

「TENET」の回で、“わたしたちは 過去や未来の ときの流れに介入するべきではない“ と書いたのですが、かれらはそのルールを守らなかった。

その切ない心情は よく理解できるのですが、介入すると どこかでかならず その結果の歪みが出る。やはり、いまを精一杯生きて その結果を粛々と受けいれるということが健全なやり方ではないでしょうか。つまり、いましか生きてはいけない。なにかを変えたければ、いまを変える。それで満足できるように いまを生ききることに専心する、その姿勢が大事だと思います。

火事の倉庫からのあの脱出シーン、とてもうつくしいですね。
こういった時間軸を越えた話は大好物です。まあ「もっと上手く解決できんか?」と思わないこともなかったですが、最初から最後まで面白く見ることができラストも切れ味があって良かったです。
自分の父がお気に入りだった映画の一つ。

ストーリーは、死んだはずの父親と交信し、過去と現在が繋がり、父親の死を回避しようとするとこから始まるも、そこからまた話が展開してくるサスペンス要素の強いお話です。

結構ハラハラします。
サスペンスというよりはSFヒューマンドラマ。

父親と息子の親子愛に胸打たれる作品なので、なぜ父がこれを好きだったのか、今になってはよく分かります。

50代で他界してしまいましたが、こういった作品を見ると、もうちょっと素直に接しておけば良かったと、よく思います。
映画好きの趣味は受け継いだから許してくれ。

父親が健在の方、自分が父親の立場で、息子がいる方などには、特に刺さるかと思うので、見た事ない方がいたら是非^^
asadaayo

asadaayoの感想・評価

4.2
予想以上にハラハラ要素が多くて、タイムトラベル系はやっぱ面白いなと思った
ヤフーに時代感じる
モアイ

モアイの感想・評価

4.0
この作品のおもしろい点は、過去を変えると直結して現在も変わっていく展開ですよね☆出来事だけじゃなくて人々の記憶や思い出が。
そしてそれに連続殺人事件というサスペンス要素も加わって、予想以上にハラハラドキドキです(; ゚ ロ゚)❗
学生の時に劇場で見たけど、今見てもすっごくおもしろかった🎵
タイムパラドックス物なので色々ツッコミ入れたいけどアイデアに押し切られて、あっという間に楽しく観れた。
プリデスティネーションを表示させたら、似ている作品一覧にコレが出てきたから、観てみた。評価も4.1と高かったので期待したが、肩透かしだった。全く似てないし、話が陳腐。字幕しか見当たらなかったのもマイナス。もっと探せば吹き替えもあったかもしれませんが…。
>|