カルメンの作品情報・感想・評価

「カルメン」に投稿された感想・評価

hepcat

hepcatの感想・評価

-
ビッチ!
だけどその裏にある強いポリシーがジプシーとしての生き方に凄い誇りを持っている事だった
美しくダンスも踊れ、場の雰囲気をかえる覇王色の覇気を持っているのに、お金持ちと結婚する訳でもなく
スペインを回ってジプシーとして生きてる

男して非常に魅力的に映るけど、ハマっちゃうと抜け出せないで人生変わっちゃうねこの主人公の様に

スペインの音楽にダンスとても素敵💃
のん

のんの感想・評価

2.5

リタ・ヘイワース版。

何度も映画化舞台化され、オペラでも有名な作品なので観客にとって好みのキャスティングかどうかで分かれると思う。

で、今作。
この映画では性悪なあばずれ色が強いカルメン。そんな女を優しい顔つきのリタが唾飛ばして頑張ってましたが…。さらに相手役のホセ(グレン・フォード)はお坊っちゃんというよりもともと悪そうな顔つきだったりして…。

ともあれ、躍りは良かった!
もっと踊ってほしかった!
楚々とした悪女よりもカルメンのような気性の激しい女のほうが景気が良くて見てて楽しい。
現代で言うオタサーの姫。ちょっと違うか。
いい女はいつの時代もいい女だ。
ガク

ガクの感想・評価

3.5
リタ・ヘイワースのダンスが上手い。カスタネットさばきもお見事。カルメンの題材を扱ってる作品を初めて観たから良し悪しがわからないけど、とりあえずこのバージョンはイマイチ。
カルメンは「悪女」で「ビッチ」って言う事しか知らなかったので興味をもって借りたのだが、なぜグレン・フォード演じるドン・ホセがカルメンに「完落ち」する場面が見せ場のフラメンコでないのか演出上の不満は残るものの、リタ・ヘイワースのカルメンっぷりに魅了されて観れた。
しかしTSUTAYA渋谷で借りたDVDはMADE IN KOREAの廉価版の恐ろしく珍妙なやつで、本編冒頭の字幕は訳がついておらず、編集もメタメタで、ジャンプはする酷いありさまで、それよりもマスターのプリントが悪いせいか褪色してしまっていて、登場人物の顔が全員つねに酔っぱらったみたいに真っ赤(画面が殆どピンク)で、もうヒドいのなんの。こーいうものが商品としてでまわっていることに驚きを禁じ得ないし、そんなものを仕入れている、クラシック映画をなめているとしかいえないCCCツタヤのくそ担当者にはマジにカルメンばりに唾を吐きかけてやりたい。

あ、Filmarks(つみき)ってTSUTAYA(CCC)と業務提携してんのねてへぺろ。