リバティーンの作品情報・感想・評価

「リバティーン」に投稿された感想・評価

Risako

Risakoの感想・評価

3.2
ルパート・フレンドが出ていなければ、きっと観ることもなかったと思う。とはいえ、ルパート・フレンドの作品を片っ端から観直し、と言っては何だかんだで一年に一度くらいは観ている作品。

内容はと言えば、一見芸術的なようで、なかなか下品。ただ、ジョニー・デップ演じるローチェスター伯爵の口上に始まり口上で終わるのだけど、とにかくこのシーンにぐっと引き込まれる。このシーンがあるからこの作品を受け入れると言っても過言じゃない。

そしてエンディングに流れる歌”Rochester's Farewell”がまた素晴らしくて。ローチェスター伯爵の人生と共にこちらまで浄化されていく気分。

きっとこの2つがあるからこれからもまた観ちゃうんだろうな。
さと

さとの感想・評価

3.2
ジョニーデップの演技がすごかった。
内容は時代背景が昔の話なのでセリフの言い回しとかちょっと難しかったです。

こんな人が本当にいたと思うと驚く。
一番すごかったのはジョニーデップの演技てことくらいであとはあんまり気分のいい話ではなかったかも。
まるみ

まるみの感想・評価

2.5
DVD処分のため記録

痛々しく可哀想になるので
一度見たきり、苦手でした
mz

mzの感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

冒頭からやられました。。
才能、富、容姿が揃い、自由奔放に生きるジョニーだが、彼が心から求めているものはそんなものじゃなかった。魂が揺さぶられる何か。それが彼女だった。妻ではなく、彼女なのだ。しかし本当に好きになった彼女に捨てられ、物は書けず金はなくなり、梅毒で33歳という若さで亡くなった。彼女は不実な愛より、確かな栄光を選んだ。胸がぎゅっと締め付けられるような気持ちになった。まだ内容を噛み砕けていない。また少し時間をおいて観直したい。
tttotitom

tttotitomの感想・評価

2.0
破天荒は大胆でかっこいいし魅力的だけど、紙一重でろくでなしにもなってしまう危うさを痛感。
憧れはしないけど目で追って気になってしまう、けど近寄ってほしいとは思わない。
ジョニーデップならではの色気がはまっている。

梅毒の恐ろしさも衝撃。

最初と最後の独白シーンが一番良い。
Hacci

Hacciの感想・評価

3.5
ユナイテッドシネマ豊島園でレイトショー見に行ったら私1人だった。
贅沢っていうより怖かったw
ちょっと難しかったけどもう一度見たい、と思う。一度で理解しきれなかった感。
ジョニーデップだから成り立つのか?作品が素晴らしいのか?、、、、
HikaruSato

HikaruSatoの感想・評価

3.3

このレビューはネタバレを含みます

お酒、エロス(両刀なので)に溺れて梅毒で死ぬ演劇好きの伯爵の本当のお話。

伯爵は詩、演劇に才能があるにも関わらず酒とエロスが彼の生活の中心で我が道を生き続けその結果、梅毒により男の役目も果たせなくなり身も心もボロボロになって死の床でやっと色々と気づかされるが時すでに遅し、33歳の若さで死ぬ。

ストーリーとしては、この伯爵の生き様は一般的に見ればクズなので映画自体を好まず嫌いになる人も多いし、批判する人がいると思うので評価が低いのは擁護するが、一貫して良くも悪くも我を貫き通し最後まで裏切らない生き方に人とは違う魅力を感じた。この人はこの様にしか生きられない、哀れな人でもあったが謳歌した様にも思った。

そして、このストーリーを踏まえ理解して映画を作品として観るとジョニーデップの演技は素晴らしかったし、何より役がジョニーの本人と一部の性格、考えが似てると思うのでピッタリの役だと思う。
また、目を背けたくなる醜さの梅毒も上手く表現されてた。更にその醜さの中でも、彼を愛する人達は抱擁しキスし目を背けない描き方がより際立っていた。
美術、技術的、撮り方も凝った作品でストーリーの展開は嫌いでも映画としては良い出来だと思う。
Kayo0411

Kayo0411の感想・評価

2.0
ジョニデはかっこいいし演技はすごいけど…好きになれない作品だなぁ。
浅

浅の感想・評価

2.9
みんな見ためモリエールみある。

デップはやっぱり特殊メイクしてから本領発揮って感じだよな。
>|