ギルダの作品情報・感想・評価

「ギルダ」に投稿された感想・評価

TICTACz

TICTACzの感想・評価

-
I hate you so much, I think I’m going to die from it.

Rita Hayworth はんぱじゃないわ
セックスシンボルと言われていただけあって美しかった!登場シーンでは釘付けになってしまいました、ありがとう、リタ・ヘイワース。
物語はよーわからん。ギターの弾き語りや、クラブ?、長手袋を外しながら歌うシーンとか、歌っているシーンが好きだったけど 歌はアテレコなんだってサ〜。
チャールズ・ヴィダーの代表作にして上海から来た女に並ぶリタ・ヘイワーズの代表作。

特徴は薄いものの後のブレッソンを思わせるような手堅い演出は好感が持て、リタ・ヘイワーズも実に艶めかしく映されていて、予想以上に楽しめた。

薄味なせいか2時間弱でも少し長く感じられたり主要人物以外の演者に若干拙さがあったようにも思えたりと問題点が無かったわけではないけど、照明が頗る良いシーンも多かったしリタ・ヘイワーズの華麗なダンスシーンも拝めたしで(というか絶対クラブで活躍した設定ってダンサーの娘だったことを活かす為だったでしょ)、見て良かったと思える作品であったことは間違いない。
ちなみに“自転車泥棒”でパーパがこの映画のポスターを壁に貼ってた。
たいち

たいちの感想・評価

2.6
「ショーシャンクの空に」で囚人たちが観ていた映画らしい。
話が難しくてイマイチ理解出来ず…
ただリタ・ヘイワースの美貌は素晴らしかった。
衝撃的なリタ・ヘイワース!

リタ・ヘイワースの美しさ輝く!

この映画、何と言っても、ギルダ役のリタ・ヘイワースに眼が釘付け(笑)
妖艶かつ奔放で、なおかつデリケートな面も持つ素晴らしさ。

物語は、賭け事に強い冴えない男=ジョニー(グレン・フォード)はイカサマが化れて殺されそうになったところを、バリン・マンスン(ジョージ・マクレディ)なる男に助けられる。この男、謎めいているが、賭場のオーナーであり、ジョニーはバリンに雇われる。
そして、バリンが少しの休暇から戻ってくるとギルダ(リタ・ヘイワース)を妻として連れて戻って来た。
そして……と、物語はミステリアスな雰囲気の中、リタ・ヘイワースの歌や踊りで華やかさを保ちながら続いていく。

リタ・ヘイワースの出演作としては、以前、『上海から来た女』を観ているが、あの映画ではショートヘアだったのが、この『ギルダ』ではロングヘアの金髪美人さが目立つ。

ヤバイ!
また、好きな女優が増えてしまった…(笑)
jumo

jumoの感想・評価

3.2
ショーシャンクの空にみたいに "me?"(ガバッ) の瞬間に指笛鳴らしたかったけどカスッカスな音しか出なかった、無念
Ricola

Ricolaの感想・評価

4.2
ジョニー(グレン・フォード)は殺されそうになったところをカジノバーを経営するバリー・マンソン(ジョージ・マクレディー)に救われる。
マンソンに才能を見出されたジョニーは彼の右腕としてバーで働くようになる。ある日、ジョニーはマンソンの若い妻、ギルダ(リタ・ヘイワース)に出会う。彼女とは知り合いであり…。

ロマンスあり、サスペンスあり、コメディ要素ありの楽しい映画だった!

リタ・ヘイワースが本当に美しくて、セクシーなんだけど上品さも兼ね揃えている素敵な女優さん。

じれったくて切ない恋模様や、華やかなパーティーのシーン、リタ・ヘイワースの歌う"Put the Blame on Mame"など…。好きなシーンが多い!

ずっと目が離せなくて、脇役も個性的だし…とても面白かった。
yayuyo

yayuyoの感想・評価

3.5
リタ・ヘイワースがもう眩しいです。
モノクロでこんなに映える女優さんっていらっしゃるんですね。
劇中で2度披露される「Put the Blame on Mame」は吹き替えらしいけど、歌いながらキラキラのドレスで挑発的に踊るリタ・ヘイワースの妖しい魅力、きっと当時スクリーンで見た方は皆彼女に魅了されたのでは。

流れ者のジョニーとそれを救ったカジノのボス。ボスの元で働くことになったジョニーはボスの妻と対面するが、そこにいたのはかつての恋人ギルダ。
そこからの愛憎にまみれた三角関係が繰り広げられます。
ストーリー展開は少々強引なところもあるけれど、そんなの些細な問題だと言わんばかりにリタ・ヘイワースが素晴らしいです。
ジョニー役のグレン・フォードも、リタに負けず劣らず硬派な魅力を振りまいていて、圧倒的な2人の存在感を堪能する映画じゃないかと個人的に感じます。

いつかスクリーンで見てみたい。
otom

otomの感想・評価

4.0
あまりに有名なリタ•ヘイワースの登場シーンが素敵なのは勿論の事、演出がいちいちシブい。愛憎紙一重の張り詰めっぱなしの緊張感もなかなか癖になる。お歌のコーナーも非常に良い。良作。
>|