カルメンの作品情報・感想・評価

「カルメン」に投稿された感想・評価

美人で自信に満ちあふれてて男に媚びない女って素敵ー。最後まで誰のものにもならない清さ!

ドン・ホセ演じるウォーリーに萌える!彼自身、モルヒネという女に取りつかれ、若くして中毒で死んでしまうのを知ってるとなんだか皮肉。
ジェラルディン・ファーラー(カルメン)は、仲間達が上手く事が運ぶようにウォーレス・リード(ドン・ホセ)を誘惑します。色気でドン・ホセが良いように利用されます。
カルメンはドン・ホセを惹き付ける魅力だけでなく、芯の強い人でもあります。当時からして彼女は若い訳ではありません。
最後2人はどうなるのかな!?

ジェラルディン・ファーラー⇒オペラ歌手で、1906(デビュー)―1922(引退)までプリマ・ドンナを。プリマ・ドンナはイタリア語で〈第一の女性〉の意。オペラで主役を演ずる女性歌手。映画とオペラの両立をしていました。

✏原作者:プロスペル・メリメ『カルメン』(1847年)

1回目