アウロラの作品情報・感想・評価

アウロラ2019年製作の映画)

Aurora

上映日:2019年11月09日

製作国:

上映時間:105分

3.8

「アウロラ」に投稿された感想・評価

みぽち

みぽちの感想・評価

4.1
フィンランド🇫🇮映画祭にて。最終日に滑り込みで1本だけ観れてよかった🤣
恋愛を軸としているが、亡命だったりアルコール依存だったり、さらにクスッと笑えるコメディもちょこちょこ入れてくるので楽しく鑑賞できた♡ヒロインのアウロラはわりとガサツで不器用な面もあるけど根はとても良い子ですごく応援したくなる😍鑑賞後にほっこり&幸福感を味わえる作品でまた新たに好きな🇫🇮ムービーが増えた!
nccco

ncccoの感想・評価

3.7
@フィンランド映画祭
これいい!!とっても好き。とってもハートウォーミング。
初めは外れかな~と思ったけど観ていくうちにどんどん良くなってきて、アウロラに完全に傾倒している自分がいる。こんな風に後半にかけてうなぎ上りになっていく映画も珍しいんじゃないかな。

フィンランド人のアウロラとイラン人ダリアンとの不器用だけど可愛らしい恋。難民や貧困といった現代ならではのシリアスな題材をカラリと軽やかに描いて見せるこのタッチは希少だと思う。

とにかく主人公のアウロラが言葉も汚いしアル中だし貧乏だしでフロリダ・プロジェクトばりにガラの悪いどうしようもない女なんだけど、実はお年寄りに優しかったり子供をめちゃくちゃ可愛がったり、カラオケでしんみり歌ってみたりでいじらしいところもある。ダリアンに惹かれるも、気持ちを上手く消化できず酒に溺れるアウロラのズタボロ感が痛くてとっても身に染みる。
根はいい子であると理解して、アウロラを受け入れるダリアンの器の大きさに救われるキラキラのハッピーエンド。
雪景色に幸せが溶ける、あの多幸感はたまらない。

脇役もそれぞれ味があって出てくるキャラクターみんな好き。アウロラの友達は「ランドオブホープ」にも出てたオーナさんで安定のイイ女っぷりだし、最後にはダリアン大好きになって泣いちゃうユハの人情っぷりが最高。
思いがけずいい出会いで嬉しい。監督の次回作に期待!
kyoko

kyokoの感想・評価

4.0
これは良かった!
コメディとしてもちゃんと笑えるし、ラブロマンスとしてもちゃんと胸キュンする。
娘と一緒にフィンランドに亡命したいイラン人ダリアンから契約結婚をもちかけられたパリピガールのアウロラが、自分のかわりに結婚出来る人を探してやる……って話なんだけども、まずこのダリアンがかっこいい。「肉食べていいの?」とか「イラク人」とか失礼極まりないアウロラに対してもイラッとしつつグッと堪えて大人の対応だし、娘ちゃんにも愛情たっぷりだし、契約なんて言わず正式な結婚をお願いしたくなるようなイケイクメン。
アウロラちゃんもかわいかったな。
おちびちゃんと娘を呼び続けるお父さんと、眠りにつくまでおでこを撫でてくれたお母さんがいたアウロラちゃんが、愛情を知らないわけがない。娘ちゃんにはたぶんそれがすぐに分かったんだろうな(でももう少しふたりの関係が深まるような何かが欲しかった)。
なかなかにロックなリイサ婆ちゃんや友情が芽ばえちゃって止まらないユハも良かったけど、黙ってアウロラの首こり(ヘルニア?)をほぐしてやるバーガーショップのおやじもなにげにナイスだった。

ベタだけど。
特に最後のすれ違いなんか少女漫画チックなんだけども。
久しぶりにニコニコで劇場を出た気がする。
菩薩

菩薩の感想・評価

3.9
フィンランド映画祭2019@ユーロスペース

だいぶ粗々しい映画ではあるけどテーマが「相互理解」だし、なんせラストシーンが大変素敵やん!だからだいぶ帳消しと言うことにしてあげたい。フィンランド映画、かつ難民となれば皆様後期カウリスマキを想起するかもしれんがカウリスマキみはまるで無く、むしろ『フロリダ・プロジェクト』と『最近のふたり』と『ドント・ウォーリー』、サムフリークスに通ってる方であればそこに『ニュー・カントリー』が加わり、ついでに言えばたった1シーンではあるが『情婦』が入って来る。娘の為になんとか「契約結婚」に漕ぎ着けたいイラン人亡命者とアル中パリピのラブロマンス。アル中パリピは当初彼に婚約者を探してあげる立場であったが…なお話。こう言うもどかしさがたまらなく好きだし、いざ二人がイチャコラし始めたあたりで俺の心は羨ましさで死んだ。ただまぁ当然一筋縄でゴールインにはならない映画であり、そのもどかしさは最後の最後まで持続していく事になる。明朗快活お下ネタムービーで、心地よく挟まれていく下衆いワードが心地良いし、日本同様裸の付き合いを重んじる風土に親しみを感じる。ハゲ良し、ババア良し、娘ちゃん良し、ビッチかと思ったら猛烈ミサンドリストでこれまた良しと、キャラの際立ちも◎。メインの二人が立場の割に金銭描写が甘々だとか、娘ちゃん途中完全に置き去りにされてるとか色々あるけど、良い映画だと思いますよ。フィンランド映画祭、2本連続当たり、また来年お会いしましょ〜。

風呂場でイチャコラすな!風邪引け!と思った。
くり

くりの感想・評価

3.6
決して映像表現を拡張するものではないけれど、脚本の素敵な映画。
日本もそろそろこういうラブコメ作ろうよ、