モルグ 死霊病棟の作品情報・感想・評価・動画配信

「モルグ 死霊病棟」に投稿された感想・評価

n

nの感想・評価

3.1
記録用
怖さガン振り
ストーリーカッスカス
(※個人の感想です。)
小松菜

小松菜の感想・評価

3.8
びっくり系がそもそもダメだからわりと怖かったしオチもよかったけどエンドロールの曲で台無しです、エンドロールの曲あれで合ってんのか???合ってないでしょ
酷評多い理由もなんとなくわかるけど自分はまあまあすき
すん

すんの感想・評価

2.5
人轢き殺したのに
罪の意識無さすぎて草
もっと怖がれ、反省しろ
パラグアイ、エンカルナシオン
スーパーで買い物をしていた貧しい若者ディエゴは、恋人から連絡をもらい、家に来ないかと誘われて急遽彼女の家へ向かうことに
運転中スマホを足下に落としてしまったディエゴは、それを取ろうとしているうちに車を何かにぶつけてしまう
それは道路を横断しようとしていた人間だったことに気が付いたディエゴだったが、大量の血を流している姿を見て恐ろしくなり、その場から逃げ出してしまうのだった
恋人の誘いも忘れ、そのまま自宅へ帰りベッドで眠ってしまっていたディエゴは、翌日になって自分を心配する恋人からのメッセージに気付くも、到底返事ができる状態ではなかった
すると続いて、非通知の番号から電話が掛かってくる
出てみたものの無言電話で、不気味に思ったディエゴがそれを切るも、またすぐに電話が掛かる
今度はディエゴの勤める警備会社の人間で、ゴンザレスに代わり病院の夜勤をするようにという命令だった
病院にやって来たディエゴは、ゴンザレスから仕事の内容を聞きながら中を案内される
その途中、冷蔵室となっている死体安置所(モルグ)へやって来たディエゴは、布を掛けられた1体の死体が置かれていることに気が付く
ゴンザレスによればこの死体は警察によって運ばれて来たもので、昨晩ひき逃げされた状態で見つかったのだと言う
それが自分が轢いてしまった人物ではないかと考え不安を抱えながらも、ディエゴは1人で夜勤を勤めることとなるが・・・



パラグアイ産オカルト・ホラー映画

様々な捻りをどう加えるかという点に重点が置かれてるホラー作品も多い中、かなりド直球な王道ホラーとなっている

内容もかなりシンプルで、人を轢き逃げしてしまった主人公が病院の夜勤中にエラい目に遭うというもの
更にタイトル通りモルグが主な舞台となっており、延々と不穏な雰囲気が続くのも緊張感があって良い
加えてクソビビりながらもディエゴのメンタルが強すぎるので、そこ行ったらアカンってことをしまくるので、約束されたジャンプスケアが緩急を作り出す
そんな王道な作りながら、兎にも角にも作りが丁寧で重い絵面の連続
精神的にもまあまあやられる

面白いカメラワークを使ってたり、絶妙な間の取り方で恐怖を演出したりと、随所に見られる工夫も上手くハマってる
実話が元とかいう地獄仕様でしっかり怖いし、オチの付け方もなかなか面白い
クオリティ重視の作品なのでオススメ

久々に一瞬ドキっとしたけど

まあそうなるかって

まあ、普通に考えたら自業自得兄さんや
めぐ

めぐの感想・評価

3.2
車でひき逃げを起こした主人公。
その夜、急遽安置所の警備を受け持つことになるが、次々と不可思議な現象が起こり…

換気扇の音や、ドアの軋む音、蛇口…
じわじわ迫って来る感じや、急に来たりと不気味で静かな雰囲気は良かったです。

あと、最後には意外な展開もあり中々楽しめました。
こふく

こふくの感想・評価

2.8
2020.11.10観賞済。
期待してたよりホラー度は低め。
saya

sayaの感想・評価

3.0
脇見運転で男性をひき逃げしてしまった主人公が、警備員の仕事で向かった病院で自分がひき殺した遺体と対面することになり、夜勤中に死体安置所から出られなくなってしまう話です。
キャラクターやストーリーよりも、緊張と緩和からのジャンプスケアを多用した丁寧な心霊描写を楽しむ作品でした。
ドアが勝手に開く、物が動く、物音がする、主人公の背後に何かが映るといった演出をしつこいくらいに繰り返すので、まどろっこしく感じる人もいるかもしれません。
水の出ている蛇口を閉めたら、別の蛇口が開くのなんて地味な嫌がらせレベルですし、死霊がさっさと復讐してしまえば正直30分で終わる内容ではあります。
理不尽系ホラーが主流になっている現代において、ここまで古典的な因果応報系ホラーなのが新鮮でした。
完全に自分の不注意で人を死なせているのに開き直って反省もしない主人公の悪人ぶりが凄まじいです。
人をひき殺したことより、恋人に連絡し忘れていたことを後悔するのがすごいですね!
スーパーでは万引きをしていて、昔の同級生に偶然再会すると見栄を張って大嘘つくのも痛々しぎますし、好感度を下げきった状態から始めておいて最後まで上がらないことにもビックリですよ。
この映画で一番残念だったのが、主人公のリアクションが薄くて反応も悪いマグロ男だったことです。
お化け屋敷のようなアトラクション感を楽しむ内容なら、主人公はもっと怖がりな人間にしてくれたほうが楽しいはずなんですよ。
深夜番組でアイドルや女性タレントの肝試しを想像してください。
『シャイニング』で狂気に取り憑かれたジャック・ニコルソンよりも、怯えるシェリー・デュヴァルの表情のほうが怖いパターンもあるじゃないですか。
あと全然関係ない話ですが、パラグアイの病院のトイレに鏡が無いのは普通なんですかね。
トイレの鏡はホラーにおける恐怖表現の定番なので無いことに驚きました。
こーた

こーたの感想・評価

2.2
ユーチューバーが最恐ホラーランキングで2位と言ってたから鑑賞。
感想はこれで2位?笑

もっと怖いのいっぱいあるでしょ。

シンプルにびっくりシーンは多々ありますが、田舎の遊園地のお化け屋敷に入ったくらいのびっくりかな?笑

黒いフードの男は何者なのか、ちゃんと結末は分かりやすくなってるのでそれはよかったと思います。

でもホラー好きな人なら不満だと思いますよ。
めっちゃ面白かった。邦画のじわじわ系、洋画のびっくり系、フリーホラーゲームのつっこみどころ、人怖、ほんでもって本当にヤバい何かの存在。しょうもなすぎて笑えるシーンまであります。色んなホラーの詰め合わせで面白かったです。日本語訳が少し酷いところがあるのが残念。
>|

あなたにおすすめの記事