恋するけだものの作品情報・感想・評価・動画配信

「恋するけだもの」に投稿された感想・評価

映子

映子の感想・評価

3.9
貞子より怖い!笑
ロン毛女子?
江野祥平(宇野祥平)

面白かった!

どいつもこいつもなヤツですが、
1番アカンそうなヤツが
1番まともに観える世界観、
好みです

大阪出身の宇野祥平が演じる
ナチュラルな関西弁の江野祥平
ナイス!ロン毛女装キャラ!

スナックのママとバーテンのくだり
一見ムダなようだが、
個人的には好きなシーンでもある

全体的に
ラブストーリー
っと、言う事でよろしいでしょうか?

エンディングテーマ
高橋敏幸with泥舟
「真司、米、タイ」

しんじまいたーい!♪
しんじたいまーい!♪

最高かよ!
ちょび

ちょびの感想・評価

3.0
癖の強い変な短編だった「恋のクレイジーロード」に背景やら何やら継ぎ足して90分の長編で綺麗にまとめたもの。まず短編を観て、世界観に堪えられそうならこちらもおすすめ。
『恋のクレイジーロード』の拡大版である。
前作同様いかがわしくて笑えるカルト映画であるし、構成には静と動の抑揚がついたため、主人公のけだものは中々目覚めずにより鬱屈した状況が描かれて、アクションが激しく格好良くなっている。
そして、江野の暴走する乙女心も大胆かつ繊細に描かれている。
あと、日本のどこか田舎が『悪魔のいけにえ』のテキサスみたいな茶色くて乾燥した雰囲気になっているのもおもしろい。

殺害することを「片す」と呼び続けることにブラック企業でよくある変な社内文化を感じて嫌になる建設会社の輩たちの正体は今にして思うと、最初のカットで女性社員が動物の死体に放尿して唾を吐くというフェティッシュかつ生命の冒涜だった時点で伏線だったのだと思った。
彼らはレザーフェイスの兄弟にも見えるし、タイムボカンの小悪党みたいにチャーミングに見えるシーンもある。
スナックの外でけだものが目覚めた時、棒立ちのまま同じタイミングで同じ方を向いて同じポーズで銃を構えるのとかそんなふうだった。

いじめと逃避行の提案の後のオープニングクレジットで、歪んだギターと叫び声の縦ノリの音楽が流れ、フェードインした江野が向こうの道から不敵な表情で歩いてきて最後に立ち止まって薄ら笑みを浮かべる様子を望遠レンズで震えながら捉えた画の、あいつがやってくるといった感じがとても好き。

最初に江野がひとり殺すシーンでは逃げ出した男を追う足がめちゃくちゃ速いのがすごく怖かった。
動きの速い生き物は本能的に怖いと思う。
例えばゴキブリとか。

主人公が過去の罪を自白するシーンだけ、どうも緊張感が続かなかった。

そして、スナックの店主のおやじの役者が若い頃のビートたけし氏にものすごく似ている…

スピーディなアクションの最終決戦の後、最後のシーンは打って変わって明るくてくだらなくて良い。
なんだかんだ気の合う者同士で仲良くやっていくというアウトサイダーにとっての救済、ハッピーエンドだった。
そこが『悪魔のいけにえ』から最も捻ったことだと思う。
江野、最高のヒロインだと思った。

あとは劇伴も良かった。
輩がスナックに入店する時のギターのフィードバックで表される緊張感、スナックでけだものが目覚めた時の特撮ものっぽさ、最終決戦の対位法が印象に残っている。
宇野くん今回は性別を超えたエクストリームモンスターと化してて最高だった。。!
白石監督はエンタメのニューオージーとして確立してきてるんじゃないか思う。
コ

コの感想・評価

4.0
パンチ力抜群。現実だとしたら相当ハードな内容なはずなのに、不思議なことにスカっと爽快感。
c5

c5の感想・評価

3.6
◯『恋のクレイジーロード』を監督自らリブートとのこと。わずか18分だったクレイジーロードに比べると勢いがなくなってる感があるかも。『ベイビーわるきゅーれ』みたいになりかけると思ったらそこまでは行かずという感じで。

◯宇野祥平がロン毛なだけで面白い。

◯ジャンル"恋愛"じゃないよ!!!タイトルに騙されないで!!!
MSQ

MSQの感想・評価

3.8
初こっちの白石。

宇野祥平(江野祥平なんて役名にも思わず)に計り知れない底を見せつけられた。火花散るシャベル。

シンプルな構図だけれど最後まで魅せつけるナイス演出。悪くない。

相当おかしいな世界にどっぷり短尺90分未満!ざっくりしてるけどスピード感あって異常なテンションで終始キメる好きです。

ビートたけしの若い頃の偽物。いた。
9

9の感想・評価

-
田舎の半グレのイジメシーンがキツいので人には勧めにくいし元気じゃない時に見返したら食らいそうだけど面白かった 恋のクレイジーロードも気になるけど、レビュー見る限り物足りなく感じちゃってたかもしれないからこっちを先に観といてよかった
白石監督のミューズなのかっつうぐらい宇野祥平さんがキュートに撮られていた 基本しんどい描写しかないのに楽しく見られたのは江野のおかげだし、彼女の恋を祝福せずにはいられない
イメージソングは筋少の「サイコキラーズ・ラブ」かな…とかキモいこと考える程度には二人のことが好きになっている
まともな役の大迫茂生さん初めて見たと思ったら女の頭しばいて腕折ってたのでそこまでまともではなかった
yuto

yutoの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

中也は脛に傷持つ者が集まる田舎で働いていた。この田舎では女装をした男が人を殺すという都市伝説が流行っていた。中也は同僚に酷いいじめを受け、同僚の1人に逃避行の提案を受ける。とあるスナックにて待ち合わせをしていたが、そこには噂になっていた女装をした男がいた。

白石晃士節炸裂。白石晃士好きにはたまらないキャスティング。

宇野祥平の演技が素晴らしい。opの宇野祥平が歩いてくるシーンが妙に怖い。

トレンチコートにスコップのビジュアルがめちゃくちゃ刺さった。

アクションシーンが最高だった。

恋をしたなら、みんなけだもの。
電話を貸すかどうかは問題ではない。

今作でも宇野祥平は「江野祥平」と名乗っていたが、白石晃士ユニバースの1作品になるのだろうか。
〓映画TK365/130〓
◁ 2022▷
     
▫恋するけだもの
▫DVD購入
▫️Yahoo!映画 ★★★★☆3.8
▫️T K評価: ★★★★☆3.6
▫️映画TK通算:1570本
>|

あなたにおすすめの記事