ことの終わりの作品情報・感想・評価

「ことの終わり」に投稿された感想・評価

Gatt

Gattの感想・評価

3.8
好き。ある種のギャップ萌え的な。

不倫のお話とは知っていたものの、それ以上のことは知らずに観たので、なかなか衝撃でした。結構、激しめなスタートながら(笑)、実はとても西洋的なお話に行き着くという。。。

1940年代の舞台空気が、ますますエロスを感じさせる。レイフ・ファインズもジュリアン・ムーアも40年代感のとても似合う俳優さん。
男の嫉妬の表情はとてつもなかった。
脚本、とても好きです。
あさこ

あさこの感想・評価

3.7
不在に疲れた

愚か者が愛し合う限り探偵業は続く

ステキな言い回しが多い映画。主人公が文学者だから、セリフも詩的な示唆に満ちたものが多かった。
ま、話はメロメロ・メロドラマ!
『沈黙』『PK』の流れで観たんだけど、思ったほど“そういう”話じゃなかった。切ない。
2000年の作品っていうと最近のような気がしちゃうけど、18年も前。ジュリアンムーアはキレイだし、レイフファインズは超イケメンだった。
Rio

Rioの感想・評価

-
愛とはなんなのか
目に見えないものなのに人によって捉え方が違う

Affair を こと と訳すんじゃなくて
情事って訳すのは素敵
ジュリアンムーアうっっつくしいな〜〜。私の英語力の問題なのだが、字幕なしで観だのですこし難しく、時系列を途中で見失ってしまったがなんとか最終的には全部回収できた。
Shiro

Shiroの感想・評価

3.7
不倫映画

主人公のキザなセリフが似合う

時間軸を変えて、あの時こういう心境だったんだなと思わせる造りは良かったです

ただ主人公のワガママさが前面に出た感じがあまり共感できなかったです

見た目や佇まいはとてもカッコいいですけど

同じ不倫モノだったら「マッチポイント」の方が数倍良い

今作の方がスタイリッシュですけどね
Kelly

Kellyの感想・評価

3.6
とても綺麗な英語の、印象に残るラインの数々。爆撃のシーンでの構図や、光の表現が美しかった。
語り手が変わってから明らかになる事実や心情に、もっと驚きと発見があると良かったのだけれど。
「嫉妬は欲望の裏返しだ。僕は欲望を求める。欲望に忠実な人間だ。」

「愛は終わらないわ。二度と会わなくても。人間が一生、神を愛するのと同じよ。目に見えなくても。」
「僕の愛は違う」
「それは愛じゃないわ」

文学的。言葉が美しい。
YellTao

YellTaoの感想・評価

2.0
その辺、まだ大人になりきれてない私には、
その愛の美しさがよく分からない。
で結局、宗教のお話なの?
otom

otomの感想・評価

4.0
久々鑑賞。ニール・ジョーダン作品に駄作はない...と思う。珍しくジュリアン・ムーアが美人に見えた。
>|