ことの終わりの作品情報・感想・評価

「ことの終わり」に投稿された感想・評価

jaja

jajaの感想・評価

-
それまで信仰がなかったにもかかわらず、神に祈ったことで死んだはずの愛する男が生き返った。そう信じる女は以来、神の存在を確信し、愛する対象を男から神へと移す。そうした女の態度に、そしてそのまま死んでいった女の生き様に男は神にすら嫉妬する。って映画だと思うのだが、女が途中で神への誓いを破ったり、女の旦那の存在の意味するところが不明だったりと、今ひとつピンとこなかった。
Ridenori

Ridenoriの感想・評価

3.2
戦時下のロンドンで繰り広げられる不倫劇。

友人の妻を愛してしまった主人公…
大人な恋愛のお話だったので、ちょっとお色気も官能的だったし、
切なさのある映画だった。
雨の中でただただ濡れるシーンは印象的。

ただ何故最後に宗教色の強い終わりにしたかは謎…
おかげで最終的にその印象が強く残ってしまった。
Qちゃん

Qちゃんの感想・評価

3.3
愛ゆえに立てた誓いで愛した人と離れねばならない。神かも知れない、運命かも知れない、でも確かに存在しているように思える”何か”に翻弄される主人公たち。そして、愛人と夫、神父、探偵、その子供、それぞれの彼女への愛。静かで哀しい愛の物語。
chamama

chamamaの感想・評価

3.0
映画館にて。マイケル・ナイマンの音楽はとても好きだけど…ちょっと苦手な映画でした。
reoka

reokaの感想・評価

-
ハリポタ世代なのでヴォルデモートとルシウスがちらついて仕方がなかった。
Gatt

Gattの感想・評価

3.8
好き。ある種のギャップ萌え的な。

不倫のお話とは知っていたものの、それ以上のことは知らずに観たので、なかなか衝撃でした。結構、激しめなスタートながら(笑)、実はとても西洋的なお話に行き着くという。。。

1940年代の舞台空気が、ますますエロスを感じさせる。レイフ・ファインズもジュリアン・ムーアも40年代感のとても似合う俳優さん。
男の嫉妬の表情はとてつもなかった。
脚本、とても好きです。
あさこ

あさこの感想・評価

3.7
不在に疲れた

愚か者が愛し合う限り探偵業は続く

ステキな言い回しが多い映画。主人公が文学者だから、セリフも詩的な示唆に満ちたものが多かった。
ま、話はメロメロ・メロドラマ!
Rio

Rioの感想・評価

-
愛とはなんなのか
目に見えないものなのに人によって捉え方が違う

Affair を こと と訳すんじゃなくて
情事って訳すのは素敵
ジュリアンムーアうっっつくしいな〜〜。私の英語力の問題なのだが、字幕なしで観だのですこし難しく、時系列を途中で見失ってしまったがなんとか最終的には全部回収できた。
Shiro

Shiroの感想・評価

3.7
不倫映画

主人公のキザなセリフが似合う

時間軸を変えて、あの時こういう心境だったんだなと思わせる造りは良かったです

ただ主人公のワガママさが前面に出た感じがあまり共感できなかったです

見た目や佇まいはとてもカッコいいですけど

同じ不倫モノだったら「マッチポイント」の方が数倍良い

今作の方がスタイリッシュですけどね
>|