アメリカン・バーガーの作品情報・感想・評価

アメリカン・バーガー2015年製作の映画)

American Burger

上映日:2016年01月02日

製作国:

上映時間:78分

3.2

あらすじ

アメリカの能天気な学生たちが夏休みにヨーロッパでのバス旅行に参加。バスの中で大騒ぎをしなが ら、旅を満喫する若者たち。その街の奥地に、美味しいと大評判のハンバーガーの名店があるとのウワサを聞き、一行は胸躍る気持ちで向かう。「ヨーロッパで食するアメリカン・ハンバーガーの味は如何なものか―?」ハンバーガーを頬張る学生一行を迎えたのは、100%人間の肉を使ったハンハ…

アメリカの能天気な学生たちが夏休みにヨーロッパでのバス旅行に参加。バスの中で大騒ぎをしなが ら、旅を満喫する若者たち。その街の奥地に、美味しいと大評判のハンバーガーの名店があるとのウワサを聞き、一行は胸躍る気持ちで向かう。「ヨーロッパで食するアメリカン・ハンバーガーの味は如何なものか―?」ハンバーガーを頬張る学生一行を迎えたのは、100%人間の肉を使ったハンバーガーの工場だった!ハンバーガーの材料捕獲にチェーンソーを振り回しながら、学生たちをバッサバッサと殺しまくる工場の人間たち。この最恐の事態に学生オタク3人組とキュートでビッチなチアリーダーが手を組み、 殺人集団に立ち向かう!

「アメリカン・バーガー」に投稿された感想・評価

TRASH

TRASHの感想・評価

-
■Blu-ray欲しい、けど海外でもBlu-ray化されてない…。

う〜ん、なんだろう(´∀`)

悪くない、良くもない、面白くなくもない、でも面白くもない 笑笑(´∀`)

監督、脚本、キャスト全て今作のみのメンバーで作られたスウェーデン映画⁈

アメリカ人の肉100%で作られるアメリカンバーガーを作るヨーロッパの工場見学に来たアメリカ人若者達が逃げ回る映画!
よくわかんないでしょ 笑笑(´∀`)

要はB級グロコメディなんですけど、オープニングのアニメから、エンディングのノリまでなんかいい感じなんです(´∀`)
映像も景色も綺麗だし、カメラワークがなかなかなんです! もちろんストーリーや人物はダメダメですし、エログロ有るんですが映画全体の雰囲気からそこまでグロくもエロくも感じません!笑笑 (´∀`)

ってことは、楽しかったってことか!
(´∀`)

この前に観た、スーパーサイズミー と正にアメリカンバーガー繋がりではありますが、全く違うテイストのバーガーでした笑

観ないでとも、オススメとも言えません!
もし、どこかで巡り会ったらご覧下さい
笑笑(´∀`)




h

hの感想・評価

3.0
最高に愉快
なにも考えずに見られる
勢いでやっていく愉快さが快感でもある

このレビューはネタバレを含みます

 

自宅にて鑑賞。珍しいスウェーデン産のスプラッター・コメディ。アニメを絡めた凝ったオープニング。“クラケッチ”と云う欧州の森深い外れの田舎が舞台。大した進展やどんでん返しも無い儘、ダラダラと続く。スタッフロールの途中、オープニングを思わせるシーン有。繋がりが変な箇所もあり、平坦な展開に飽きてしまった。お色気担当のM.ボルグ、とても学生には見えず、チア・リーディングの衣裳も痛々しかった。作品のノリやギャグセンスが合わなければ、最後迄辛く、敢えて云えば、F.ヒラーのハイテンションな怪演が見所。40/100点。

・イギリスのロースト・ビーフ、韓国の焼肉、日本の天婦羅や寿司と云った処だろうが、何故、アメリカ人に拘るのかと云った具体的な説明や背景等は一切無く、必然性の乏しい緩い設定有りきで、延々と鬼ごっこが続き、物語的な拡がりや深み、意外性等も一切無い。くだらなさが楽しめない限り、お薦めし難い一作。

・鑑賞日:2016年4月4日

 
ホラーコメディかと思ったらグロコメディーだった.これはホラーじゃないわな.
やりきった感は素晴らしい.
まず役名.肉屋/デブヲタク/メガネのヲタク/クォーターバック/ナイスチアリーダー/教師1とかそんなん.わかりやすくて助かる.
架空の国家クラケッチに修学旅行するのが学園ヒエラルキー上層と下層の二層しかないってのもわかりやすくって助かる.
開始20分で殺戮.これもやりきってて好感.大自然大嫌いっ娘の裸もわかりやすいサービスだ.尺が78分.いいよー雑味入る余地ない.素晴らしい.
雑味といえば,産地への拘りね.昨今食品偽装が話題になること多いけど,ちょっとはこの拘りを見習って欲しいもんである.
アイデア次第では手垢の付いたネタでもまだまだ勝負出来る事を証明した作品として高く評価する次第である.
カニバリズムのグロい映画だと思うでしょ?でも実際はコメディーなグロい映画です。バカばっかりで終始ニヤニヤしてました。面白かったです。
A

100%アメリカ産ハンバーガーにこだわるとあるヨーロッパへ観光に行ったアメリカ人高校生たちのお話。あなたが食べてるそのお肉は何のお肉!?アメリカンホラーへの愛と皮肉がたっぷりのB級傑作。
まい

まいの感想・評価

3.2


アメリカ人の肉だけを100%使ったハンバーガー製造所

そこに見学に行ったアメリカ人の学生御一興がバスバス殺されて運ばれていく糞馬鹿映画。

オーナーがイカれてるのは勿論の事

大量殺害の現場で身を潜めながら皆笑ってる( 'ω')馬鹿なの?馬鹿だよね?帰国後の食事の約束してる場合じゃないよ?だから死ぬんだよ?www

先生どこかの族長みたいになってるし
おしっこかけられるし
子供に惨殺されるし

最後の告白
「肉...団子ぉ...」

バタッ

いや、バタッじゃねえよwwwwwwむしろお前は死ぬなよばかすwwwwwwwww



一人は最終的にノーパンで一人はしゃいでるし
最高にイカれてる!\( 'ω')/みんなポジティブすぎます!

カナダ人発言の時のオーナーめっちゃ謝っててわろたよ。馬鹿だこの監督...(褒め言葉)

ポジティブに生きてればいつでも笑えるとゆう事を教えてくれた素晴らしい映画でした(観ろとは言ってない)
アメリカ人を使って人肉ハンバーガーを作るって話なのに調理するシーンがないのは物足りない…
あの料理長だかシェフの「基地の外」っぷり良かったのになぁ
橋素電

橋素電の感想・評価

3.0
題材のわりにゴア描写ゴリゴリでもないので、ホラー中級者以上の方にオススメします

「当社のハンバーガーは100%アメリカ肉を使用しております」

風評被害で訴えられてもおかしくないブラックユーモアと下品なギャグが満載のドタバタスプラッターホラー

物凄くバカバカしい映画なんですが、ただ笑ってもいられない表現もあるような…

「アメリカ人だから」という理由だけで若者が無惨に殺されていく不条理さは アメリカの一方的なイスラム圏への攻撃を風刺して… いると考えられなくもいないし

物語と全く関係ない所でチアリーダーの服がどんどん脱げていく強引なサービスシーンは逆説的に女性蔑視を批判して… いるような気もします

監督に聞いてみたいとこですねー
>|