ミス・サイゴン:25周年記念公演 in ロンドンの作品情報・感想・評価・動画配信

『ミス・サイゴン:25周年記念公演 in ロンドン』に投稿された感想・評価

kazu1961

kazu1961の感想・評価

4.6
🔸Film Diary🔸
▪️本年鑑賞数 :2022-556
▪️死ぬまでに観たい映画1001本-※※※

🖋もう終始前のめり!!無垢で一途な愛を貫く、ベトナム少女キムに感情移入しっぱなし!!応援するも最後は号泣!!

🖋️ただのミュージカルではなかった!!舞台を超える圧倒的な映像、映画を超える圧倒的な臨場感に終始ドキドキ。。。『ミス・サイゴン』、オペラ「蝶々夫人」を下敷きにした感動的な物語を、魅力的なナンバー満載で綴った舞台がベースですが、その最高の舞台を、最新の映像技術で映像化。クローズアップをリズム良く多用したキャストの表情や、オーバラップを使った戦地の臨場感溢れる映像に引き込まれ、圧倒的な音楽の力にさらに引き摺り込まれてしまうそんな作品!!

🖋️物語もベトナム戦争の無意という大きなメッセージをシニカルに伝えながらも、GIに恋をした無垢なベトナムの少女の一途な愛、悲恋に心打たれます。

🖋️本作は、2014年9月22日、ロンドンのプリンス・エドワード劇場で上演された25周年記念公演を収録し編集した作品。25周年のセレブレーションとキャストの才能の厚みを感じさせる素晴らしい作品、特に2017年第71回トニー賞主演女優賞ノミネートされた本作のキムと同じ17歳でヒロイン役を獲得したエバ・ノブルザダの熱演が見もの、もうハートを掴まれてしまいました。

🖋️そして、圧巻のラストのパワー。 クローズアップで切り取られた俳優たちの表情も豊かさがこの素晴らしい作品を支えています。さらに、25周年垂記念公演ならではのサプライズもエンドロール後に!!オリジナル・キャストのジョナサン・プライス(エンジニア役)、レア・サロンガ(キム役)、サイモン・ボウマン(クリス役)が登場し、新旧キャストの夢の共演が実現しています。

😭Story:(参考: Amazon)
初演は1989年9月20日のロンドン・ウエストエンド。1991年にブロードウェイでも開幕。プッチーニのオペラ「蝶々夫人」をベースに、ベトナム戦争末期のサイゴンのナイトクラブで働く少女キムと、アメリカ大使館軍属運転手クリスとの悲恋が描かれる。ハイライトは、サイゴンが没落し、米兵が撤去するシーンで、実物大のヘリコプターが飛来するシーン。

🔸Database🔸
・邦題 :『ミス・サイゴン 25周年記念公演 in ロンドン』
・原題 :『Miss Saigon: 25th Anniversary Performance』
・製作国 : イギリス
・初公開 : 2016
・日本公開: 2017/03/10
・上映時間: 187分
・受賞 : ※※※
・監督 : ブレット・サリヴァン
・脚本 : アラン・ブーブリル、クロード=ミッシェル・シェーンベルク
・原作 : ※※
・撮影 :
・音楽 : クロード=ミッシェル・シェーンベルク
・出演 : ジョン・ジョン・ブリオネス、エバ・ノブルザダ、アリスター・ブラマー、タムシン・キャロル、ヒュー・メイナード、ホン・グァンホ、レイシェル・アン・ゴー

🔸Overview (映画. com)
1989年9月のロンドン・ウエストエンドでの初演以来、世界中で上演されてきた名作ミュージカル「ミス・サイゴン」の25周年記念公演を、最新技術で映像化してスクリーン上映。2014年9月、ロンドンのプリンス・エドワード・シアターで上演された舞台を収録。1970年代、ベトナム戦争末期。爆撃で両親を亡くしサイゴンのナイトクラブで働くことになった少女キムは、客として店にやって来たアメリカ兵クリスと恋に落ち永遠の愛を誓い合う。しかしサイゴンが陥落するとクリスはアメリカへ帰還し、過去を振り払うように結婚して新たな人生を歩みはじめる。一方、キムはバンコクへ逃れ、クリスとの間に生まれた息子を育てていた。やがて、息子の存在を知ったクリスは、キムと再会するべくバンコクへ渡るが……。25周年スペシャルフィナーレの特別ゲストとして、オリジナルキャストのジョナサン・プライス(エンジニア役)やレア・サロンガ(キム役)、サイモン・ボウマン(クリス役)らも登場し、新旧キャストが夢の共演を果たした。
この作品で表現したいものはこれだったんだとよくわかる作品。
ベトナム戦争下での混乱や主人公たちが実在する人物のように感じさせる。演技が非常に繊細。
カメラアングルに不満な人もいるようだけれど、ミュージカル見慣れていない人にはこのくらい編集してもらった方が見やすい。舞台というより、映画を見ているよう。
カーテンコールの初演キャストの歌もよい。比較してもどちらも素晴らしい。
なつ

なつの感想・評価

5.0
つい最近ミュージカル、ミス・サイゴンを初鑑賞しました。
本当にほんっとうに素晴らしくて、余韻がすごいのでロンドン公演をレンタルしちゃいました。

実はこの作品、映像化されたときに見たんですよね。ただ、当時の自分はミス・サイゴンがどんな物語かを何も知らずに見始めてしまったので序盤からの生々しい描写にこれ本当に舞台?!とついていけなくてリタイアしてしまいました。
あの時諦めてしまったせいでなんとなく日本で舞台やるとなっても見に行こうとはなりませんでした。
ですが今年は30年という節目の年。テレビでも特集されてるのを見て、本当に少しの興味でチケットを買いました。市村正親さんも生で見ておきたいし…と。笑

そんな感じで初めて見たサイゴン。本当に素晴らしい作品でした。

そしてこのロンドン公演も役者の熱量とレベルの高さ、表現力が溢れてて胸がいっぱいになりました。
終始苦しさのある作品なのになぜか惹きつけられて夢中で見入ってしまう、不思議な作品ですね。

キム役の女優さんがなんと本当に当時17歳と知りおったまげました。歌声や演技力のほか、エキゾチックだけどチャーミングな顔立ちにすごく純真な雰囲気とエネルギーに満ち溢れてて本当にキムそのものでした。お見事でした!
chaooon

chaooonの感想・評価

4.7
✨✨1800レビュー✨✨

先日、念願の日本版舞台を初鑑賞してきたので、こちらのロンドン公演の収録版を再鑑賞🎶

プッチーニのオペラ『蝶々夫人』の物語をベトナム戦争末期のサイゴンに舞台を置き換え、ナイトクラブで働く少女キムと客である米兵クリスとの悲恋を描く世界的大ヒットのミュージカル作品🎶🇻🇳

作詞・作曲・脚本は『レ・ミゼラブル』のクロード=ミシェル・シェーンベルクとアラン・ブーブリルのコンビ✨
胸を駆り立てるドラマティックでメロディアスな音楽はやはり大きな魅力🎶

こちらはウエストエンドのプリンス・エドワード劇場で2014年に上演された、ロンドン初演から25周年を祝う記念公演を撮影したもの🎥✨✨

舞台を撮影したものは何本か観たけど、こちらは特に映像作品を意識して作られたような、クローズアップの多様やカメラアングルで、時折舞台ではなく映画を観ているような感覚で、かなり物語に入り込むような編集と緊迫感たっぷりの仕上がり✨✨

ヒロインのキム役には、役と同じく17歳で抜擢されたエバ・ノブルザダ💖
とにかくエバが可愛い🥹💕
右も左も何も分かない17歳の無垢さはもちろん等身大に演じていて、3年後の大人になった姿も歌声に力強さがこもっていて素晴らしかった😭
かつ常にポッキリ折れてしまいそうな危うさも出ていたなあ🥺
ミス・サイゴンと言えばやはり”I'd Give My Life For You(命をあげよう)♬”
この曲は今作の魂であり、キムの生き様そのもの。
今作のラストはショッキングな展開ではありつつも、そこまでシーンとして大きく盛り上がるということはないので、第一幕の終わりに歌うこの曲がどれだけ深く刺さるかで、この物語の終幕の余韻に繋がるなあと感じる。
結果、号泣😭

エバはこのウエストエンド公演でキムを演じた後、BWリバイバル版でも同役を演じ、トニー賞にノミネート👏
現在は2019年にトニー賞作品賞を取った”Hadestown♬”のオリジナルキャストとして今現在も続投中🌹(はあ、コレ観たい🥺)

他の出演陣も皆様芸達者🎶✨✨
キムとクリスが愛を歌う”Last Night of the World(世界が終わる夜のように)♬”は本当にロマンティックでいいわあ💖🎷🎶

サイゴンのナイトクラブの女の子たちの露出度の高い衣装とか、シーンの猥雑さとか、今まで見たミュージカルの中でもかなり過激だったなあと🫢
それ以上にびっくりだったのが、キムとクリスのキスシーンの多さよ💋!!!
劇中にこんなにブチュブチュやるミュージカルは他に見たことないわ🤣情熱的です❤️‍🔥

アメリカに憧れるエンジニア・オン・ステージ🎩な”The American Dream♬”は粋なパフォーマンス✨
ちょっと全体的に暗めな今作を一気に華やげる艶やかなショーナンバーが最高 🚖🎶✨✨

そしてクリスの戦友であるジョンが歌う”Bui Doi♬”も印象的。
日本版舞台で観た感じはどっちかというと荘厳なオペラ調のイメージだったんだけど、この収録版のジョン役のヒュー・メイナードはドレッドヘアのアフリカ系の方で、彼の歌い方なのか曲のアレンジなのか、ゴスペル調の趣があって凄く好きだった🥺✨
(あくまで個人の感想です)

今作の苦しく切ないのは、キムもクリスも、エレンも皆んな自分の想いに従って懸命に生きてもがいて、誰も間違ってないというところ。
ある立場に立てば、相手の行いは悲しく惨い。
でも逆の立場に立てば、自分だったら…そう考えると何も間違ってないし、致し方ない😭
だから余計に辛い😭😭😭
戦争がもたらした苦しみ、歪み、でもそれ故に生まれた愛、命。
そしてまたそこから生まれる苦しみ😭
何が正しかったのか。皆なが自分の正しさ、最善に向かって生きている。
それって戦争そのものにも繋がることだなあと。

現代アジアの物語を扱い、これだけたくさんのアジア人が主演・助演として舞台に出演し、世界的に大ヒットしたミュージカルは他にはないのでは!?
しかも『オペラ座の怪人』『レ・ミゼラブル』『キャッツ』に並んで世界4大ミュージカルに挙げられる作品だというからまた凄い👏✨
この全てがキャメロン・マッキントッシュ製作だというから、とんでもないわよ👏👏✨✨

(誰がこの4作を世界4大って定めたのかは知らんけど😇一般的にはそうらしいです。そして数ある素晴らしい名作ミュージカルの中でこれが4つ目でいいのかもやや疑問はあるが、それは置いとく😇)

その偉大なるマッキントッシュとオリジナルキャストのレア・サロンガとジョナサン・プライスの登場するグランドフィナーレは上がる🤩
この手の記念公演収録映像にはお約束で必ずあるけど、やっぱり最高よね🥳🙌

映像化されたことに感謝🙏✨





 〜 ♬ 〜 ♬ 〜 ♬ 〜 ♬ 〜 ♬ 〜




ここからは余談☕️

ということで念願の東宝版を鑑賞👀✨
本当は2020年のチケットを取っていたのだけど、コロナで公演丸々中止だったため、2年遅れで今年やっと鑑賞🥹
2020年時点では、個人的に高畑充希ちゃんブームが来ていたのと、一度は市村正親さんの舞台を観たくて、そのお2人+海宝直人さんクリスで元々2020年のチケを押さえていたけど、この2年の間に充希ちゃんは『ウェイトレス』、市村さんは『オリバー』を観れて満足したので、心機一転、昆夏美ちゃんキム、伊礼彼方さんエンジニア、海宝クリス(ここは外せない)で挑みました✨
のはずだったけど、海宝さんコロナにより出演せず😂
いや寧ろ何はなくとも海宝クリスが観たかったのに😂😂😂
一生に一回は観とかないと、と思ってたけど、早くも再演を祈り、再鑑賞を誓う🙏

と、ちょっとテンション低めで臨んだのだけど、いや大満足でしたわ😌
もう昆ちゃんのキムが素晴らしかった😭
昆ちゃんの生の舞台を観るのは多分初めてだったのだけど、期待以上でした🥺
キムが生きていた🥹
17歳の無垢さは儚げで可愛らしく、それに対して3年後の変化…まさに母の顔だった😭
生きることに懸命で、ひたすらに息子の幸せを願う感じが切な過ぎるし、最後も納得感があった😭
記念公演映像の2倍は泣いた😭😭
やっぱり生の舞台はいい🥹✨

伊礼さんは何度も舞台を拝見したことがありましたが、エンジニアぴったりよね🤤
あのちょっといい加減な感じと色気よ🤤そして華がある🌸
エンジニアも混血の役だからぴったりだし✨
図らずも伊礼さんの東京千秋楽でご挨拶付きでラッキー✨

映像だとあんまりよく伝わってこなかったけど、セットの豪華さが大迫力ですごかった👏
特に二幕のサイゴン陥落のシーンの柵!!!かなりリアルでびっくり!!
それと実物大のヘリコプターも予想以上にすごかった🚁

映像でもやたらチュッチュ💋してると思ってたけど、生の舞台はなんかもっとすごかった🤣

そしてやはり日本版一番の衝撃は、ごみ屑ソング”Bui Doi♬”🤣
ジョン役の上原理生さんのいい声と厚みのあるコーラスで響き渡る「ごみ〜〜くず〜〜〜!!!」
思いきった訳詞を付けたもんだ😂

日本版も今年30周年&通算上演1500回記念だったようですね✨✨
長く何度も演じられているのがわかる作品でした👏

今月入って『キンキーブーツ』と『エリザベート』も無事観劇出来たし、ホクホク〜🎶💕
やはり舞台は最高❣️ミュージカル最高🙌💕
emma

emmaの感想・評価

3.7
舞台は生物だからこのdvdだけでサイゴンを語ることは出来ないと思う、というのを前提に。
物足りなかった。映像化するにあたり仕方ないのだろうが、舞台の全貌をみれないのが残念。場面の移り変わりとかみたいのにー!他にサイゴンをみれる映像作品がないから余計にさぁ。
ただアメドリではこのカメラワークが活きており良かった。エンジニアが輝いていた。
エンジニアがいるから観客のメンタルは終わらずに済むのだろうしまあ好きな役なんだけど、逆に救いの存在がほとんどない話にしても良かったんじゃないか。舞台観劇後は陰か陽かのどちらかに完全に気持ちを振り切りたいタイプなので

でもやっぱキャストのパワフルボイスは素晴らしかったーー。初っ端からジジが良すぎて目奪われてしもた、、
普段ふわっとブロードウェイミュージカルとかに注目している程度だと、アジア系キャストが大活躍しているのをみれる機会ってとても多いわけではないと思うので、ドリームランドの人々やらタムやらみて嬉しくもなった。(つってキャスト全然アジア系じゃなかったらすまん)
ジジもトゥイも本当に素敵な歌声でたまらんでした。トゥイの存在感凄いなあ。あとブイドイね、、本当に生で聴きたい放心しそう。

まあ色々言っても所詮まだ観劇したことはないのでね!次にチャンスが訪れたら絶対に行くᵕ ᵕ̩̩‪ 私も帝劇でともなつみつキムみたかったぁ!
Junko

Junkoの感想・評価

4.5

友達に誘われて、演劇を見に行ってきました。

ベトナム戦争中、家族を失い売春宿で働くことになった少女キム。初めてのお客さんアメリカ兵のジョンと惹かれ合いますが、サイゴン陥落は迫っていて…。

戦争中、小さな安らぎを求めあった2人、その時の想いや言葉は嘘ではなかったはず。
明日がやってくるかも分からない異常な状態での選択を、決して責めることはできない、、
そして、戦争が終わっても、人生を翻弄し、心をむしばむ戦争が怖くて、憎い。

レミゼをミュージカル化したプロデューサーがミスサイゴンの脚本を手掛けたそう。
ミスサイゴンを見て、レミゼのキャッチコピーの「愛とは生きる力」を思い出しました。
戦争によって、人生をかき乱されたはずの彼女が、強く生きてこれたのは愛があったからだし、最後の選択も、愛こそ。

今まで見てきたミュージカルは基本ハッピーエンドだったので、衝撃も大きくて、見終わってからも引きずりまくり…。曲もとっても良いから浸りまくり…。
また年を重ねてからも、観に行きたいです。
いい週末の始まりだ〜!
場面の作られかたは舞台なのに、舞台じゃ見えないくらい細かい表情とか衣装、小道具の質感が映像だからこそ見られる。映画を観てるのでも舞台を生で観てるのとも違う、不思議な感覚で面白かった。最後の新旧キャストの共演も素敵すぎるし、観客の歓声にも臨場感があってほんとに楽しかった...サキソフォーンのとこのハーモニー、大好き...
こういう舞台の映像化増えてほしいな!お願いします
perikan

perikanの感想・評価

4.5
演者と楽曲、全てが物凄い熱量で圧倒される舞台。
念願叶って昆キムと海宝クリスを観劇出来た余韻を引きずり、手元のロンドンverを改めて鑑賞。

もちろん生のミス・サイゴンに勝るものはないけれど、臨場感溢れるカメラワークで細かい部分がみられるのは映像の良い所。脱出の撮影はどうやってるのかな。

キムここにあり、なパワフルで真っ直ぐダイレクトに響く歌声で心鷲掴みよね。エバやっぱり凄い…ヒリヒリする感じとか、この時にしか出せない勢いとか雰囲気もあったんだろうな。
(昆ちゃんも化け物だよね、とこれ観て改めて思った。)

彼も苦悩しているのだ、とただ戦争の混乱だけで手を出し捨てた訳じゃない、と絶妙な塩梅でみせないと共感出来ない難しいお役だよねクリスは。
大人になってエレンの凄さも分かったかな…この状況で夫へ掛ける言葉とバンコクでのやり取りに胸がいっぱいになる。
エンジニアもこれこそこの時代の生き方という感じがして好きだし、挙げ出したらキリが無いけどどの人物目線で考えても面白い作品。
戦争は戦いが終わっても終わらないもの。
今の世の中と重なって考えてしまうよね色々と。
本当に最高の舞台だわ…🇻🇳

あと、日本語脳だから訳詞との違いとかもっと分かれば面白いだろうな。
りつ

りつの感想・評価

4.8
愛だけじゃどうにもならないし、時代に翻弄されるしかなかった人々の物語。
本当に誰が悪いとかじゃなくて戦争の悲惨さ、与える影響がつらい。
自己犠牲を美化することなく、悲劇として描いている点が好き。

そして、圧倒的に美しい音楽に、壮大なセット。
ミュージカルは、目も当てられないような悲惨なストーリーを、エンタメとして感動しつつ考えさせられるのにぴったりな手法だと思ってる。

Eva Novlezadaの歌声好きすぎる!
生で見てみたかった😭

トゥイ、怖いイメージしかなかったけど西川さんのトゥイ見て惚れてからからじっくり見返したら
迎えに来た時は本当に嬉しそうだし、職権濫用シーンもタムを手にかけようとするシーンもすごい葛藤してるんだね…
委員長のときの姿が怖すぎて怖いってイメージで塗り替えられるけど……
25周年は、割とキムからトゥイへの拒絶が強めで、幼馴染だったんだな〜ってより感じる方が好きかもしれない。

クリスはクズではないと思う。クリスとエレンがそう選択しようとするのはわかるし。
クリスが精神不安定なのがわかる方がしょうがないと思えて好みかも。

ベトナム戦争についてある程度知ってる前提で進んでいくから、頭に入れた方がよりずしんとくる。

日本の公演も素晴らしかった…屋比久ちゃんいつかウエストエンド出て欲しい!

このレビューはネタバレを含みます

映画を見た訳でなく舞台を観ました。
映画でなく申し訳ない。
ただ記録をしておきたくて、ここに残させてもらいます。

私が見たのは、エンジニア役を市村正親さん、キム役を高畑充希さんが演じた演劇です。

あらすじは調べておきましたが、時代背景まで調べていなかったので、分からない部分もありました。
後で時代背景を知り、理解できました。

久しぶりにバッドエンドの結末を見て、不毛な感情も生まれましたが
久しぶりのこの感情が楽しくもありました。
やはり、昔の作品は全て救われる訳ではなく、考えさせられるものがあり楽しかったです。

キムは一生クリスを想い続けるも、報われないという所は、とてもリアル(現実的)でした。
キムのクリスの想い方が、少し病気的で精神を病んでる印象も受けましたが、
当時であれば、きっとあれはリアルだったのではないかな〜と思いました。

戦争に負け、難民となり、愛する人を失ったが生き続けることができたのは
クリスへの愛と、愛する人との子タムがいたからだと思うし、
その二つだけが心の支えとなっていたのだと思います。

なので、その二つを否定されたり、奪われたりしたら、あんな風に取り憑かれたようになってしまうのも理解できました。

キム(女性)は強く儚かった、クリス(男性)は弱く脆かった。
ここも凄くリアルだったと思います。
クリスを想い続け、待ち・追い・出逢いにいったキムと
キムを失い、戦争の悪夢から逃げることを選んだクリスが
現代でも(日本だけかもしれないが)起こっている男女間を表しているようで、そこも見てて楽しかった。

そして、女性として生きている私は
女性であることを受け入れて、尊敬し、生きていかなければならないなと思いました。

エンジニア役の市村正親さんは、70代とは思えない声量とダンスを魅せてくれました。
とても感動した。
この回を観れて、とても嬉しいかった。

キム役の高畑充希さんは、歌声がとても綺麗で魅了されました。

とても楽しい作品でした。
ありがとうございました。
>|

あなたにおすすめの記事

似ている作品