DAHUFA 守護者と謎の豆人間の作品情報・感想・評価

DAHUFA 守護者と謎の豆人間2017年製作の映画)

大護法/The Guardian

上映日:2021年07月23日

製作国:

上映時間:97分

ジャンル:

3.7

あらすじ

「DAHUFA 守護者と謎の豆人間」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

DAHUFAは2017年製作だから羅小黒戦記より2年も前に、すでにこんな凄い作品があったなんて!中国アニメ、進歩しすぎだろう!!魅力的なキャラ、作画、ストーリー、笑いどころ、全て申し分ない!一見、ポップで可愛いけど、かなりバイオレンス!そのギャップもいい!

あと、とってもJUNK HEADを思い出した✨なぜかは、ぜひ見て感じて欲しい✨豚だと思って切り刻んでたものが、違ったら?そして、顔につけているのは周りもそうしているから?など、胸にグサグサ刺さる言葉も多かった。皇太子のキャラも良くて、本当守りたくない!笑
中国アニメ映画史上・初!?
対象年齢自主規制&バイオレンス満載のカルトムービー。
おまけに強烈な社会風刺を込めたストーリー。
これが今の中国から出てきたってだけでももう凄いと思う。
でも2017年作なのね。続編の話とか今どうなってんだろう?

ダルマのようなシルエットのダフファーがとにかく強い!
あのキャラデザでクソカッコいいんだこれが!
鉄棒を介してビームを撃つし!実質ガンアクション!

で、彼と通じるなにかがあるっぽい謎の用心棒も
敵対キャラとして登場。どちらもカッコいいが、
彼らのバックボーンは今回の尺だけでは全然分からない。
色々匂わすけども。あの美女も何者?
湯上がりのセクシーなショットも一瞬だけあります。
こういう表現も今の中国でやってええんか?すげえな。

雑な例えをすると、シャオヘイがジブリなら
ダフファーはメイドインアビスのような
温度差だろうか。
ダフファーにもナウシカ的ムードを感じるが
絶対一般受けはしないだろう。
あんま居ないと思うが、今春にJUNK HEADを
観に行った層なら多分気に入ると思う
(豆人間たちのビジュアルとか残酷な背景とかさ…)

このビジュアルで
ディストピア・ハードボイルド・
ガンアクション・ファンタジー
だとは誰も思わんだろう?すげえぞ。

マジでこれよく検閲通って劇場公開まで行けたもんだな…
まさに今あちらで問題になってる
言論統制・少数民族の迫害などに通ずる内容も
ガッツリ含んでますけど。2017年の当時だから出来たのか?
それだけに留まらない、人間の在り方を問う話だけどね。
独裁者の体制を倒したあとの描写も皮肉が効いててヤバい。
全く救いが無いんだ。そこがまたいい。

国がどデカいぶん
滅多にソフト化されない中国市場らしいけど
いつかはDVD化してほしいな。日本でだけでもさぁ!
未

未の感想・評価

3.6
強烈なものに巡り会ってしまった中国バイオレンスアニメーション。
バイオレンス中のバイオレンス、パンチがすごくてそりゃ中国で年齢制限ある、、

突然のお豆に情報処理が追いつかない
家畜お豆と少数人間の宗教カースト(?)端から端まで謎しかない絶対97分以上あるような感覚でかなり長く感じる

超回復守護神(血は出るけどそりゃそう)が皇太子を探しに来たら奇妙すぎる村に流れ着いた話、とにかくずっと奇妙で気持ち悪い感覚(褒めてる)

曲が印象的でかなり好きだった
役人のお豆と四六時中追いかけっこしますが、だんだん顔に見慣れてくる。

見たあとは飯食えませんので先に食べることをおすすめします。飯は食えなくなりますが個人的には嫌いじゃないし面白かったです。

👁 👁

👄
なんかよく分からんが凄いものを観た

撃たれても落下して肋折れまくっても戦えるダルマさんのダイ・ハードっぷりが堪らん。そのあと包帯グルグル巻きになってるところも良い。

終盤のあの回想シーンは要らんかったかな。

下のコメでちょいネタバレします
Marie

Marieの感想・評価

3.6
良い意味で気持ち悪い世界観で、謎が解けたようで結局わからないままのような収まりの悪さも嫌いじゃない。それだけに、セリフが説明的になっているのがちょっと残念。
本国社会への風刺として見るとかなり強烈なものがある。
三部作の第一章という噂に違わず、これからもっと大きなスケールで展開していく可能性のある終わり方で、登場人物の成長もあって、今後が楽しみ。皇太子はこれからどうするのだろう。

このレビューはネタバレを含みます

偽物の目と口で塞いで、本当の自分を諦めた。これが、世界の理だからと受け入れるほかない。力ある者の言葉の強さを思い知る。だからこそ道を外れてはいけないのに、それゆえに狂ってしまう。外から思いがけず開けられた風穴は、乱暴にも空気を一新させた。入れ替わる強さ。緩く淡い雰囲気に現を抜かすと、不意に訪れる痛みに心を射貫かれる。この転換が、再び狂気に染まらないよう願うばかり。
zhiyang

zhiyangの感想・評価

3.9
中国版ハードボイルド暗黒バトルアクションジブリ? 主人公アシタカだし蟻猿はコダマだし蟻猿の巣は『千と千尋』のボイラーっぽいし。不気味なキャラクターや動き回るアニメーションは魅力的だし、ダルマと皇太子の掛け合いなんかも良い。ただ、肝心のストーリーというか、豆人間の秘密がわかるようでわからない……。
sasha2022

sasha2022の感想・評価

3.2
なるほど。。🤔ある意味で中国版にゃんこ先生、本筋は人間に憧れるお豆さんの亡霊の話。支配者と虐げられるお豆さん民族たち。そんなカースト制のようなしきたりがある奇妙な村に流れ着いた皇太子を救いにきた守護神"ダフファー"の数奇な物語。赤ずきんに手乗り人形のような主人公がブサかわで愛くるしい、お豆さんたちがどんどん夏目友人帳の石起こしに見えてくる。たしかに大人のアニメ。子どもにはちょっとわかりづらい、ディリリの時間旅行的な闇深話が根底に眠っていた。
Karuna

Karunaの感想・評価

-
記録2021-57

結構バイオレンス
血飛沫とか、手足飛んだり、首飛んだり

不思議な世界観
テーマは重め
見終わった後、ちょっと考えちゃう感じ
綺麗なお姉さんの入浴シーン有り。

出町座で予告見て気になってたんですがお盆の大雨で観に行けなかった作品。
大阪まで観に行きました。

4代前の皇太子からずっと守護者のDAHUFAの話し。
中国初のヴァイオレンスアニメの今作、銃みたいな何かで撃ち殺す!
鋼鉄杖から出るビームみたいなので胴体真っ二つ!
包丁の一刀で心臓を抉る!
飛び散る血!
もげる手脚!
まあ凄い。
でも絵が可愛いのでグロさは無かったです。
王になる事に興味のない皇太子がある村で行方不明になる。
守護者であるDAHUFAは皇太子を探しているうちに不思議な村に入り込む。
そこは人間から"ブタ"と呼ばれる偽物の目と口を顔に貼り付けた豆人間たちの村だった…って話し。
と言ってもたいした展開があるわけでもなく、皇太子が捕まったり捕まったり捕まったりしてるだけ。
でも村の秘密や豆人間の正体など非常に興味深くて惹き込まれました。
ただやはり日本のアニメほどのクオリティは無く、殆ど全てをセリフで説明しちゃうのは仕方ないのか?
最初は豆人間たちの不気味さが目立ってたけど、やっぱり1番怖いのは人間の方。
特にある少年の狂いっぷりは、ある意味自らを神仙と称す村の支配者以上の強烈さ。
傷を負っても比較的早く治り不思議な妖術を使うDAHUFAや、豆人間たちの頂点の執行者?、そして色っぽい女性とか謎のまま終わったのが残念。

今朝の1曲
SEGA『AfterBurner』
大昔若い頃、S本くん、K保田くん、T屋くん、そしてボクの4人は毎週金曜の夜に今は無くなった嵯峨ニックにボウリングとゲームをしに行っていました。
まだ花金なんて言葉が出来る前の話し。
今はダメだけど当時はボウリングの腕前はなかなかで245が自己ベストでした。
ボウリングの話しは置いといて、ゲーセンにアフターバーナーと言うゲームが有って、それのBGM(https://m.youtube.com/watch?v=pJ-OEmUFyJo)がカッコいいとS本くんが騒いでいました。
当時ボクは同じSEGAのハングオンばっかりやってたので全然興味なかったんですが、ゲームのサントラCDを買ってみたらビックリするぐらいカッコいい曲でした。
ただ実際のゲームにはあくまでBGMって事でCDに入ってるメロディパートは抜かれてて、リズムパートだけのものが使われていました。




*********鑑賞記録*********
鑑賞日:2021年8月22日
鑑賞回:14:30〜16:10
劇場名:第七藝術劇場
座席情報:H-6
上映方式:2D 字幕
レーティング:G
上映時間:97分
備考:他館提携割引(1500円)
**********************

NEXT▶︎▶︎▶︎『地獄の門』

あなたにおすすめの記事