センコロールの作品情報・感想・評価

センコロール2009年製作の映画)

製作国:

上映時間:30分

ジャンル:

3.6

「センコロール」に投稿された感想・評価

tyapioka

tyapiokaの感想・評価

3.7
モブっぽい個性の薄い顔をした登場人物の顔と目付きの悪い白い生き物がいい。女のキャラクターだけに限ったこと出はないが一つ一つの動きや目線が可愛らしい。大きな柔らかそうな生き物に飲み込まれるのは気持ち良さそう。
YUKEY

YUKEYの感想・評価

5.0
はじめて見つけた時、ときめきが走った。

宇木監督ほぼ1人で制作しているなんてなんて感性光すぎ理想郷じゃないか。
登場する少女の名前が私と同じユキだなんて、
余計好きになってしまうじゃないか。
虜になってしまった私にとって尊い映画です。
ショートだけど結構面白かった記憶。
主題歌がめっちゃ好きだったの覚えてる。
djkaz

djkazの感想・評価

2.9
BGMとセリフのせいでどこからがこの世界の当たり前なのか、おかしいことが起こっているのかが微妙になっていて、作画もあいまって妙な心地よさに繋がっている。
vocca

voccaの感想・評価

5.0
食欲旺盛な白いマシュマロ、
センコの特技は食べた物に変身すること。

ある日お友達のテツ君と一緒に食事に出掛けると、
柄のわっる〜い高校生に絡まれてさぁ大変、な話。

プリンに変身するの可愛い。
破れたら卵液出ちゃうのも可愛い。
おいしかった?またかってあげようね〜。

…ここから続編まで10年かかると誰が想像できただろうか。
色々な物に姿を変えられる謎の生物「センコ」と共に行動している高校生テツ。ある日、同級生の少女ユキにセンコの姿を見られてしまう。
黙っている代わりにセンコが変身した車に乗せて欲しいと言うユキ。
しかしその帰り道で、同じく謎の生物を飼う少年に襲われる。

灰色がかった映像と、BGM控えめの落ち着いた雰囲気。
派手さはないけど、一度見たらなんだか忘れられないインパクトを持っている。

生死がかかっている割に緊張感がないけど、そこはファンタジーで誤魔化そう。
なんだかんだ面白い。
これしかレンタルされてなかったと思うけど、前作はあるのかな??話が唐突で、いったい何と戦ってるのかが分からなかった。でも怪獣が可愛くて変化するのがとても好み。話やキャラクターの関係性をもっと知れたら絶対面白い!
utkt

utktの感想・評価

-
 センコに意味のわからない可愛さがある。枕によさそう。「こういうの好きなんでしょ?」って言われてる感じがある。
良質な読み切り漫画を読んだような感覚
センコら怪獣?の有機的かつどこか機械的なデザインも良かった!
これが自主制作というから驚き

ただ、主人公とヒロインの掛け合いがグチと文句ばかりなのでそれぞれの人物像が掴めなかったのが少しもったいない気がしないでもない
木木

木木の感想・評価

4.0
怪獣がいるのが日常なのか非日常なのか曖昧で想像できる範囲で物語が収まっているのがいい。あとセンコ可愛いし、ヒールキャラ(cv木村良平)ってのもいい。コネクト劇場公開に行けなかったのを悔やむ。
>|

あなたにおすすめの記事