不思議惑星キン・ザ・ザの作品情報・感想・評価

不思議惑星キン・ザ・ザ1986年製作の映画)

KIN-DZA-DZA

上映日:2016年08月20日

製作国:

上映時間:134分

4.0

あらすじ

モスクワ、冬。技師マシコフは帰宅するなり妻に「マカロニを買ってきてくれ」と頼まれ外出する。街角で地方出身らしいバイオリンを抱えた青年に「あそこに自分のことを異星人だという男がいる」と声をかけられて、関わるのは面倒だから警察に、と提案するが「裸足で寒そうだから」という青年に付き合って、その怪しい男と言葉を交わす。自称異星人は「この星のクロスナンバーか座標を教えてくれ」と尋ねるが、まっとうなソ連市民…

モスクワ、冬。技師マシコフは帰宅するなり妻に「マカロニを買ってきてくれ」と頼まれ外出する。街角で地方出身らしいバイオリンを抱えた青年に「あそこに自分のことを異星人だという男がいる」と声をかけられて、関わるのは面倒だから警察に、と提案するが「裸足で寒そうだから」という青年に付き合って、その怪しい男と言葉を交わす。自称異星人は「この星のクロスナンバーか座標を教えてくれ」と尋ねるが、まっとうなソ連市民であるマシコフはそんな虚言を信じないで、男の手の中にあった〈空間移動装置〉を押してしまう。瞬間、マシコフと青年は砂漠のど真ん中にワープしてしまった!

「不思議惑星キン・ザ・ザ」に投稿された感想・評価

あや

あやの感想・評価

5.0
マシコフは妻に買い物を頼まれ歩いていたところ、バイオリンを持つ学生ゲデバンに「自分のことを宇宙人だと言っている人がいる」と呼び止められ、その浮浪者の男性が持つ空間移動装置で2人は砂漠の星に飛ばされてしまう。2人はなんとしてでも地球に帰ろうとするが…

このヘンテコリンな世界観大好き………
この星では階級があって、身分の低い"パッツ人"は鼻に牛みたいに銀色の輪っかをつけて、身分が高い"チャトラ人"に「クー」と挨拶しなければならないんです(笑)※ただし罵声を飛ばすときは「キュー」

そしてマッチが星では"カツェ"と呼ばれる貴重な物なのでこれをめぐって騙し騙されたり、マシコフたちも痛い目に遭う。
マシコフとゲデバンは砂漠の星に着いてから2人の宇宙人と遭遇するんですが、最初はマシコフたちを騙そうとしていたのにだんだん間に友情みたいなものも芽生えてくるのがしんみりする。


この映画では地球と異星の文化の違いが描かれているけど、いま生きているこの地球でもそんなに変わらないかと。その国にいたら自国とは違う文化に慣れなければいけないし、キン・ザ・ザでもあるような差別意識や選民意識は地球にもある。
星を越えた友情にもぐっとくるし、変な歌を歌うシーンも笑えるし名作すぎた。

この映画を観た人には通じる挨拶の「クー!」したい
シュール過ぎて笑える!
そしてラストは切なくてハートフル!
いい意味でホドルフスキー作品を履き違えたロシア版!
かぺ

かぺの感想・評価

3.7
ソ連のSF映画、珍し!!!!夢見てたのかと思うくらい不思議な内容 本物の不思議惑星はこれや!キュー!
時番人

時番人の感想・評価

4.8
無茶苦茶な低予算SFなんです。でもこれが病みつきになる。かわいさ、深さ、純粋さ、意外にもこれって宇宙物理学的にはリアルなんじゃと思う構成。初めて見たときは理解しきれなくて何回も観ました。大好きな作品!
終

終の感想・評価

3.5
もう全然分からなかったけど、別の惑星なんだということはわかる。全く常識が通じなさすぎて、はてなマークが付いてまわったけど、面白かった…
うーん不思議でした
クー!!
すわん

すわんの感想・評価

3.8
「たかが世界の終わり」との二本立てには向かないチョイスミス。

移動まであっさりかよ!
すんなり受け入れんのかよ!
途中から、クーとキューだけでなんとなくわかり始めるから不思議。

えええでもまだ半分だよ...第2章が始まるよ...眠いよ...早送りしたいよ...と、思うのですが、なんだか意味深な展開です。ただのギャグ映画かと思ってたのですが、なんだか意味深なこと言ってます。でもやっぱ長い長すぎる...!

なぜかファンタスティックプラネットをもう一回観たくなりました
カルト的人気を誇るソ連の名作。

知人に勧められてだいぶ前に見た映画。

伏線回収がここまですごい映画もなかなかない気がする。

あと、異文化に突然ぶち込まれる感覚ってこんな感じなのかと思った。

クー!
Uknow

Uknowの感想・評価

4.0
物語はロシアの街角で惑星から来たという浮浪者のような出で立ちの男の持っていた転送装置を使用してしまうことから始まる。

装置のスイッチを押した次の瞬間、彼らは一面砂漠の惑星キン・ザ・ザに立っていた。
星には身分制度があり、エツィロップ>チャトル人>パッツ人これらは識別装置によって判断されるが、主人公らはどうやら最下層であるパッツ人に分類されるらしい。
最初に出会ったチャトル人とパッツ人の芸人達と何やかんやしながら地球に帰ろうと頑張る。

星には独特の文化や制度が存在している。
•大抵はクーとかウーで話すけれども言語中枢を読み取って相手の言語で会話することができる
•パッツ人は身分を示すために鼻にイアリング型の鼻輪とベルをつける
•パッツ人が演奏する際は檻の中に入っている必要がある
•挨拶は頬を両手で二回叩き、両手を広げながら膝を外に向けつつ腰を落とす。「クー」と言いながらやる場合や、言いつつ両手を広げるだけの簡易版も存在する
•身分のあるチャトル人は黄色ステテコを履くことを許され、その場合、パッツ人から二回の挨拶を受けられる
•チャトルという価値によってやりとりが行われる
•移動装置は3回しか使えない

•ゲデバン君あんまり役に立ってなくてかわいそう笑
•「最期の息」と呼ばれる白い風船が墓とされているのがなんかエモい。ただ、最期の息にしては両手で抱えるほど大きくて肺活量…ってなった。物の例えなのだろうけど。
•ゲデバン君最後の方ずっと頭にくるくるペカペカするライトつけてて目立つ

2001年宇宙の旅は、人間の立ち位置が必ずしも地球のそれとは異なることを表現していたが、此処でも星が変われば階級が変わる。地球だけが星ではない。
macoto

macotoの感想・評価

4.0
見知らぬ惑星に飛ばされて
そこに現れた宇宙人。なんだ…あれ。
2人が見てたように唖然!呆然!だよ。
挨拶?芸?なんなの?訳わかんないよ!笑
2人も檻の中で芸を披露するだとか…
あれってロシアの有名な歌なの?笑
下手なバイオリンがなんだか虚しくて
果てしない砂漠地帯に鳴りひびくなぁ〜!
変なものつけさせられたり…何これ。笑
このあからさまな階級の差。屈辱的だよ!

この星の人たちは階級があって当たり前で
上下関係がはっきり目に見えることの方が
いいみたい。安心感があるからなのかな。
地球人のように曖昧に平等であることに
不安を覚えたり魅力を感じなかったりで
価値観の違いの面白さがそこにはあった。
地球にも階級はあるけど扱われ方が
全然ちがう。地球なら国連扱いだよ!笑

…なんて。そんな堅苦しくなくて
あきれるほどこの世界観…じゃないか
この宇宙観がほんとくだらなかった。。☺︎
エツィロップがポリスの逆さ読みなど解説サイトをみると面白いことに気づく
長い
>|