不思議惑星キン・ザ・ザの作品情報・感想・評価

不思議惑星キン・ザ・ザ1986年製作の映画)

KIN-DZA-DZA

上映日:2016年08月20日

製作国:

上映時間:134分

4.0

あらすじ

モスクワ、冬。技師マシコフは帰宅するなり妻に「マカロニを買ってきてくれ」と頼まれ外出する。街角で地方出身らしいバイオリンを抱えた青年に「あそこに自分のことを異星人だという男がいる」と声をかけられて、関わるのは面倒だから警察に、と提案するが「裸足で寒そうだから」という青年に付き合って、その怪しい男と言葉を交わす。自称異星人は「この星のクロスナンバーか座標を教えてくれ」と尋ねるが、まっとうなソ連市民…

モスクワ、冬。技師マシコフは帰宅するなり妻に「マカロニを買ってきてくれ」と頼まれ外出する。街角で地方出身らしいバイオリンを抱えた青年に「あそこに自分のことを異星人だという男がいる」と声をかけられて、関わるのは面倒だから警察に、と提案するが「裸足で寒そうだから」という青年に付き合って、その怪しい男と言葉を交わす。自称異星人は「この星のクロスナンバーか座標を教えてくれ」と尋ねるが、まっとうなソ連市民であるマシコフはそんな虚言を信じないで、男の手の中にあった〈空間移動装置〉を押してしまう。瞬間、マシコフと青年は砂漠のど真ん中にワープしてしまった!

「不思議惑星キン・ザ・ザ」に投稿された感想・評価

クー!

見た方は皆んな言いたくなるでしょう

最初は斬新な設定と不思議な雰囲気に引き込まれましたが、後半だんだんしんどくなってきます 134分長い…

90分〜100分でコンパクトだったら良かったかも

僕もマッチ一箱あればなんでも買える国に行ってみたい

ラストのおじさんとバイオリン弾きの再会シーンは良かった
「クー!」に脱力w

裏には意外と深いメッセージが込められている作品のようですが、ソ連の検閲をくぐり抜けただけあり、パッと見はかなりユルいです 笑

おじさんがちょっとダニエル・クレイグ風味。
nero

neroの感想・評価

4.5
初見はいつだったかなあ。最初は自主上映みたいな形態だったはずだが90年頃か? ソ連が消滅した後だったかもしれない。いわゆる東欧系のSFとも肌触りの違う、それこそ崩壊を見据えたかのように、諦観のみがゆるく漂う世界をシュールなギャグで包んだ寓話とも感じ、とにかくインパクトが強かった。VHSで入手したのはずいぶん後だったがかなり繰り返し見た。もちろん今でも訳がわからない。
十数年前だったか、初めてキン・ザ・ザを見た人と出会った。酔っ払って真冬のススキノの交差点で「クー」「クー」騒ぎまくったのが懐かしい。

先年、完成30周年記念特別ロードショーで久々スクリーンで観ることが出来た。デジタルリマスターの威力か、画面スッキリで見やすくなっていたが、あのちょっとザラついたような、ダイナミックレンジの狭い色彩感が共産圏ぽくてよかったんだけどな(偏見かな)。

アニメ版があるらしいので是非見たいんだが、さすがにロシア語はハードル高い。何処かで日本語版作ってくれんかねえ。
クーーーー(チリン♪)
さより

さよりの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

好きなところ
・絶対にお互いを見捨てない主役ふたり(ロシア人とグルジア人なのに!)
・最後の息
・鮮やかな終盤の展開
DK

DKの感想・評価

4.0
クー!

でも深夜に見たことで終盤眠たくなりキュー!

冒頭のカメラワーククー!
単純に面白かった

何も解説を見なくても面白いし、
解説を知ってから見ても面白い。

2度面白い
たなち

たなちの感想・評価

3.5
いやいやこの世界観笑
クー!クー!
普通に異世界での暮らしを見るだけの映画。文明が発達しすぎてもはや原始的。
俺には魅力が感じられなかったけどくせにはなりそうな感じです笑
ずっと観たくて遂に観た。
途中までかなり訳がわからないけど、だんだんバラバラの砂がまとまってく感じ…
そこからは面白くなってきてラストの良さは満点。ゲデバン役の子の良さ。

隠れたメッセージをちゃんと理解してもう一度言う観たい。
ゆかり

ゆかりの感想・評価

4.0
観た友だちと「クー!」って言い合いたくなる。言い合った。

最初からひたすらシュール。何も分からないままに話が進んでいく。この時点では観ていることが苦痛。
同行する2人クズすぎもっと助けろよって何回も思った。

だんだんその世界の価値観だったり取るべき方針だったりが分かってくると割と楽しく観られるようになる。
ただ同行する2人はクズすぎて見捨てろよ!!!って思う。
でも多分見捨てない2人が主役だから映画として成り立つんだろうね。

ギリギリまで「こいつらよくわからん…」って思ってたけど最後に綺麗にまとめてきて「おおお!!名作かよ!!!」って思わされた。

評価の4割はラストの美しさ。
3割はバイオリン弾きの顔。
残りの3割がその他ストーリーかな。
ラストの高揚を味わうために観てもいいと思う。
少なくとも私はこの終わり方大好き。
面白かった。すごい好き。なんでもありな世界観でちゃんと筋を通すというか、観てる側にちゃんと説得力をもたせるように作れるのはすごい。くー

たとえ状況は緊迫していても、ほのぼの感を壊さない世界感も楽しいけど、ただそれだけのカルト映画じゃない!テーマ性もあつい
>|