不思議惑星キン・ザ・ザの作品情報・感想・評価

不思議惑星キン・ザ・ザ1986年製作の映画)

KIN-DZA-DZA

上映日:2016年08月20日

製作国:

上映時間:134分

ジャンル:

4.0

あらすじ

モスクワ、冬。技師マシコフは帰宅するなり妻に「マカロニを買ってきてくれ」と頼まれ外出する。街角で地方出身らしいバイオリンを抱えた青年に「あそこに自分のことを異星人だという男がいる」と声をかけられて、関わるのは面倒だから警察に、と提案するが「裸足で寒そうだから」という青年に付き合って、その怪しい男と言葉を交わす。自称異星人は「この星のクロスナンバーか座標を教えてくれ」と尋ねるが、まっとうなソ連市民…

モスクワ、冬。技師マシコフは帰宅するなり妻に「マカロニを買ってきてくれ」と頼まれ外出する。街角で地方出身らしいバイオリンを抱えた青年に「あそこに自分のことを異星人だという男がいる」と声をかけられて、関わるのは面倒だから警察に、と提案するが「裸足で寒そうだから」という青年に付き合って、その怪しい男と言葉を交わす。自称異星人は「この星のクロスナンバーか座標を教えてくれ」と尋ねるが、まっとうなソ連市民であるマシコフはそんな虚言を信じないで、男の手の中にあった〈空間移動装置〉を押してしまう。瞬間、マシコフと青年は砂漠のど真ん中にワープしてしまった!

「不思議惑星キン・ザ・ザ」に投稿された感想・評価

ろ

ろの感想・評価

4.4

キュー=公言可能な罵倒語
クー=残りの表現全部

冬のモスクワ。
マシコフは妻におつかいを頼まれる。
パンとマカロニを買おうと外出したところ、異星人と出会う。彼が持っていた空間移動装置を押すと、マシコフは隣にいた青年とともに砂漠にワープしてしまう。

この惑星には独自のルールがある。
ここはチャトル人たちの星。
だからパッツ人よりもチャトル人の方が地位が高い。パッツ人は鼻に鈴を付けることを強いられ、恭しく挨拶しなければならない。
とにかく”マッチ”が貴重で多く持っていると地位が上がるという。

そのルールを知ったマシコフおじさんと青年ゲデバンは、「郷に入っては郷に従えだ」と、マッチを利用しながら地球に帰るべく奮闘する。


キンザザが遠い異世界に感じなかったのは何故だろう。
住民たちがバイオリンの音色と歌に感動したからだろうか。
それとも上下関係や差別があったからだろうか。
人を平気で出し抜く、利益を独り占めする。
そういうところがまるで地球人みたいだからだろうか。


日本と海外では当然マナーが違う。
「お茶碗を持って姿勢よく食べなさい」と幼い頃言われたものだが、お隣韓国ではお茶碗をテーブルに置いたまま食べる。
そういう違いはいくらでもある。

日本国内でもそうだ。
東北や沖縄の方言はやっぱり聞き取れないし、春夏秋冬過ごし方も各地で異なる。

そして、人の”価値観”にはズレがある。
「そんなの常識だ、普通だ」といっても、他人とぴったり合わさることなんてゼロに等しいのだ。


ああしなければならない、こうしなければ攻撃してやる。
キンザザは一人一人の心の中にある。
寿都

寿都の感想・評価

4.4
なかなか上質な脱力系SFコメディ。古さを全く感じない、2000年代の映画かと思った。アイデアが抜群なのと、アナログで作り込まれた美術がセンスいい。
主人公のおじさんが、ジェームズボンド役でも演れそうなかっこよさ。男前でプライドの高いこの男性があの恥ずかしい挨拶をするとこが一番のみどころ。
文明人としての矜持とは?なんてことを教えてくれた。差別なんて文明人のすることではない、助け合うのが人の道。その上でナメられないように威嚇する必要もある。文明人はつらいよ。とにかく地球人の二人が笑えて、かっこいい。
タケ

タケの感想・評価

4.5
脱力系SFコメディ。なるほど。
とても好き。
BGM的なのもほとんどなく
人間の姿の宇宙人はクーしか喋らない。

こんな癖の強い映画は久々
何も難しいことは考えずぼーっとみれる映画でした🤤
Yoko

Yokoの感想・評価

3.8
 ソ連崩壊前のモスクワ。路頭に裸足で凍えたつ自称異星人によって、建築技師と学生は惑星に飛ばされてしまう…。

 予想以上に脱力させられた作品。登場人物皆憎めないやつらでキャラがとても良い。どうみてもそうとは考えられない異星人相手に資本主義者と予想するソビエト人のズレた面白さ。
「上下」の区別がないってのもあぁなるほどと気に留めてしまう。
 ほのぼのSF。
Poly

Polyの感想・評価

3.7
友達に激推しされて鑑賞。
性に合わない作品だったけど、事前にヘンテコ具合とか当時のソ連への批判が込められてる話を聞いて見たおかげか、言葉がすごく重く感じた。
また時間をおいて、当時の状況を自分で勉強してから再鑑賞したいなぁと思った!

クーの挨拶とママ〜の歌の脳内リピートが止まらない笑
人生いろいろ大変なことあるけど、今何気無くおくってる生活がいちばんしあわせなのかもしれないね。
マッチ棒が富の象徴 ステテコの色階級
風船のお墓 鐘みたいなカタチのUFO
言葉は「クー」だけ 周りは砂だけ
とにかく不思議すぎる惑星に飛ばされちゃうお話
いきなり解説が入ったり
爆音のBGMからの無音だったり
編集も独特
中毒性が高すぎる脱力SFコメディ
独特過ぎて戸惑った。だが見終わったあとは心地よく、時々思い出す作品になるだろう。
saaaay

saaaayの感想・評価

3.3
キン・ザ・ザでの罵倒語“キュー”がなんでか可愛いく思える不思議さ、、
以前に世界観が受け付けれず途中で終わってしまったがリベンジできて良かった。
檻とか鈴とかマッチとか物はなんであれ社会の本質的なものが垣間見れたんじゃないかなと。

人間慣れですね
好きな映画ですねえ。「ク〜〜〜〜〜」 でも正直、これ何点つけていいか悩みます。ロシア産脱力SFコメディ。見る人を選びますね。ヴァイオリンを弾きながらマ〜マ〜と歌うとこで大爆笑できるかどうか?すごい珍品なので好きな方は好きだし、そうでない方は退屈極まりないと思います。でもただのバカ映画じゃなくて、意外に、お話もちゃんとあって、SFな感じもちゃんとありますし主人公たちの葛藤もあります。

釣鐘みたいなUFOやバルーンのお墓。観覧車。ダリやマグリットのシュールな絵が好きな方はツボでしょう。砂漠とガラクタみたいな世界観なのでマッドマックス2の影響も大きいです。悲しげでとぼけたような音楽も映画とすごくマッチしていていいです!

素朴な手作り感っていうのがたまらない魅力かも。86年の映画ですがもっと古く感じます。これが今の映画の技術で華麗なカメラワークと編集でアレンジされたら、全く面白く無くなるでしょうね。
>|