不思議惑星キン・ザ・ザの作品情報・感想・評価

不思議惑星キン・ザ・ザ1986年製作の映画)

KIN-DZA-DZA

上映日:2016年08月20日

製作国:

上映時間:134分

4.0

あらすじ

モスクワ、冬。技師マシコフは帰宅するなり妻に「マカロニを買ってきてくれ」と頼まれ外出する。街角で地方出身らしいバイオリンを抱えた青年に「あそこに自分のことを異星人だという男がいる」と声をかけられて、関わるのは面倒だから警察に、と提案するが「裸足で寒そうだから」という青年に付き合って、その怪しい男と言葉を交わす。自称異星人は「この星のクロスナンバーか座標を教えてくれ」と尋ねるが、まっとうなソ連市民…

モスクワ、冬。技師マシコフは帰宅するなり妻に「マカロニを買ってきてくれ」と頼まれ外出する。街角で地方出身らしいバイオリンを抱えた青年に「あそこに自分のことを異星人だという男がいる」と声をかけられて、関わるのは面倒だから警察に、と提案するが「裸足で寒そうだから」という青年に付き合って、その怪しい男と言葉を交わす。自称異星人は「この星のクロスナンバーか座標を教えてくれ」と尋ねるが、まっとうなソ連市民であるマシコフはそんな虚言を信じないで、男の手の中にあった〈空間移動装置〉を押してしまう。瞬間、マシコフと青年は砂漠のど真ん中にワープしてしまった!

「不思議惑星キン・ザ・ザ」に投稿された感想・評価

1065

1065の感想・評価

3.0
ママ ママ どうしよう
ママ ママ どう暮らそう

ソ連のこと勉強すれば面白いのかも
知らないからユルいSFって感じ
音楽のユルさが好き。クー。
かめの

かめのの感想・評価

4.6

初っ端から笑いが止まらなかったけど、後半地球に戻れないという事実を知った二人がゆっくりと出て行って座るシーンには涙が出て来た。

カットが飛ばし過ぎて、途中途中へ?!と混乱したけども、この映画だからそんな混乱も楽しく受け入れられる。

小僧が最後あたりには悪ふざけしてて、面白かった。うたえ!

クー
開始五分で別の惑星にワープしちゃうような映画、初めて観た

前半は展開がゆっくりだなぁと思ったけれど、後半からが面白い

「ママ ママ どうしよう」という歌とか、変な踊りとか、謎のプールとか、いちいちシュール

アルファ星の存在が気になりすぎる
人間をサボテン化するって、なんだそれ

クー!!って言いたくなる
みん

みんの感想・評価

4.0
友達にDVD貸したら、意味わからんし始まってすぐ飽きたから見るのやめたて言われました。

クー。
じょり

じょりの感想・評価

4.6
①嫁に「パンとマカロニ買ってきて」と言われたらこれからは警戒しちゃう度 013%
②当初いけすかねぇオッサンでしかないウラジーミルへの、徐々に高まる感情移入度 215% (天然ゲデバンはその逆でイライラ!)
③テレビで流れた歌でもいい、芸は身を助ける度 UZM247%

ウラジーミルの最後に見せたクーのキレよ!!とは言え、みだりにボタンを押すのはいけませんな。瞬間移動の演出が全くないのは◎
美術や音楽もだけど、ロケ地の砂漠が物語の雰囲気とぴったりで、キン・ザ・ザの有り得そうでない異質感が嫌というほど伝わってきました。すごいよソ連。
ウラジーミルがバイオリンを持ってるのに弾けないゲデバンから楽器を借り、ぎこちなく弾き始める辺りから「オッサンがんばれ!」感が出始め、ハヌード星での放心状態やアルファ星でのブレなさには分かりすぎて切なくなりますね。あと連中がロシア語を理解できると知ったときのブチ切れ顔・調子に乗ってボタン押したけどマジヤベー顔、面白すぎでした。リュブシン氏はじめ役者がホント◎
キン・ザ・ザ星雲に行ってみたいか?絶対行きたくないし、無くなればいいねんあんなモラルがゼロの星(笑)👎もちろん意図的でしょうが、プリュク星人の方がロシア人っぽい、再鑑賞。
最高、こういう映画は大好きです。
よくストーリーや設定、考えたな、と思う作品でした。時代背景とか歴史に繋がっててすごい深い映画と知って、ここまでゆるくできるのはすごい。
わからない言語でコミュニケーションとろうとする感じ、クー!のポーズとか拍手?みたいなシーンのとことか、いちいち動きがシュールでかわいくて、おもしろい。じんわり流れるBGMが良い。出てくる建物とかがいちいちすごい、ペペラッツかわいい。
と、こんな簡単に語ってはいけないような作品なのではないかな〜と思ってしまうほどの大作と感じた。
え〜っと💦これは…どうしたらいいのかな😅
とりあえずポーズ取って
「クゥー」って言っておくか💦

クゥー!

戦わない脱力系スターウォーズ
砂漠の絵面が マッドマックス

昔、Eテレで「テレタビーズ」ってのやってて
なんとなくそれを思い出したりしながら観ていた

見始めた途端に
これこのまま2時間以上は無理!と思ったのだけど
ゆる〜い音楽とシュールな展開と
なぜか気になるキャラたちに
どんどんハマって
ず〜っと観ていたい気分になっていく

ホームセンター行って
マッチを買い占めたくなる!

*2/9 DVD鑑賞
ずっとずっと観たかった映画。
観れただけでまず嬉しい。


冒頭のクーで、もう完全に心を掴まれた笑
ゆるくて変わっている独特の雰囲気。シュール。



なんだろうって思って惹き込まれるし、
くすっと笑えるし、惑星での決まりの不思議さが面白い笑



途中で
惑星用語チャトル=パッツ語小辞典もあり
用語の確認ができて親切笑


主要人物4人が良い。
おじさんもヴァイオリン弾きも物怖じしないのが凄い。
パッツ人とチャトル人のコンビもなんか愛嬌があって良かった。
だんだんみんな可愛く思えてくる笑


好きな場面は
最初のクーの場面と
ツァークを最初に勧められる場面。
最後の終わり方がすごく好き。
ほっこりした笑


一緒に惑星プリュクに行ってきた気分。

長い…長い長いなが〜い奇妙な旅だった笑


見終えた感想はただいまって感じ。
とにかく今はなんでもクーって言いたい笑


クー!
みんながこれを見たら若者の間でクー!が大流行するだろうなあ

シュールコメディの頂点や
クー!
観終わったあとはクークー言いたくなる笑
ゆるーい空気でのんびり観てラストは少しホロリとする。
>|