ゴッドファーザーPART IIIのネタバレレビュー・内容・結末

ゴッドファーザーPART III1990年製作の映画)

THE GODFATHER: PART III

製作国:

上映時間:162分

3.9

あらすじ

「ゴッドファーザーPART III」に投稿されたネタバレ・内容・結末

マイケル好き過ぎて、代わりに娘が死んでマイケルが生き延びたのハッピーエンドやと錯覚してしまった
そういえば全部ふぁみりーの為に頑張ってきたんでしたトホホ
衰弱していくマイケルと、どんどん力強くなっていくヴィンセント。
今回もその対比が綺麗にまとまっていた。
シリーズを通して、登場人物が多すぎた。
トムヘイゲン好きだったのになあ。
男として家長として一家を守る困難さの果ては、やはり悲劇だった。
家族を想う気持ちは本物なのに、それを守るための道はあまりに血塗られすぎていた。その代償がマイケルに襲いかかる。
父の姿を追いかけたのにどこで間違えたんだろう、ファミリーを継いだ三男はあまりに純粋すぎた、柔軟なやり方を知らなかった。それは自分を守るための術でもあったから。
コルレオーニファミリーの盛衰を辿った3部作は年老いた男を残して終わりを告げる。悲しいなぁ。
でも頑張って観よう。
やっぱり思った通り、マイケルは義の人では無かったね。ゴッドファーザーとの死に様が対象的。奥さんに見限られて、娘も亡くして一人孤独に死んでった。
合理的で要領が良いって読みも当たってた。とんでもない権力者になったし。
焦ってヴィンセントに継がせても、もう遅すぎたのも奥さんの言う通りだよね。うちのお父さんも仕事仕事でこんな感じやわ。家のこと何もせんと気付いた時には皆に嫌われてる。
外で働くのなんて結局自己満やからね。外で働いてる人は自分の好きで自分の保身の為に、周りに嫌われたくなくてやってるのに、「働いたってる」とか言い出す。私は外でしか働いたことないし専業主婦の気持ちは分からんけど、家に入って大人と関わらん仕事して給料貰えない上に夫は家庭より仕事優先とか絶望しかないもんな。
やっぱり外で働くのは楽しいし家の片付けばっかやってるのは苦痛だよ。
外の仕事は嫌なら止めれるけど子育ては止めれんし。
結局マイケルはファミリーの為とか言って全部自分の為っていうのが透けて見えてた。ある程度の地位で満足せずに、奥さんに咎められても言い訳ばっかりして仕事続けるのは自分のプライドの為。人間として未熟。
娘の結婚相手を取り上げてファミリー優先したのがその最たる象徴だよね。
マイケルが孤独に死ぬラストは予想通りだし皮肉が効いてて本当に良かった。3世代に渡る義と愛と家族の形を描ききった精神に乾杯。
最近「億男」っていう1番肝心なとこ描かずに逃げた作品に出会ったから余計にね。
Ⅲも、これはこれで良いんだよねー。
これは、ドラマ。大河ドラマですよー。
やはり、パーティーから始まる明暗で醸し出す王道の演出。
マイケルとキートン(役名忘れ)のコルレオーネ村のデートシーンなんか、泣けます。愛のテーマの弾き語りなんかあって。
ファミリーを守ることに命をかけてファミリーを失う男の悲しみ。素晴らしい作品で3までみて本当に良かった!アルパチーノがずっと素晴らしい。ただやっぱり最後は悲しすぎる。。。。
パート3を製作してくれた事に、
ただただ感謝。
それを生きてるうちに観られて感謝。

マイケルとコニーの2人で話すシーンが
好きです。とても寂しい。
またシチリアで
流れるニーノロータの曲が美しい。
PART1、2と比べると表立った評価は低いようですが、マイケルの生き様を最後まで見ることができた点で、この作品が作られて良かったと思いました。
結末は因果応報と言えるけれど、家族のために彼なりに努力し続けた結果があの最後の姿と思うと、ここでも父ビトーの最後を比べてしまって、なんとも切ない気持ちがこみ上げてきます。
PART3も3時間近くありますが、発作で倒れた時に「フレド」と叫んだことが最後まで頭の中に残りました。
ハッピーエンドを迎えられるとは思いません。しかし、あの時にフレドを許せていたら何かが違っていたかもしれないと思わずにはいられません。
一般的にPartⅠ,Ⅱと比べて評価が低いPartⅢ
出だしこそスロースタートだったが、始まってしまえばこちらのもの。そのストーリーに心奪われる。



幕引きまで素敵じゃあないか。
憧れる。
評価が別れる3作品目だけど、懺悔や後悔のシーンがぐっときて私は好きだった
皆に看取られ愛されて死んだ父親と真逆に、孤独に死んでいったマイケルのラストに泣いた
>|