日本の首領(ドン) 完結篇の作品情報・感想・評価・動画配信

「日本の首領(ドン) 完結篇」に投稿された感想・評価

テンポがいいわけではないのに見入って3部作一気見できた。人の死の儚さ呆気なさや、娘、息子が??だったのがゴッドファーザーに共通。音楽も。リアル(?)な闇の世界が描かれた映画がおもしろい
日本の首領ついに完結

政財界の黒幕大山、関東同盟の大石と関西中島組の佐倉が日本の首領の座を目指して血で血を洗う抗争に、、

三部作通して言えるのは、権力に取り憑かれた男達の哀れな末路である。この裏社会に関われば、どんな者でも汚れてゆく。そして、悲惨な運命を辿る事になる。ラストのシーンのママさんが自分の店の為に泣いていたのは印象深い。

また、大山の台詞の地位や名誉は無償では手に入らないという言葉には何処か凄みを感じた。
何故か最初に完結篇を見ると言う...。

平山のパーティーの歌のインパクトが凄すぎて.ある意味三船が吹っ飛ぶ破壊力。
hmsuga

hmsugaの感想・評価

2.8
名優三船敏郎さん、佐分利信さんが共演してるにも関わらずもったいない作品。
中島監督のひどい演出とつまらない脚本で安っぽい作品になってしまっている。ラストもおそまつ。
黒澤監督や小津監督などの数々の名作に出演していた三船さんや佐分利さんは、東映のこんな駄作に出ることはやるせなかったであろう。
三部作であるにもかかわらず同じ俳優が全く異なる配役で出演してるのもひどい。東映には俳優がいなかったのか?
それにしても昔も今も東映作品で良いと思える映画を観たことがない。
メインは関東のヤクザ、三船敏郎。しかし前半は誰の視点の話なのかが定まっておらず散漫な印象。西村晃は面白いが……。

話が明確になる後半から映画のボルテージが上がる。まさかこんな結末を向かえるとは……。

一作目で鶴田浩二、二作目で松方弘樹、成田三樹夫が退場したこともあり中島組側はパワーダウン。そのため内田朝雄が演じていた政財界の黒幕・大山役に、東映の片岡千恵蔵御大を引っ張り出す。さすがの貫禄。

三船敏郎のラストシーンでの台詞「私は人を殺したことがありません」。自分で手を下すはずがないんだから、そりゃそうだろう。
h

hの感想・評価

3.3
あまりの登場人物たちの多さに顔と名前が一致せず、没入を諦めかけた前半。
物語の軸が次第にはっきりし、面白さが加速した後半。

一作目でピンと来なかった佐分利信の極道ぶりも最終的には良かったと感じられた。

しかし、この頃の東映映画にありがちな同じ役者を全く異なる役でキャスティングするパターン、本当に混乱するからやめてほしい。
豪華キャストだけど、いまいち日本版ゴッドファーザーになりきれなかったシリーズ。

ヤクザの権力闘争と悲哀。
シリーズ3作目。個人的には2作目よりは持ち直した感があった。キャストに関しては1作目が一番豪華。シリーズ通してこの時代の役者にしか出せない重厚感は味わえる。
temmacho

temmachoの感想・評価

3.2
シリーズ完結編。

関東衆との利権争いが激化!
果たして日本の首領(ドン)は誰に…

死んだ人が他の役で復活するので混乱します。
傑作三部作

日本の"ゴッドファーザー"は仁義なき戦い…ではなく本三部作

三船敏郎、佐分利信、菅原文太etc.👍
>|