ゴッドファーザーPART IIの作品情報・感想・評価

ゴッドファーザーPART II1974年製作の映画)

THE GODFATHER: PART II

製作国:

上映時間:200分

4.2

「ゴッドファーザーPART II」に投稿された感想・評価

つらい
栄枯と盛衰の2つの世界
得る男と失う男
つらいなぁ

スパゲティのシーンが見たかったので見ました
Hinako

Hinakoの感想・評価

3.0
イタリア語慣れてないから、疲れるけど。
シリーズをイッキ観した後、「俺の大切な奴に手を出す奴は許さねぇ」っていう感覚が残るのと、暴力について考えさせられる。

それにしても長かった。
sho

shoの感想・評価

5.0
自分の中ではPartIを超えたと思っている。
ロバートデニーロ演じる若きビトーのコルレオーネファミリーを作り仲間を増やしていく過程とマイケルが力を持ち仲間を失っていく過程が同時進行で描かれ、親子の対比を見ることができた。
ゆうか

ゆうかの感想・評価

3.8
ゴッドファーザー三部作、1→3→2の順番で見ました。
やはり順序どおりに見るのが一番かもしれません。
1、3を見たときは、1は文句なしに面白く、3は3で外伝的に言われているけれどマイケルの人生を描くにはあった方がいいのではと思っていました。
でも2を観ると、全体のバランス的にはやはり3は無くてもよいか、外伝的な扱いになるのは無理ないかなとも思います。
1で繁栄(の予感)を描くなら3で衰えまで描かなくてはと思っていましたが、2で既に衰え(とまではいかないまでも)悲哀と苦悩と先行きの暗さを描いていたんですね。

望まないでファミリーのトップに就いたマイケルが、ファミリーを守るためにと必死になるうちに、いつのまにか周りに誰もいなくなって言ってしまうのが、なんとも言えず寂しかったです。
ラストの回想では食卓に一人取り残されるマイケルは、偉大な父親を慕う兄妹たちの中でも異色の存在で孤独だったのだと感じました。でもだからこそゴッドファーザーを継ぐことが出来た唯一の子供となったのかもしれません。
2回目。吹き替え。
前作でコルレオーネ一家のドンになったマイケルのその後と若き日のヴィトー・コルレオーネが如何にしてニューヨークのマフィアのボスに君臨するようになったかが平行して描かれています。2つの濃密な物語が1つにまとまった作品というだけあってボリュームがまあ凄い。

正直な感想として2つの物語を平行して描いた意図がイマイチ伝わってない気がする。マイケルとヴィトーの対比構造を映し出したかったということだとは思うのだが、にしては少し中途半端な印象を受けた。今の時代だったらヴィトーの方をスピンオフ作品として別々に世に出してるんじゃなかろうか。

とはいえ別個として観てみるとどちらも非常におもしろい。


寡黙な労働者だったヴィトーがゴッドファーザーの地位を築きあげていく過程を古きニューヨークの街並みと共に丹念に描き出している。このニューヨークの街並みの再現度が鮮やかで素晴らしい。


一方のマイケルはますます冷徹さに磨きがかかっている。実の兄であるフレドに対しての行動はとても怖かった。表と裏の顔を使い分けるマイケルの怖さが滲みでているように思えた。


ラストは前作同様とても良かった。マーロン・ブランドが出演の折り合いがつかないためにあのような形になったらしいが結果としてマイケルの切なさ・孤独感を表す素晴らしいシーンになってる。
Kei

Keiの感想・評価

4.9
現在のボス・マイケルの凋落と、ゴッドファーザーへとのし上がる若きヴィトーの対比描写が面白い。

ロバート・デニーロの存在感!マーロン・ブランドのヴィトー像を見事に演じていた。凄まじい演技力。

ラストの回想シーンが切なすぎる。
食卓に一人で寂しく残るマイケルの姿は、まるで未来の孤独な彼を示唆しているようだ。
る

るの感想・評価

4.5
圧巻の続編。
二人のドンを交差させて描く。

偉大な父をもつ二代目が悩むのは世の摂理みたいなもんだけど、その二代目を主役にしてこうも面白く描けてる作品は、映画というジャンル越えてもなかなか見つからない。

パート1では男はこうあるべきと教えられたと思ったが、このパート2ではこうあってはならないと見せられた気がする。

にしても本当にキャストが完璧... 。
前作の大ヒットで予算をドバドバ使えて特にイタリア移民街の再現性がこんなに素晴らしいのに、エアポケットのような空洞感はやはりマーロン・ブランドの出演拒否のせいだ、つくづく残念(遺影1枚たりとも使わせない徹底ぶり)。その穴埋めと言ってしまっては失礼にあたるが、ドン・コルレオーネの立身出世ぶりを演じたロバート・デ・ニーロが見事。色気がたまらんなぁ。ジェームズ・カーン含むボンクラ兄貴勢揃いの回想シーンでの‘‘孤立感’’こそがこの映画の主たるテーマだ。ボンクラな人生の方が幸せかもしれんな。
マイケルの苦悩を描くっていう大筋は理解出来たけど、細部まで理解出来なかった
人名が多すぎるし、登場人物が多くを語らないので

白く抜いた空に赤い日の色、オリーブの葉みたいな"イタリアらしさ"の記号を引き出しに加えられたので、観て良かった
202分と3時間越えの大作にビビりつつも視聴。登場人物が多いし、初代ゴッドファーザーと2代目ゴッドファーザーの話が錯綜し、かなり難解。2代目マイケルの苦悩がひたすら迫ってくる。ひたすらハードボイルド。初代ゴッドファーザーの青年時代として若き日のロバート・デ・ニーロが!
>|