ゴッドファーザーPART IIの作品情報・感想・評価・動画配信

ゴッドファーザーPART II1974年製作の映画)

The Godfather: Part II

上映日:1975年04月26日

製作国:

上映時間:200分

4.1

あらすじ

「ゴッドファーザーPART II」に投稿された感想・評価

165

165の感想・評価

-
メモ:ダースレイダー&てらさわホークの対談を見るためにシリーズ一挙見直し。
rei

reiの感想・評価

3.0
初代ドンの若かりし頃と2代目の現在の違う時系列が入れ替わり進んでいくためストーリーを把握しきれなかったのが正直な感想。
何もなかったところから得ていく初代と段々と孤独になっていく2代目が対称的に描かれており、その2代目が寂しい。
結構長かったから、2日に分けて鑑賞した。
今まで観た作品の中で一番長い!
最初どの時間軸かよく分からなくて混乱したけど、パパの話か!て分かってからは過去の話がすごく面白かった。
ロバートデニーロの若い頃初めて見た。カッコいい!!残忍なとこもあるけど、優しさが滲み出ててヴィトーの人生もっとみたくなった。
フレドが小さい頃の釣りの思い出をアンソニーに話しているところで、ヴィトーとマイケルとの息子との関係性が結構というか、かなり違ってて、仕事だけじゃなくて家族との仲もパパの姿を倣うことはしないのか…て思って少し悲しくなった。最後でマイケルがパパを思い出して苦悩しとったけど、これからどうなるのか楽しみ。3でマイケルの笑顔がみれますように
K子

K子の感想・評価

3.0
そのシーンそこまで尺いる?ってくらいとにかく長かった。デニーロ見たさに最後まで頑張りました。
ストーリの起伏が少なくて長いなと思った映画👨‍🦰正直面白さがわからなかった👥料金所のシーンでびっくりしたくらい💲
corouigle

corouigleの感想・評価

3.0
1より2が好き

それはおそらくは、
マーロンブランドより
アルパチーノ、
そしてロバートデニーロが
好きだから、ということだと思う

アルパチーノは良い
ロバートデニーロも好き

どちらかというとデニーロの方が好きかな

でも、本作はアルパチーノの話

見入る
長かった…笑
ヴィトーとマイケルの過去と現在が交差しながら進む感じ好き
マイケルの孤独感というかをすごく感じた

若い頃のヴィトーを演じるデニーロかっこいいな
ねくろ

ねくろの感想・評価

3.5
1からファミリーを築いたヴィトーと亡き父が残したファミリーを維持に苦戦するマイケル。マイケルだけの話なら物凄く暗い物語だけど若きヴィトーのエピソードが挟まることでうまく調和されていた。

このレビューはネタバレを含みます

マイケルが、ドンらしさ増してて冷酷になってきて少し悲しい😭
しおらしいフレドの表情よ、、
ラストの誕生日回想シーンでとても悲しくなってしまった。
仲のいい家族だったんだよなあ、、

時系列わかりづらいところもあったけど
デニーロパートもまた上手く対比になってたな〜!
父が築き上げた壮大な組織を継ぐには冷酷にならざるを得ないところもあるのかも🤔なめられるし、、
しょう

しょうの感想・評価

4.2

このレビューはネタバレを含みます

やはり素晴らしい作品

過去と現在の対比はもちろんpart1とは一変して家族内の抗争がより深刻化している

探り合いと裏切りが強く目立つ今作は、よりマイケルを中心としたストーリーになっており、ドン・コルレオーネとしての別格さが恐怖すら感じた

そしてマイケルとは別に過去のヴィトーどう成功していったのかが語られるが、なんといってもそのヴィトーを演じた若きロバートデニーロがとても魅力的だった

part1のオーディションでデニーロはソニーやマイケル役のオーディションを受けていたが残念ながら落選

しくしコッポラ監督がデニーロの演技力に高評価をし、part2で若きヴィトーを演じることになった

デ・ニーロは、この役を演じるためにわざわざシチリアまで赴きシチリアなまりのイタリア語をマスターした後、マーロン・ブランドのしゃがれた声を真似るために必死の練習をしたというのだから彼の演技に対する姿勢が現れた最高の役の1つでもある

part2は最高傑作と名の高い作品である所以はさまざまな所から感じられた
>|

あなたにおすすめの記事