劇場版 おいしい給食 卒業の作品情報・感想・評価

「劇場版 おいしい給食 卒業」に投稿された感想・評価

もつ

もつの感想・評価

3.8
期待を裏切らない面白さ!!

これからは甘利田先生が地方をめぐるんですよね!?
めい

めいの感想・評価

3.7
甘利田先生にまた劇場で会える喜び。
御園先生ラヴなのでとても恋しい

愛のあまり卒業後も神野とは定期的に会っててほしいと思う😢
携帯も持ってなさそうだしな・・

まだこのシリーズを見てない人が羨ましいし記憶消して何周もしたい
まゆか

まゆかの感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

今日はこの映画を観るためだけに有給休暇を取った。

おいしい給食ファンの友人と一緒に鑑賞。
友人とは映画の制作が決定してから今日まで、毎日(本当に毎日)LINEでおいしい給食トークをし気持ちを高めて生きてきた。
冗談抜きにドラマを何回も見返して今日まで過ごしてきた。
前夜には「劇場で声出して笑っちゃうかも知れない」「そもそも平日の昼間においしい給食の映画を観に来る人間たちって何者なんだ笑」などと談笑し…
いざ、鑑賞───────

いつものモノローグで始まるのが嬉しい。

「本質というのは本当はなんでもない事なのに、みんなが寄ってたかって難しくしている」
みたいなセリフにだいぶグッと来た。

ナポリタンの食べ方さすがにヤバすぎて引くほど笑った。
給食センターの人と校長が廊下から甘利田先生を観察して、「おかしいな。いつもはあの勢いのまま食べるんですけどね…」と心配していたの面白すぎた。動物じゃん。

全部面白い。笑いすぎて、なんで笑ったのか思い出せない。
ずっと声出しながら笑ってたし、劇場内の知らない人達が一緒に声出して笑ったり鼻をすすってるのが愛おしかった。
この作品、愛されている。
この作品が愛されているのはきっと、この作品に愛が沢山詰まっているからだ。
演者から「たのしい!」が伝わってくる作品。好き…
ここのレビュー欄も愛に溢れていて最高だよ〜!!!!!!!!!!!!

甘利田先生が「私はおいしい給食が大好きだ」と言い放つシーンで泣いた。給食が好きだという気持ちを彼が初めて口にしたし、タイトルを回収したから。
泣いているとバレたくなくて涙を拭うのを我慢していたら、視界の端で友人が涙を拭っていた。Love、じゃん…。
最後の給食でのジャンケンも号泣しちゃったよ…給食だよりの内容もすごく良かった。
カレーが食べたくなったよ。白飯で。

10年後とかに市原隼人と佐藤大志くんが再共演してオフショをインスタに載せたりしたらもう、エモすぎて泣き崩れるかも。

きっと神野くんは家庭に何らかの事情を抱えていて、おうちではおいしいご飯が食べられないのだろうけど…
この作品は一貫して神野くんの暗い部分を映さず、「与えられた環境で工夫し最大限楽しむ神野くん」で私たちをワクワクさせてくれる。そこがすごく好き。

給食をたべる市原隼人をずっと見ていたい。
「市原隼人の給食バンザイ!」みたいなロケ番組をやってほしい。
全国の中学校の給食にお邪魔し、共にその学校の校歌を歌い、食す──みたいな番組。やって欲しいよ。

上映が終わり劇場内が明るくなっても、数十秒間誰も立ち上がらなかった。無音。一体感。私たちは完全に仕上がっていた。
あと2回は観たい。
マサ

マサの感想・評価

3.8
シリーズ初めての鑑賞だったけど面白かった!給食にあそこまで深い道があったなんて!もっと真剣に向き合えば良かったよ。市原隼人さんの硬い部分と軟らかい部分の演技が振り幅が大きすぎてもう圧巻!酔拳はもはや経験者の動きだった!
Michihiro

Michihiroの感想・評価

4.5
Filmarksの高い点数に興味を惹かれてドラマシーズン1と前作の映画版を見たところとんでもなく面白かったので、急遽鑑賞。ドラマシーズン2を見てないのでついていけるか心配でしたが、問題なかったですね。めっちゃ面白かった。単体映画としてはどうかわからないけど、ドラマの映画版としては素晴らしい。ラストも良かった。
シーズン2見てないからか、神野くんめっちゃ大きくなってた。今後もずっと続けてほしいけど、できるかな。うまいことやれば、ずっと続けられるような気がするけど。もう何なら先生と神野くんが出てたら給食じゃなくても、いい気がする。
くー

くーの感想・評価

4.3
1作目はコロナで劇場鑑賞を泣く泣く諦めたから、今回は見られて良かった😆

中学校給食を題材に少数のキャストだけでストーリーが展開していくのに、面白さも感動もある特異な作品✨✨✨

NHKの『正直不動産』も見てるから、市川隼人の演技力の凄さに改めて驚いた。スーツのベスト?をあんなにかっこよく着られる人はなかなかいない。
そして、2は木野花さんが良いんだよな〜。

泣かせにくる演出ってわけではないのに何度も泣けた。良質な作品だと思う。
給食への熱い思いを介しての甘利田と神野の絆が最高。ゴウの卒業までを描くという有終の美に感謝✨✨✨

最近流行りのサウナで『整う』より良いなと思った甘利田先生が給食を食べ終えた後の一言なんだったかな?『仕上がった』だっけ?
食って大事だなと改めて感じさせてもらいました。
taka

takaの感想・評価

4.0
面白かったぁー
出だしのモノローグから笑える

TVシリーズも前劇場版も未見

舞台は1986年の中3ということで少しの世代差
配膳スタイル、お盆や銀食器、白米+牛乳も一緒
おまけに駄菓子エピソードもあり懐かしさで笑顔になる


こんなおバカに振り切った作品は嫌いじゃない笑
しかもこの映画からは感動をもらったし、目から鱗の学びも得られた

創意工夫の大切さ
楽しみ方も人それぞれ

TVシリーズもきっとくだらないのだろうが、普段の食生活にも応用させてもらいたい笑
sabamin

sabaminの感想・評価

4.0
市原隼人さんと監督の舞台挨拶つき上映に行きました

あっという間に完売したチケット
まずは取れて良かった

ドラマシリーズ1、2
劇場版ももちろん劇場に行って見たくらい好きな作品です

この作品の中の市原隼人さんは好きだなと思ってたけど
実際
実物見て熱く語る姿を見てしまうと
大好きになります!

作品愛
作品を愛してくれるファンへの愛も本当にひしひしと伝わってきました

舞台挨拶参加しても
あまり感動しないこともありますが
今回は頑張ってチケット取った甲斐がありました

生徒たちの成長も良かったし
最初の劇場版のラストも良かったけど
新作も終わり方が良かった!

校歌の躍りはアドリブだったり
撮影後に頑張った生徒たちに卒業証書を渡したエピソードなど愛に溢れた撮影だったことや
いろんな話が聞けて
参加して良かった

ドラマ好きな人は
行くべき!
毎週入場特典も変わったり
いろんな楽しみがありますよ
生業上のしがらみもあって半ばの義務感から見物。
でもしっかりした脚本でとても楽しめました。中でも登坂アナウンサーの管理栄養士がケッサクで。

彼が国営放送でニュースを読んでいた頃、そのあまりに人間味の感じられない佇まいに、我が家ではキョンシーという綽名をつけていたのですが、人間味を欠落させて尚且つ真面目さを失わない、給食センターの管理栄養士って、まさにアテ書きとしか思えませんでした。

アルマイトの食器が皆ピカピカで、傷も凹みもまるでなかったのはご愛嬌かしら。
本当なら給食センター厨房の調理の様子をこそ見せて欲しかったのですが…。
ntm723

ntm723の感想・評価

4.4
きっとすぐ配信されるやろうけど、待ちきれず劇場鑑賞。
もう、大満足。
いっちーの給食シーンもたっぷりあって、前半はこれ劇場で笑い堪えられるかなと心配になるほど。
神野くんの廊下の小走り可愛すぎ。

ドラマ見てない人には映画としては物足りなさとかあるかもしれんけど、おいしい給食マニアにとってはとても良い時間配分やったと思う。
卒業=シリーズ最終やろうなと分かった上で観ると、一つ一つが愛おしくて名残惜しくて、やっぱり後半泣いた。
まさかジャンケン✊✋✌️のシーンで泣くとは。

給食の時間になったら机を班ごとに向かい合わせになるの、今の子どもは出来ないんやなぁ。
なんとさみしい時代。

甘利田先生は昭和の男やなぁ。

UMASOGE缶バッチもらえてラッキー!
>|

あなたにおすすめの記事