劇場版シネマ狂想曲 名古屋映画館革命の作品情報・感想・評価

「劇場版シネマ狂想曲 名古屋映画館革命」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

シネマスコーレ副支配人、坪井さんに密着したドキュメンタリー。2016〜2018年にかけて、なのかな?

坪井さんのトークは過去に一度、池袋シネマロサ で聞いたとき、めちゃくちゃ面白くて、いつか行きたいなぁと思っていたシネマスコーレ。

コロナがいったんおさまった頃かな?名古屋方面に行く機会があり初めて訪ねた。
席数51というミニシアター、なんか音響がとても良くて、特に、音が印象的でもありそれまで何度か東京でも違う映画館で観てた作品でしたが、周り中から包まれるような、そして迫力があり、鑑賞感覚がとても新鮮でした。

とても好きになりました、シネマスコーレさん。

てことで、小学生のときの映画体験の衝撃が、ずっと坪井さんの人生を動かしてるのが肌身に感じられ、映画のあれこれをとめどなく話し続ける坪井さんのエネルギー溢れかえるこのドキュメンタリー、ほんとずっとワクワクと楽しく観た。

先日、WOWOWのキン肉マンドキュメントで、棚じゃなくてもうVHS自体を積み重ねて城壁、迷路みたいになってる部屋を見たばかりだったのもあり。

面白い!と思う監督、作品を、お客さんたちととことん楽しみつくす、ハイな坪井さんを堪能したあと、

併映されたのが、坪井さんを追い続けてきた樋口監督が、このコロナ禍でのシネマスコーレをも、ダークサイドに落ちたかのような坪井さんとともに記録していく。いっときは本当に、もうダメだ、やめる、と本気で思っていたらしいです。支配人、木全さんが、どこか楽観的にも見えたのが対照的だったが、

上映後トークでの坪井さんによると、無理に決まってる、と思う最悪な状況でも「なんとかなる」と仰っていたらしい。

でも、試写で99.9%寝てたくせに、「この作品は当たる!2週間でいこう」とか言って、ええ!?見てなかったやん、と思っても実際ヒットしちゃったりするので、支配人の感性はあなどれないのだ、と(笑)。

樋口監督によると、まだまだシネマスコーレと坪井さんを撮った素材はたくさんあり、これからも撮るようなので、続編を期待します。

あーまた名古屋行きたいなー。
面白い。
坪井さん、白石監督の舞台挨拶付き最高だった〜これをみてから映画館で前の席に座るようになりました

この映画をみたのがきっとわたしの人生ターニングポイントなので個人的大切映画
男のパンイチ(オムツ?)要らん。

みなみ会館で『恋のクレイジーロード』と1日限定上映あったので観に行ったきました。

映画好きな変態の話し。
随分前から一度行ってみたいと思っていた名古屋のシネマスコーレ。
ボクの好きな白石晃士監督と組んで色々な企画上映をされているミニシアターです。
そこの副支配人坪井篤史さんの変態的に映画を愛する日常のドキュメント。
元々はシネコンでバイトをしていた彼は、もっと映画と深く関わりたいとシネマスコーレに就職する。
休日はシネコンでキラキラ青春映画見たり、DVD化されてない作品のビデオやLDを漁ったり。
でも生活の中止には家族がいて、映画に人生を捧げてるけど家族を犠牲にしてはいない。
そんな人柄が皆を魅了するのか?
コロナで今は出来なくなった手作りのギミック満載の企画上映に一度は参加してみたい。
彼の究極の目標は映画館革命。
映画館から映画産業全体を変えて行こうとしている。

此れ観るのに車で映画館に向かっている時の話し。
警察が交通整理をしていて、フロントが潰れたトラックと右側面がボッコボコのプジョーが止まってました。
しばらく行った所で右側に新しい店が出来てたのでチラ見して前を見たら急ブレーキ?
焦ってボクもブレーキ痕が出来るくらいのパニックブレーキ。
更に進んだ所で右折レーンに止まっていると左側を走って来たバイクが交差点内でいきなり転倒、単独事故。
流石にこれだけ続くと怖くなってきました。




*********鑑賞記録*********
鑑賞日:2021年10月15日
鑑賞回:17:00〜18:50
劇場名:みなみ会館
座席情報:1F/スクリーン1 H-9
上映方式:2D
レーティング:G
上映時間:65分
備考:恋のクレイジーロード併映
**********************

NEXT▶︎▶︎▶︎『恋のクレイジーロード』
レク

レクの感想・評価

3.4
名古屋にあるミニシアター、シネマスコーレの副支配人・坪井篤史氏に密着したドキュメンタリー。

映画に対する愛情とミニシアターに対する熱い想いがスクリーンから伝わってきた。
白石晃士監督との『貞子vs伽椰子』イベント、こういう体験をしてみたいと思った。
この映画を観るのは2回目。
今回は名古屋ローカルのテレビ局制作のコロナに翻弄されるミニシアターのドキュメンタリーとの併映。
どちらも、名古屋のミニシアター「シネマスコーレ」と副支配人の坪井さんを追いかけたもの。

映画、そして映画館への愛に満ち溢れ、呆れるほど(ほめてます)の熱狂をみせてくれた『劇場版シネマ狂想曲』に対し、併映のドキュメンタリーは、コロナ禍でまさに土俵際に追い詰められ、憔悴しきった姿で劇場運営する坪井さんとスタッフを映し出す。

2本目は深刻なエンディングではあったが、この両作のギャップが坪井さんをはじめシネマスコーレスタッフの映画愛と執念、そして映画監督や役者、ファンのスコーレ愛を浮かび上がらせていたように感じた。
なんとも対照的な2本の取り合わせが相乗効果を生み、まさにその現場で観ていて、この上映がこんなに愛しく感じられるとは。

これにはさらにエピソードがある。
上映後に俳優の斎藤工さんのリモートトークショーがあって、そこでびっくりすることが起こった。
斎藤工さんが、
提案があるんですが、と前置きしたあと、
「明日からの一週間、シネマスコーレの空いた一席づつ買いたいんですが」と。
「具体的に迅速に何かアクションを起こしたかった」とも。
その突然の提案にトーク相手の副支配人
坪井さんも唖然として言葉につまっていた。

トーク内容も含め、斎藤工さんは、映画と映画館の今と未来を真剣に考えているんだと感じた。
斎藤さんにとって金額としては大した額ではないかもしれないけど、名古屋の50席程度の映画館にこんなことをしてくれるなんて、と観客席の僕らも感激だった。

これが、日本中に広がってほしいとも言っていて、
「斎藤工カッケー! 」と、スコーレ内の観客全員が心の中で叫んだはず。
(その後、斎藤さんの提案どおり、一週間全作品の一席分購入となりました)


いろいろあって、
かなり思い出深い映画鑑賞の日となったのは言うまでもない。
gigiro

gigiroの感想・評価

-
今まで興味のなかった映画を、
映画って面白い!邦画も楽しい!
を教えてくれたシネマスコーレ !
お気に入りの席は後ろの端の方。
細いメガネのおじさんいるな〜
という第一印象から
気付けば映画マニアを毎週録画をし、中日新聞の連載もチェックし、坪井さんにハマっていました。
ドキュメンタリーを観て、スコーレや坪井さん、携わる皆さんがより、とても愛おしく感じました。
これからもシネマスコーレに通い続けます!!
映画は携わる
全ての人のものであると感じる。

観ることで
観ることで
誰もが全ての映画と携わることが
出来るんだ!と幸せを感じた映画。

劇場で観れて良かった!

35年前のシネマスコーレで観た
寺山修司の3本立て…
高校生の自分には
分からない内容だったけど
強烈な印象だけは残ってる

シネマスコーレ万歳!

トートバックお勧め♪
奇しくもコロナ禍の前後の社会の激変を活写することになった新旧のドキュメンタリーを併せレビュー。
旧版のシネマ狂想曲は3回目?かな、何度観ても面白い。映画と映画館を愛しVHSを偏愛するミニシアターの名物副支配人と彼の熱に煽り煽られ暴走する人々の騒がしくも愛おしい、まさに革命の熱狂を記録したドキュメンタリーなのが旧版単体。
これに新版(名古屋ローカル局のテレビ愛知の5時スタって情報番組のコーナ物の再編集劇場版ね)が併映され一種の化学変化が起こった。
コロナ前後の社会の激変を切り撮るだけでなく、ニッチながらそれなりに盛り上がってた業界にコロナ禍がもたらした衝撃と混乱と振り回され憔悴する人々と、それぞれの立場で崛起し災厄に立ち向かう人々とを、新旧の対比で鮮やかに描き内側から実録する事に成功。行政に働きかける支配人や半泣きでも頑張るスタッフさんの姿、映画の事だけ考えていたい と語っていた副支配人が苦しい状況下で心身を磨り減らし劇場から身を引く引かないって所まで追い込まれてたなど、互いにイジりイジられながら劇場運営と映画の為に奮闘していた旧版とは違う、この新作は今の時代の話なのだと、先刻観ていた旧版の狂騒は懐かしくも幸せな前時代の記録なのだと、今更ながらの衝撃と郷愁に襲われながら新版鑑賞。
センス・オブ・ワンダーと言うならこれ以上のモノは無い気がする、シネマ狂想曲新旧併映でした。
Nao

Naoの感想・評価

4.0
シネマスコーレの副支配人である坪井さんを追ったドキュメンタリー。シネマスコーレで鑑賞したけど奇妙な感覚を味わった。我々が映画を覗くとき、映画もこちらを覗いてくる。
sumako

sumakoの感想・評価

4.0
2021.125
すごい。
映画館革命は一つ終わったら、また次、一から、それを続けるだけ。なるほどな。
竹中直人さんのナレーションの圧が。
映画沼無限。
>|

あなたにおすすめの記事