まあちんさんの映画レビュー・感想・評価

まあちん

まあちん

映画(113)
ドラマ(0)
  • List view
  • Grid view

もらとりあむタマ子(2013年製作の映画)

3.0

可愛くない前田敦子が可愛い。

団子食べてるシーンがいいなぁ。

中学生とのやり取りも良い。

生活感溢れる家(ペナントが二枚貼ってある)。

ホントに飾らない普通の食事。

タマ子の洗濯物の干し方。
>>続きを読む

LION ライオン 25年目のただいま(2015年製作の映画)

3.9

全く予備知識なく鑑賞。
副題いらないでしょ。

奇跡と運と縁の映画。

やはり幼年期のインドでのエピソードが印象的。

人は平等ではないと改めて。
国、地域、環境、親、何処に産まれるかは選べないもんね
>>続きを読む

女は二度決断する(2017年製作の映画)

3.0

予備知識も何もなく鑑賞。
120分もない作品だったのか…
ちょっと長く感じましたね。
女性に声をかける。もしかしたらと思った事がそうなり。
それからが分かるけど、長く感じてしまった。裁判の所が特に。
>>続きを読む

オンリー・ザ・ブレイブ(2017年製作の映画)

3.6

話し運びがけして上手い作品ではない。
見やすいリズムは無いし、もたつく感がある演出。

だけど各キャラクターやチームを丁寧に描く事でラスト心を揺さぶられる。

号泣。

ジョシュ・ブローリンが上手すぎ
>>続きを読む

悪の法則(2013年製作の映画)

2.7

主人公が「なにかに」関わって破滅に進んでいくが。「なにか」を明確に説明せず想像で補わねばならない作品。

「コト」が起きない前半で二度程ウトウト…巻き戻して確認。(こういう事が出来るのがソフトで見る利
>>続きを読む

デトロイト(2017年製作の映画)

3.6

143分という長尺を感じさせない。

混沌、切迫感、緊迫感、閉塞感、恐怖感、の骨太の演出にのまれる。

暴動、破壊、略奪をしっかり描く事であの理不尽過ぎる拘束の時間を深く描く事が出来るし(警官3人の顔
>>続きを読む

スパイダーマン ホームカミング(2017年製作の映画)

2.6

期待値はそこまで高くなかったのだが、ちょっとは期待してしまったのが良くなかったのか、「面白い!」とはならなかった。

敵はあの紫色に輝く何がしかで武器を作って一儲け。それは分かったが、あの凄い技術の翼
>>続きを読む

gifted/ギフテッド(2017年製作の映画)

4.3

良作。

幸福とは。
家族とは。
天才に生まれてしまう事とは。

マッケナン・グレイスちゃんが上手すぎ可愛すぎ!
あの前歯のない笑顔の可愛さ。

クリス・エバンスもとても良く。
というか作品自体を気に
>>続きを読む

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

2.9

劇中の各楽曲がメロディックでフックがあってとても良いですよね。

ヒュー・ジャックマンって色々出来るよなぁ。(さすがにシワが目立つようになってきたけど)
少年が青年になり彼女を迎えに行ったら、彼女がブ
>>続きを読む

ザ・プレデター(2018年製作の映画)

2.6

シュワルツェネッガーの1作目からダニー・グローヴァーの2作目、エイリアンと絡んだり複数出てきたりとこれまで様々なプレデターの作品が作られてきましたが。“映画”として見た場合「まぁそんなとこでしょう」と>>続きを読む

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。(2017年製作の映画)

2.7

80年代の『スタンド・バイ・ミー』を見ているようだ。少女が入り人数も増えたが、彼ら(彼女も)何がしかの悩みを抱えている。眼鏡の少年がお喋りなのも同じだ。チンピラまがいの上級生に目を付けられているところ>>続きを読む

崖の上のポニョ(2008年製作の映画)

2.5

こんなぶっ飛んだ映画だとは思わなかった!もう何でもありじゃん!
少年家族とポニョ家族と老人ホームのババアだけ幸せならば何でもあり。
町が海に沈んでも悲壮感ゼロ。
整合性なんて無い!凄ぇ。

同じ内容の
>>続きを読む

ハウルの動く城(2004年製作の映画)

2.3

・動く城の造形と動き方は見事
・作画や背景の美しさと緻密さは流石

・前半のキャラクターの作画の濃さに不快感
・ばあさんになったらからって、あんなに鼻を大きく強調させる事もないだろうに。若い時の鼻は普
>>続きを読む

アトミック・ブロンド(2017年製作の映画)

2.9

映画のリズムに乗れず。というか
いつになったらもっと面白くなるのだろうか?と見ていたら終わってしまった。

固有名詞が覚え辛い。
冷戦時のドイツという舞台を上手く
使えているとも思えず。
途中、途中の
>>続きを読む

スリー・ビルボード(2017年製作の映画)

3.8

深く残る余韻。

フランシス・マクドーマンドの演技が素晴らしさを超えている事。
サム・ロックウェルの嫌なヤツを好演。
ウディ・ハレルソンがまた!いつも癖のある悪役ばかりなのに。
彼が残すそれぞれの手紙
>>続きを読む

007 スペクター(2015年製作の映画)

2.7

007シリーズには何の思い入れもないのが前提の感想。

見終わってただ「長いよ」と。
世界各国を絵画的な見せ方で楽しませてくれるのはとても良い。
ダニエル・クレイグが演じるボンドシリーズの集大成のよう
>>続きを読む

バリー・シール/アメリカをはめた男(2016年製作の映画)

3.6

そういう「時代」の後押しもあっての滅茶苦茶さ。
考えていないようで考えている。考えているようで考えてない男をトム・クルーズが好演。
あの本当にただのバカな義弟も良かった。
綺麗ではないお金の有り難さと
>>続きを読む

アウトレイジ 最終章(2017年製作の映画)

3.7

タイトルの出方のカッコ良さ。
期待していなかった分。
利権(私欲)の為にあの手この手を考える
幹部ヤクザ。そこに義がある大友(暴力の塊)を投入することでグチャグチャになっていく様子が面白い。

「迷惑
>>続きを読む

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

4.5

Twitter上で目にする高評価と(さらっと見る)。
ポスターのデザインしか知らない
まっさらな状態で鑑賞。

最高に面白かったポン!!

本当に何にも知らないで見た方が良くて。さっきYouTubeで
>>続きを読む

ゲット・アウト(2017年製作の映画)

2.5

良い評判だと聞いていたが。
自分には全く合わず。
これの何が面白いのか?
期待していただけにガッカリ‥。
催眠術の件。あんな簡単にかかっちゃうの?とかね。

まだ母親がいるのに綿取るなよ!
バカか!!

ドリーム(2016年製作の映画)

3.6

良い評価通りの良作。
期待値がちょっと高くなってしまった
ためか、そこを超えるまでではなかったけども。

ケビン・コスナーがとても理解のある
格好いい上司を演じています。
トイレの看板(?)をハンマー
>>続きを読む

ジュラシック・ワールド 炎の王国(2018年製作の映画)

3.5

全体的に薄味。

島から脱出するまでのお話しはそこそこ面白く見れたのに、恐竜達が連れて行かれた場所が分かった途端、嫌な予感が‥
それが的中。

今作はキャラクター(人間)に魅力を感じず。誰かが何かによ
>>続きを読む

ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー(2018年製作の映画)

2.0

貨物列車を襲撃するところ迄は面白く見れていたのですが、その後は正直退屈でした。
ランドと賭けをやっているところでウツラウツラ‥
何がダメだったのでしょう?
監督の代打起用なのか?
これでもロン・ハワー
>>続きを読む

ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ(2016年製作の映画)

3.7

一番のビックリはローラ・ダーンがあんなに老けてしまった事。

実直で真面目な、しかもあのシステムを作った兄弟には「お気の毒に‥」としかいいようがないのですが。

マイケル・キートン演じる主人公が擦り寄
>>続きを読む

終の信託(2012年製作の映画)

1.8

うーん。つまんなかったなー。
尊厳死の是非を描きたいのは分かるけど。

草刈民代(基本下手くそだよね)と
役所広司を描く部分が感情移入出来なくて。
自殺未遂の件も「何それ?いつの時代の演出だよ?」と。
>>続きを読む

デッドプール2(2018年製作の映画)

3.5

コミックヒーローの映画は年齢的についていけないし、もういいかな‥と思っていた矢先のパート1は、見せ方、切り口、様々な部分が斬新でちょー面白かったワケです。

で、聞こえてくる評価はポジティブなものが多
>>続きを読む

二ツ星の料理人(2015年製作の映画)

4.0

クズになった主人公が再生するよくある物語だが。
ブラッドリー・クーパーが演技上手すぎで。

丁寧な話しの進め方が好印象。
数々の料理も美しい。
どん底まで落ちた時に、酔っ払って向かう先がライバルの所と
>>続きを読む

ライフ(2017年製作の映画)

4.0

『ゼロ・グラビティ』以前、以降という言い方でいいのか。当然この作品は以降なのだが、『ゼロ・グラビティ』をもう見てしまっている観客に対して。
映画の無重力空間の表現にそうそう驚く事はないー と分かったう
>>続きを読む

パトリオット・デイ(2016年製作の映画)

4.0

まだそこまで時が経っていない、
「あの出来事」を映画にするという事。
しかも犠牲者の方々に敬意を払いながら。
人々が楽しめるエンターテインメント作品になっている事。
うまくいった作品だから言える事だが
>>続きを読む

エイリアン:コヴェナント(2017年製作の映画)

3.0

『エイリアン』の物語の前日譚として作られらた『プロメテウス』という失敗作を見た(知った)うえで。
ポジティブな評価は聞こえてこなかった作品だけど、『エイリアン』だからと力まず、期待値を下げて見れば、マ
>>続きを読む

ドン・ジョン(2013年製作の映画)

2.9

動画>生身 という特殊?な青年を記号的に描く部分は楽しめました。
スカーレット・ヨハンソンが演じる女性も容姿はとても記号的でした。
そう。物語の中盤迄は殆ど表層的な事しか描かれてなくて。

ジュリアン
>>続きを読む

海底47m(2017年製作の映画)

2.8

このレビューはネタバレを含みます

サメが好きなので鑑賞。
低予算のB級作品だと分かっていても、予告編のその先のアイデアが余り無いように感じました。
いつ現れるか分からないサメにちょっとはドキドキ。
船に上がる時にサメにアッタクされて
>>続きを読む

パターソン(2016年製作の映画)

3.3

日々の日常。

ブルドック。
支柱が傾いたポスト。
双子。
緑色のランチボックス。
黒と白のデザイン。
ビール。
毎日「最悪だ‥」と嘆く上司。

このての粛々と日常を描く作品だと
だいたい睡魔が肩を叩
>>続きを読む

新感染 ファイナル・エクスプレス(2016年製作の映画)

2.9

評判通り良く出来た作品ですね。
列車という限定された空間が良い。

けど引き込まれる程の面白さではなく。
このての作品を見慣れてしまっているためか、ゾンビものの新しい表現やアイディアの難しさも感じます
>>続きを読む

エル ELLE(2016年製作の映画)

2.5

大量殺人犯を父親に持つおばあちゃんの特殊な性と仕事と家族のお話し。
オチはどうするんだろう?と思いながら見ていましたが大した事もなく‥。
監督がポール・バーホーベンなので期待しましたが肩透かしでした。
>>続きを読む

ジョン・ウィック:チャプター2(2016年製作の映画)

2.8

たしかにガンアクションは凄いとは思うけど。中身は薄ペラですよねぇ。
求められているのがキアヌ・リーブスのアクションなのは理解出来るけど。
そこには様々なアイディアや出来事や
キャラクターに感情移入出来
>>続きを読む

>|