13の理由 シーズン1のドラマ情報・感想・評価

13の理由 シーズン12017年製作のドラマ)

13 Reasons Why Season 1

製作国:

4.1

あらすじ

高校生のクレイ·ジェンセン (ディラン·ミネット) がある日、自分宛ての謎めいた箱を見つける。箱の中にあったのは、2週間前に命を絶ったクラスメート、ハンナ·ベイカー (キャサリン·ラングフォード) が録音したカセットテープ。そこには彼女が自殺に至った“13の理由”が録音されていた。2人の視点を通して明かされていく衝撃の秘密と真実。

原作

  • ジェイ・アッシャー

脚本

  • ブライアン・ヨーキー

出演者

  • ディラン・ミネット
  • キャサリン・ラングフォード
  • ケイト・ウォルシュ
  • Ke'Mari Moore
  • Michele Selene Ang
  • ジョゼフ・C・フィリップス
  • マイルズ・ハイザー

「13の理由 シーズン1」に投稿された感想・評価

MORwoodgarage

MORwoodgarageの感想・評価

3.8
0
『謎を掘り下げる』

現代社会。
モダニズムな作品なのに、アナログ的なアイテム。
カセットテープや地図。
まだ一話しかみてないけど、最後あたりでドキッとさせられる。
私も主人公の男と一緒に事の真相をさぐりはじめる。

1話目から掘り下げられたテーマは
SNS
ではないだろうか。
ステキな恋愛で終わるところを、
たった少しの動作。
または冷やかしで女の子のメンタルがグチャグチャになる。

可哀想に。
11eleven

11elevenの感想・評価

4.3
0
今の現代社会で起こっているアメリカの学校の自殺の実態を描いている衝撃作

僕も現代を生きる高校生ですが、こんなこと他国でも高校生活であるの本当に?と驚いたが、自殺に追い込まれる理由の本質はどの国でも変わらないと感じられた作品

このドラマは自殺や性的暴行などをとてもリアルにおそらく描かれており、このドラマを見ている途中途中見るのが自分でも辛い内容です
でも、今こういうことが世界に起きているという現実、もしかしたらまわりで自殺から、孤独から救える友達がいるかもしれない
そういうことを考えさせられた
考えさせられるだけでもいいから、僕はこの作品を観るべきだと思う

このドラマの内容は衝撃的な連続で、次はどうなる??とすごく気になる自分もいたし、重すぎて途中見ない自分もいた
最終話に関してはすごく胸に突き刺さった
ある意味こんな感じの映画でもドラマは初めてだった
脚本すごいです

驚いたのはそれだけではない
「ハイスクール・ミュージカル」などのディズニーチャンネルのドラマのアメリカの高校の輝かしい青春はどこに行った?
思い描いていたアメリカの高校と全然違う闇だった
高校生は個性的で、現代社会のティーンエイジャーぽさもあった
ジャスティンカッコよ杉よ

演技はみんな素晴らしかった
このドラマの1番重要となるハンナを演じたキャサリン・ラングフォード
主人公グレイを演じたディラン・ミネットなど他のみんなもリアルな演技をしていて、素晴らしい役者だった
レイプ犯とかめちゃくちゃ嫌な役がたくさんあるこのドラマをよく引き受けたなと役者に感激
みんなはこれからも違う作品とかで見たい役者だった
キャストのオフショットやインスタ、YouTubeでインタビュー動画の仲良い感じを見て、とても気持ちがやわらいだ
見て良かった

エンドクレジットら辺で流れるサウンドトラックで余計心が重くなる
選曲も素晴らしい

自分から見た、他人から見たはもちろん違う
その表現をこのドラマではしており、途中ややこしいところもあったり、もう少しまとめてほしかったけど、こういう技法を使わないとこの作品は成立しない

時々ハンナやクレイなどキャラクターの行動に疑問を持つこともあった(感情移入はもちろんあった)
そこら辺は曖昧でそこが納得しないかによってはこの作品の評価もだいぶ変わる
はっきり100%な答えはないし、あくまでテープはハンナ自身の視点だから、真実は分からない
でも、この自殺に対しての真実の示し方、自殺を止めるなど何が一番良い行動なのかを捉えるのがこの作品の1番大切な答えだったと思う

僕は洋楽好きで、この夏セレーナの「Back To You」を聴いてたけど、この作品観て、改めて聴くとやはり染みる

この曲はこのドラマのシーズン2の曲ですねー
もうあの完結ではなく、もう少しちゃんとした完結が良かったので、終わらなくて、良かった
全くこれからどういう話の流れになるのか分からないので、観るのが今から楽しみです
とりあえずこの作品について誰かと語りたい‼️
sherry

sherryの感想・評価

3.5
0
とても重い。だけど一気見してしまう中毒性のあるストーリー展開。

どちらかというと「3の理由」じゃんって最初は思うぐらい、1つ1つの理由は小さく見える。主人公ハンナ騒ぎすぎじゃない?って感じるぐらいに“加害者”とされる生徒たちは1人を除いては至ってフツウ。

でもエピソード進めるうちに、ハンナの気持ちがだんだん分かるようになっていく心理描写がうまかった。誰がどんな言動で傷付くかなんて正直分からないことの方が多いと思う。悪気がなくても、人が自殺する「理由」になっちゃう可能性があるっていうのは考えさせられる。些細なことが大きな変化に繋がるという考えの「バタフライ効果」って言葉がとても響いた。どんなに追い詰められて深く傷付いていても、外から見るだけじゃ簡単に判断できない時もあるのだと考えると怖くなった。

シーズン2はどう進むのか気になるところ。
Shota

Shotaの感想・評価

3.5
0
1話1話が重たくて観るのしんどかった。
学生時代、彼らと同じではないがいじめを目撃or体験してる人は多いと思う。
アメリカも日本もいじめは残酷だなぁと思う。アメリカの方があからさまな感じだけど。

シリーズ通して番組の中で相談窓口の案内を何回もしてるあたり、アメリカにおいていじめ問題がかなり深刻なんだろうなと感じました。
どりみ

どりみの感想・評価

-
0
シーズン1はすごく面白くて見入っちゃって全話を2日間くらいで観たけど、強姦、薬物、家庭内DV、LGBT、イジメ、そして自殺など様々な現代の社会問題を題材にした作品。
日本の高校ではなかなか馴染みのない過激な内容だけれど、アメリカなど海外では当たり前なんだろう。だからこそこの作品が一時、社会問題になったと言われてるのかも。
自分がした事の何が引き金になって他人を傷つけるかなんて分からない。いくら気をつけていてもそんなの分からないことも多いし難しい問題だけれど、少なくともその機会を減らすことは出来るだろうからなぁ、、

まぁうん、主人公可愛かった。
yuppi333

yuppi333の感想・評価

4.1
0
大小あれど、きっと思春期には誰しも経験したことあるはず。加害者側であれ、被害者側であれ。
ハンナを取り囲む登場人物は体育会系のみんなの人気者やチアリーダーから、生徒会の真面目な生徒、みんなからいじめられたりからかわれたりする陰キャラ層、とどこの学校にもいる人種たち。
様々な立場から、小さな暴力、時には凶悪な行為で、ハンナを追い込んでいく。
最終的には信頼していた友達、大人も誰も自分の価値を認めてくれていないと感じ、命を絶つ決断をする。
でも、誰かが勇気を出して味方になっていれば、話を聞いてあげられたら、ハンナの人生は変わっていたかもしれない。
小さな配慮や行動が、誰かをとてつもなく助けるかもしれないということを、心から感じる。
うみ

うみの感想・評価

2.5
0
ひたすら重い。見てて疲れちゃう。予告から期待値を上げすぎてしまったため、若干がっかりどころが多かったです。
ひろ

ひろの感想・評価

3.7
0
期待値を上げすぎてみてしまったため、こんなもんかっていうのが正直な感想。それでもどんどん人間関係がすごい垣間見られて考えさせられるドラマだった。
Pipi

Pipiの感想・評価

4.0
0
久々に引き込まれたドラマでした。

次々に露呈する事実に、たまに付いていけないときがありましたが全体としてはわかりやすい構成になっていてよかったなと。

ただ、アメリカと日本を比べると、きっとアメリカ人の方が共感しやすいんじゃないかな〜と思ったり。まあ当たり前なのでしょうが、カルチャーギャップというものがあって受け入れがたいシーンなどもありました。

総括すると、人間として成長できる映画かなと思います。子供たちに見てほしい。
maartjeneefs

maartjeneefsの感想・評価

4.0
0
複雑。本当に friendship is complicated.
痛くて苦しくて、水に溺れているような感覚になる…
"愛の反対は無関心" 。マザーテレサの言葉をまた思い出した。




シェリの格好が超好み。めちゃくちゃ可愛い。ジェシカの格好もかなり好き。
>|