恋は光の作品情報・感想・評価

「恋は光」に投稿された感想・評価

ma

maの感想・評価

5.0
恋とは何かを考えさせられる映画でした。
観終わった後に恋についての考え方を友人と話しましたが、それぞれの恋があって素敵だなと思えました。
夏にぴったりだと思います!
たく

たくの感想・評価

4.0
恋愛の素晴らしさを感じることが出来ました。
七瀬さんのお芝居、キュンキュンしました。
また見に行きたいと思います。
哲也

哲也の感想・評価

4.0
Filmarks試写会にて。

今までのアイドルとしての西野、初ドラ出演としての西野と大きく変わり、純粋なままの西野を見れてとても良かった。という一点。

恋を巡った議論の場面と甘酸っぱい三角関係の場面、思わず笑った場面、色々心に留めたシーンが多かった。

文系哲学恋愛映画と宣伝しているが、実際はそれにこだわらずファンタジーや閃きを込めた様々な活気がある要素が入っていて、初夏に適する映画だと感じた。
恋とは?なんて考えて生きてこなかった。
でももし聞かれたら確かに、言葉にするの難しくて、自分だったらなんで答えるんだろう、、ってなりました。

とにかく恋って素敵だな!
説明はできないけど素敵だな!
ってなったし、
一生恋していたいって感じました。
森夜02

森夜02の感想・評価

2.4

このレビューはネタバレを含みます

完成披露試写会にて。
監督さんの人柄の良さが出ているほんわかとした舞台挨拶でした。

恋をしている女性からは光が発生していてそれが見える主人公。
嫌悪感とまではいかないが、邪魔と言い切る大学生男子。
主人公と幼馴染と主人公の初恋女性の三角関係。
哲学的で論理的な恋の定義かと思いきや……
割と暴論というか、感情的過ぎる会話劇でしかなかったので少しガッカリでした。
もう少し論理的で納得出来る理由で幼馴染を選んで欲しかったです。
もしくは、個人的にどちらも選ばないという最後を見てみたかった気も。
幼馴染には母親に与えられなかった母性愛を求めているようにしか見えなかったので。
最後に好き、から付き合って下さい、の流れが個人的にしっくり来ませんでした。
初恋女性はもちろん憧れというか憧憬に見えましたし。
eri

eriの感想・評価

-
登場人物たちの恋の定義を聞いて自分も考えながら、鑑賞しました。映画でこんなに頭フル回転なことないくらい、頭ぐるぐるしていた気がします。
個人的に会話劇大好きなので、西条と北代の会話がおかしくて、愛おしくて永遠に見ていたいなと思いました
asu

asuの感想・評価

3.6
まさに“光“でした。
それは西条に見える恋の光もそうだし、映像の光も綺麗で、見入っちゃいました。

4人それぞれの考える恋の定義になるほど〜と考えさせられたし、恋って本当に概念的で、みんなが語ってるけどどれも正解でなければ不正解でもなくて。おもしろかったです。
ガイ1018

ガイ1018の感想・評価

4.5
完成披露試写会に参加させて頂きました!

お話の内容だけじゃなく、キラキラ光る描写や風景も本当に綺麗で、思わず惹き込まれてしまいました✨

それに、神尾楓珠の西条センセや、西野七瀬の北代をはじめ、4人の関係性もとても素敵でした!

内容は恋の定義でしたけど、これまで立ち止まって考えた事もなかったので、とても新鮮でしたし、『本能と学習』とか、北代が作った言葉も秀逸だと感じます。

いつの時代も変わらず、恋について考えたり、色々なことを気付かせてくれるような、本当に素敵な作品だと思いました!(^^)
すみ

すみの感想・評価

3.7
恋をしている女性がキラキラして見える……
超ファンタジーな設定が、文学的で哲学的な「こんな事言う人見たことないって」感溢れる会話も、ナチュラルにキラキラしているCG描写も包み込んで、「心地よい"作り物"感」を味あわせてくれました。
東雲役の平祐奈さんはじめ、全員真っ直ぐな眼をしてるのも良き。
笑いどころもある、ふんわり癒され系恋愛映画。
か

かの感想・評価

5.0
試写会で観させて頂きました。所々キャラクターの素の部分が出ていて、笑いあり涙ありでとても魅力的な映画でした。また平祐奈さんのセリフ量が半端ないなあと観てて思いました笑
>|

あなたにおすすめの記事