街の上での作品情報・感想・評価

街の上で2019年製作の映画)

上映日:2021年04月09日

製作国:

上映時間:130分

あらすじ

「街の上で」に投稿された感想・評価

moon

moonの感想・評価

4.0
登場人物たちの生きてる感すごい。

トリウッドから出たあと、帰り道の古着屋さんには青くんがいそうだったし曲がり角からイハちゃん出てきそうだった。

ユキちゃんずるいけどこういう女が結局最後もってくのわかる、ユキちゃんになりて〜〜
つか

つかの感想・評価

3.6
誰かの人生

よく行く下北が舞台ってことで、よく通る場所や見たことある場所がどんどん出てくる!街自体が雰囲気あるからいいよなあ
ほんとに普通の人達の人生の一部の話
他の今泉監督のに比べ普通感が強いかな。
リアル差を求めようとしすぎて逆にリアル感無いようなシーンが。あんなに空気読めない発言する人ってもっと煙たがられるよーな……

イハちゃん超可愛いし最後の表情はもう……くそぅ……
帰りに眠亭いってぶらぶらしてもーた
ス7美7テ8も8音オ6
yusuke

yusukeの感想・評価

4.0
単純な恋愛の悲劇や喜劇で収まらない独特な空気感で進んでいく映画だった。
誰かに・何かに選ばれない、ということから始まる自己の存在意義や自己承認への揺らぎ。時代を超えて誰かの記憶に残り、存在する文化は、登場人物と対照的。今大きな変化の時を迎え姿を変える下北沢の街は、そうした文化をまさにその街の上で育み、変化の中でも変わらないある種その上で暮らす人々にとって全てを包み込むというか受け止める絶対的な神のような存在として静かに存在している。そして有象無象の思いや記憶をのせて、街としての選ばれし性格を受動的に宿していく。下北沢を舞台とする必然性、というか下北沢だから生まれる物語という感じ。
おが

おがの感想・評価

-
集合するところは面白かったけどそれまでがちょっと冗長に感じた 時間経過のわかりづらさと配置がそうさせたように思う
塩

塩の感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

めっっちゃいい!
イハかわいすぎて、こんなん好きになっちゃうよ〜て思いながら観てた。
396

396の感想・評価

4.2
若葉竜也の表情見てるだけでも面白かったけど会話も聞いててなんか笑えてきた
全部繋がっててこんなこともあるのかなと思ったけどどうなんだろう
でも警察官の人があんなに話すことはないだろうな
映画館で映画観るといつもは長く感じるけどこの映画は短く感じた
今日で最終日だったみたいだから間に合って本当によかったよ
何回でも観たくなる

青、いいな〜
青いな〜
カジノ

カジノの感想・評価

4.5
去年から楽しみにしてた
始まった瞬間、あっ、好き、、、ってなってずっとニヤニヤして見てた
若葉竜也なんでこんなに良いんやろ〜〜、愛がなんだの役も良かったけど、青はさらに愛しい、本を読む演技可愛すぎたし、チーズケーキの唄すごい良かった、イハちゃんと話してる時のふにゃっとした感じも可愛かったなー
下北沢行ったことないけど、マンガの聖地巡りしてたあの子みたいに、この映画を思い出しながら巡ってみたいな
blue

blueの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

精神状態があまりよろしくないため帰りの電車でちょっと泣いた 一人の人間を真っ直ぐに愛せないこと 振り回され続けても好きでいるということ なんなんだよーー こんなの考えさせないでくれよ ここは東京じゃないし好きな女の子と下北沢デートしたいですわ… 魚喃キリコの南瓜とマヨネーズが出てきたとき、これって私の映画?となりました エンドロールに名前はなかった
評判どおり期待通りの面白さ✨
絶妙な間のどうでも良い会話のオンパレードでそれがリアルでクスクス笑いが止まらない😂
そして終盤の5人の路上での言い争いはコント💦
登場人物がどんどん繋がっていくこの監督特有の感じが心地よく、「アイネクライネ・ナハトムジーク」「mellow」がまた観たくなる✨
青(主人公)に親近感が湧き最後はモテモテだったことに気づく😎
ともや

ともやの感想・評価

4.3
ずっと観に行こうと思ってたのに気づいたらどんどん近くの映画館公開終了してて。。。
今回ぎりっぎり上映最終日に観に来れてよかった

こういう日常感ある映画好きです





珉亭のラーメンはまじでうまい
>|