TAMA映画賞 受賞映画作品 43作品

TAMA映画賞受賞作品。これまでに大林宣彦監督の海辺の映画館―キネマの玉手箱や、神木隆之介が出演するラストレター、アルプススタンドのはしの方が受賞しています。

映画賞で探す

  • おすすめ順

  • List view
  • Grid view

海辺の映画館―キネマの玉手箱

上映日:

2020年07月31日

製作国:

上映時間:

179分
3.9

あらすじ

尾道の海辺にある唯一の映画館「瀬戶内キネマ」が閉館を迎えた。最終日は、「日本の戦争映画大特集」のオールナイト興行。そこで映画を観ていた若者3人は、突然劇場を襲った稲妻の閃光に包まれ、スクリ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

中原中也の詩から始まり 以降 導かれ物語る 愛おしい…愛おしい 幻想的な美しい 忘れた遠い昔の唄 皆が映画に入っ…

>>続きを読む

寝心地の良い映画は良い映画ぞ…、ってセリフあってホッとしたよねぇ、だってところどころ記憶に無いんやもの!ぺろぺろぺろぺ…

>>続きを読む

ラストレター

上映日:

2020年01月17日

製作国:

上映時間:

121分
3.7

あらすじ

裕里(松たか子)の姉の未咲が、亡くなった。裕里は葬儀の場で、未咲の面影を残す娘の鮎美(広瀬すず)から、未咲宛ての同窓会の案内と、未咲が鮎美に残した手紙の存在を告げられる。未咲の死を知らせる…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

ジョジョラビットとはしごの先の鑑賞。 岩井俊二監督作品の「ラブレター」は現時点で自分にとっての映画オールタイムベスト…

>>続きを読む

岩井俊二作品を観るのが久々すぎて、そして懐かしすぎて、ドキドキしながら観た。 自分も宮城県出身なので、自分の故郷の周…

>>続きを読む

アルプススタンドのはしの方

上映日:

2020年07月24日

製作国:

上映時間:

75分
4.0

あらすじ

高校野球の応援に来ているがルールも知らない2人の演劇部員・安田と田宮。そこに遅れてやってきた元野球部・藤野。そしてぽつんと一人、帰宅部の成績優秀女子・宮下。安田と田宮は、訳あってお互い妙に…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

え、めちゃくちゃいい映画!!!!75分しかないからと油断してたら泣いた。泣いたし笑った、そして泣いた。めちゃくちゃ良か…

>>続きを読む

高校野球の応援に来た冴えない4人の高校生がアルプススタンドの隅っこで繰り広げる青春群像会話劇。 さまざまな想いを抱え…

>>続きを読む

音楽

上映日:

2020年01月11日

製作国:

上映時間:

71分

ジャンル:

4.0

あらすじ

楽器を触ったこともなかった不良たちが思いつきでバンドを組むところから始まるロック奇譚。

おすすめの感想・評価

無軌道。 音楽に触れたことがある人間、いや映画にしろスポーツにしろ恋愛にしろ、人生で何か琴線に触れる出来事があった時…

>>続きを読む

7年間も一人で描き続けた事と作品の出来は関係ないぜ岩井澤監督って構えて観たがなめてた!面白い!独特の空気感にハマる!突…

>>続きを読む

嵐電

上映日:

2019年05月24日

製作国:

上映時間:

114分

ジャンル:

3.4

あらすじ

鎌倉からやってきたノンフィクション作家の平岡衛星(井浦新)は、嵐電の走る線路のそばに部屋を借り、嵐電にまつわる不思議な話を集める取材を開始する。そこには、衛星と彼の妻・斗麻子(安部聡子)が…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

gyaoで視聴。キネ旬邦画ベストテン・2019年度第9位。 京都の路面電車・京福電気鉄道嵐山本線・通称「嵐電」(らん…

>>続きを読む

『ジョギング〜』も『ゾン〜』も無理無理で、もう一生鈴木卓爾監督作は観られない…と思っていたから当時スルーしてしまったが…

>>続きを読む

長いお別れ

上映日:

2019年05月31日

製作国:

上映時間:

127分
3.8

あらすじ

父、昇平(山崎努)の70歳の誕生日会。久しぶりに集まった娘たちに母:曜子(松原智恵子)から告げられたのは、中学校校長も務めた厳格な父が認知症になったという事実だった。夢も恋愛もうまくいかず…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

clipしたまま…ずっと観る事が出来ずにいました…* 4月の終わりに…母が認知症の初期の段階…と…診断されたから…*…

>>続きを読む

Netflixにて配信開始 テレ東開局55周年記念作品。 このテーマ、認知症とその進行による家族の様々な負担と判断。…

>>続きを読む

天気の子

上映日:

2019年07月19日

製作国:

上映時間:

114分

ジャンル:

3.7

あらすじ

「あの光の中に、行ってみたかった」 高1の夏。離島から家出し、東京にやってきた帆高。 しかし生活はすぐに困窮し、孤独な日々の果てにようやく見つけた仕事は、怪しげなオカルト雑誌のライター業だ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

甘酸っぱい高校生の恋愛とファンタジーを絡めた本作はこれはこれで好きだけど、 「君の名は。」の方が個人的に好きだ! 家…

>>続きを読む

8.1_大泉#1 世界とセカイの共存 いきなり比較論で始めてしまうが、君の名は。よりも物語に入り込めて断然楽しめた…

>>続きを読む

新聞記者

上映日:

2019年06月28日

製作国:

上映時間:

113分
3.7

あらすじ

東都新聞記者・吉岡は、送り主不明の「医療系大学の新設」に関する極秘文書を元に、許認可先の内閣府を洗い始める。ほどなく神崎というキーパーソンに行き当たるが、神崎は投身自殺を遂げてしまう。一方…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

【過去に観た映画】2019.7.6 攻めてる!凄い!観るべき!と熱い評価。 評判通りの映画であった。 役者は皆、抑…

>>続きを読む

新聞やテレビに流せる「事実」を担保するのは誰か、あるいはなにか。 新聞に載せられる事実性や責任を保証してくれるのは、…

>>続きを読む

万引き家族

上映日:

2018年06月08日

製作国:

上映時間:

120分

ジャンル:

3.9

あらすじ

高層マンションの谷間にポツンと取り残された今にも壊れそうな平屋に、治と信代の夫婦、息子の祥太、信代の妹の亜紀の4人が転がり込んで暮らしている。彼らの目当ては、この家の持ち主である祖母の初枝…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

家族がテーマの映画はみな嫌いですが、これは例外です。 映画が提示する家族は柔軟です。つながりは機能的で、経済的にも愛…

>>続きを読む

万引き家族 🇯🇵東京都荒川区 貧しい中にも役割と愛がある。 ある境遇で一緒に住んでる家族6人。 🧓🏻🧔🏻👩…

>>続きを読む

寝ても覚めても

上映日:

2018年09月01日

製作国:

上映時間:

119分
3.5

あらすじ

突如姿を消し、朝子が心のどこかで思い続ける運命の人・麦を、掴みどころのない不思議な佇まいで具現化し、一途に朝子を想う・亮平を、やさしさと包容力で体現したのは東出昌大。初の一人二役で新境地を…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

再見 三宅唱『きみの鳥はうたえる』と併映で。 きみ鳥を見た直後は三宅やっぱいいなと思ってたけど、直後に最早破綻してい…

>>続きを読む

251本目。 実はこの作品、あんなことになってしまった以前にも借りたことがあったのだけれど、冒頭数分を観ただけで再生…

>>続きを読む

モリのいる場所

上映日:

2018年05月19日

製作国:

上映時間:

99分
3.7

あらすじ

自宅の庭には草木が生い茂り、たくさんの虫や猫など、守一の描く絵のモデルとなる生き物たちが住み着いている。守一は30年以上、じっとその庭の生命たちを眺めるのを日課にしていた。普段、守一は妻の…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

結構ケラケラ笑える楽しい作品。同時に、主人公・モリじいさんの豊かな世界の見え方を体験できる、贅沢な逸品でした。 本作…

>>続きを読む

昭和時代の画壇で活躍した熊谷守一の晩年を「南極料理人」の沖田修一が実話エピソードを混じえたフィクションをユーモラスに描…

>>続きを読む

カメラを止めるな!

上映日:

2018年06月23日

製作国:

上映時間:

96分
3.8

あらすじ

とある自主映画の撮影隊が山奥の廃墟でゾンビ映画を撮影していた。本物を求める監督は中々OKを出さずテイクは42テイクに達する。そんな中、撮影隊に本物のゾンビが襲いかかる!大喜びで撮影を続ける…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

2021年27本目 久しぶりの邦画。 3年くらい前に超話題になったけど、出遅れていまさらの鑑賞。 幸いにもストーリ…

>>続きを読む

1917の長回しよりこっちのほうが すごくない??ってなる映画w CG無しだよね・・・これ・・? いつもなんとな~く…

>>続きを読む

散歩する侵略者

上映日:

2017年09月09日

製作国:

上映時間:

129分

ジャンル:

3.4

あらすじ

数日間の行方不明の後、不仲だった夫がまるで別人のようになって帰ってきた。急に穏やかで優しくなった夫に戸惑う加瀬鳴海(長澤まさみ)。夫・加瀬真治(松田龍平)は毎日散歩に出かけて行く。一体何を…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

映画自体の圧倒的面白さ、味わい深さの前に黒沢清監督は丁寧な監督だなあと改めて感じました。 画面の奥行き、照明、カメラワ…

>>続きを読む

上手く言えないけど、めちゃめちゃ好きな作品。 映画館には二回観に行ってて、今日、三回目を観た。久しぶりだった。評価がそ…

>>続きを読む

映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ

上映日:

2017年05月13日

製作国:

上映時間:

108分
3.6

あらすじ

渋谷、新宿。二人は出会う。優しくてぶっきらぼうな、最高密度の恋愛映画、誕生。 看護師として病院に勤務する傍ら、夜はガールズバーで働き、言葉にできない不安や孤独を抱えながらも、誰かに甘える…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

頑張れ 大都市に埋もれそうな孤独や言葉にし難い不安。 「どうでもいい奇跡」ですらありがたい焦燥感を、どう埋めていくの…

>>続きを読む

日本映画の草創期を築いた大監督が掲げた三大原則は、「1 スジ、2 ヌケ、3 ドウサ」。スジは脚本、ヌケは映像、ドウサは…

>>続きを読む

バンコクナイツ

上映日:

2017年02月25日

製作国:

上映時間:

182分
3.7

あらすじ

タイの首都、バンコク。日本人専門の歓楽街タニヤ通りの人気店、「人魚」でNO.1 のラックは、イサーン(東北地方)からバンコクへ出稼ぎに出て5年が経った。日本人のヒモ、ビンを連れまわし高級マ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

タイ・バンコクの歓楽街“タニヤ通り”でNo,1の娼婦として働くラックを中心に人々の生き方を描いた群像劇。 お金の為に…

>>続きを読む

「娼婦・楽園・植民地」をテーマにした映像制作集団・空族の本作では、タニヤ通りの人気タイ人娼婦ラックと元自衛隊隊員で風来…

>>続きを読む

夜は短し歩けよ乙女

上映日:

2017年04月07日

製作国:

上映時間:

93分

ジャンル:

3.6

あらすじ

クラブの後輩である“黒髪の乙女”に思いを寄せる“先輩”は今日も『なるべく彼女の目にとまる』ようナカメ作戦を実行する。春の先斗町で、夏の古本市で、秋の学園祭で、乙女に近づこうとやっきになるも…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

う〜ん、、 世界観にあまり馴染めなかった 一応、原作既読。 だけど最初独特の文体に馴染めず途中で挫折して、数ヶ月後再…

>>続きを読む

「こうして出逢ったのも、何かのご縁」 で締まるアニメ映画。 #森見登美彦 の原作を#夜明け告げるルーのうた 等 の#…

>>続きを読む

夜明け告げるルーのうた

上映日:

2017年05月19日

製作国:

上映時間:

113分

ジャンル:

3.7

あらすじ

寂れた漁港の町・日無町(ひなしちょう)に住む中学生の少年・カイは、父親と日傘職人の祖父との3人で暮らしている。もともとは東京に住んでいたが、両親の離婚によって父と母の故郷である日無町に居を…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

湯浅政明監督作品 脚本は吉田玲子 複雑な気持ちを胸に秘める人間の少年と、純真な人魚の少女との出会いと別れを描く ア…

>>続きを読む

「スキ!スキ!スキ!スキ!」 もう来年から夏の風物詩は 「サマーウォーズ」から「ルー」に。 「蛍の墓」から「この世界…

>>続きを読む

オーバー・フェンス

上映日:

2016年09月17日

製作国:

上映時間:

112分

ジャンル:

3.6

あらすじ

家庭をかえりみなかった男・白岩は、故郷の函館に離婚して戻り、職業訓練校に通いながら失業保険で暮らしていた。日々の楽しみもなく、ただ働いて死ぬだけ、そう思っていた。ある日、訓練校仲間の代島に…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

蒼井優さんとオダギリジョーさんが主演ってだけで私としてはもう満足なんだけど、全体的な雰囲気とか物語の流れも好きだった。…

>>続きを読む

初見かと思って見始めたら2度目だった😅 オダジョーに釣られてまた見てしまった。 オダギリジョー×蒼井優の独壇場かと…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

人の噂は真実とは無関係に2倍3倍10倍に膨れ上がり、忘れられるのに75日も待ってはいられない。 営んでいた評判の漢方…

>>続きを読む

Amazon primeで配信が始まったので、見てみました。 関西を代表するコメディ女優である藤山直美さんの演技が見ら…

>>続きを読む

ディストラクション・ベイビーズ

上映日:

2016年05月21日

製作国:

上映時間:

108分
3.3

あらすじ

愛媛県松山市西部の小さな港町。海沿いの造船所のプレハブ小屋に、ふたりきりで暮らす芦原泰良(柳楽優弥)と弟の翔太(村上虹郎)。日々、喧嘩に明け暮れていた泰良は、ある日を境に町から姿を消す―。…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

 『イエローキッド』(09年)や『MINIFUNI』(11年)などの作品で知られる映画監督 真利子哲也の商業映画デビュ…

>>続きを読む

何この救いようのないほどの退廃的映画は…というのがファーストインプレッション。 ところがどっこいこの糞すぎる物語でも…

>>続きを読む
>|