ブラウン・バニーの作品情報・感想・評価

「ブラウン・バニー」に投稿された感想・評価

セックスシーンが演技じゃないらしいので観た
情けないのがカッコいい
ten47

ten47の感想・評価

3.6
ヴィンセント・ギャロ節の映画はオチまでがすごく長いし単調で抑揚がないし愛を求め続ける弱い男だけど、終盤だけ素晴らしすぎるから見終わった後満足してしまうので何か悔しい...
失恋物の主人公は女ばかりで男が悪い奴らに扱われいるものが世の中溢れすぎだけど、もっと純粋な男達が失恋しているってのが本当の現実
Thankyou

Thankyouの感想・評価

3.0
Particularly difficult to put a plain rating on this film because of its excessively original and unheralded way of portrayal; I don’t deliberately refer to what it actually is here, but that’s comprehensively unacceptable for a certain portion of people, particularly conservative filmaholics. Except that, artistic visual by Gallo is decently captivating and vibrant.

見てから数年経つと、結局は問題のシーンしか思い出せなくなってしまう。

そんな議論はしつくされて、今さらだけど、
やっぱりそうしなかった方が、
話を今でももう少し覚えていられた。

でも、そもそもこの映画だって、クソだぜ、知らねーよ、勝手に忘れろよ、
俺は俺のために、つくったんだからさ、

って思うと、映画の評価の無意味さを強調している、大事な要素と言えるのかもしれない。

だからこの映画を愛してしまう人や、
なんなら救われてしまう人もいるだろうな、と思う。
オチはすぐに読めたし退屈だったけど、自己陶酔の塊をこんなに直球にぶつけられると逆に面白くて笑った、嫌いじゃない
tk

tkの感想・評価

3.0
「バッファロー'66」と同じ。あまりにも情けないのでちょっとずつしんどい。

実際退屈と遣る瀬ない男の話

他のやり方があったにせよ、バドの罪悪感と記憶を拾うためには重要か、まあギャロに必要だったのかも知れない。
とにかく私は彼のように100男性視点で情けない愛の映画をみたことがない。

面白いことはないので好きか嫌いか
stalkaway

stalkawayの感想・評価

2.5
正直、なんでこの映画を見始めちゃったんだろうと言うぐらいに退屈で眠くなる。説明がほぼないし、男の行動が意味不明(厳密には意味不明では無いけれど)。なんでこれが高い評価なのか分からずにただただ時間が過ぎるのを待っていた。
が、最後の20分くらいで目が覚める。衝撃の事実。驚き。愛って悲しい。
agasa

agasaの感想・評価

-
DVDのオーディオコメンタリーでヴィンセント・ギャロがカンヌだったかヴェネチアだったかの映画祭の客からこの映画の内容に対して非難を浴びた事をずっとグチグチ言ってるのは面白かった。
Kyosuke

Kyosukeの感想・評価

3.5
評価すべき10分間と、ヴィンセントギャロのアート自慰な80分。物議醸し作品だとは思うが、ギャスパーノエほど脳内にこびりつかない。
ヴィンセント・ギャロの
ヴィンセント・ギャロによる
ヴィンセント・ギャロのための作品。

でも悪くない。

作品としてはロードムービーなんだけど
どちらかといえばファンタジーというか
イメージムービーというか
…という感じで話が進んでいく。
デイジー、リリィ、ヴァイオレット、ローズ…そしてまたデイジー。
みんなお花の名前の女の子達を渡り歩き、昔の思い出を掘り起こしていく。
バイクレーサーの主人公バドの試合を渡り歩く旅に同行していく私達。

全てがリアリティがない展開。

でも、そこにズシンと落ち込む(バドにとっての)現実。

フワフワした前半とは
裏腹の後半

コレですよコレ。
このギャップがギャロのギャロたる所以。

コレにハマりたくてギャロ作品見るんだよ。
>|