マイ・ブルーベリー・ナイツの作品情報・感想・評価

「マイ・ブルーベリー・ナイツ」に投稿された感想・評価

eri

eriの感想・評価

3.7
・ここがよかった!と明確なところはないけど、とにかく雰囲気がたまらない。
・ジュード・ロウの包容力とノラ・ジョーンズの可愛さが魅力的。
・二人のセリフの間や無言の時間が切なくて印象的だった。
・ブルーベリーパイがめちゃくちゃ食べたくなる!
・深夜に1人でウトウトしながら観たい。
errn

errnの感想・評価

3.4
お酒飲みながら観たいな。
映像素敵だった。
なんだかしみじみしてしまう内容。
HiNAKO

HiNAKOの感想・評価

3.9
ベタ甘のよくある手の
ラブストーリーかと思って
食わず嫌いだったんだけど

めっちゃ好きだったナニコレ

愛も人生もまだよく分からないけど
大切にしたいと思う気持ち、
涙を流したいと思う気持ち、
抱き締めたいと思う気持ち、
忘れちゃいけない。

それが上手く見えなくなってても
言い訳みたいに後で付け足した涙でも
今、大切にしたいと思う気持ちを
犠牲にしちゃいけないな。

次の大切なものを逃さない為にも。

なんてことを主人公は
学んで大人になったのだろうか?

切なさと愛おしさが
同時に込み上げるナンダコレ


映像も本当に綺麗で
夜のネオンの色合いが
最高に好きでした。

こんなラブストーリーの映画、
もっと増えてくれたらいいのに
もりり

もりりの感想・評価

2.0
ジュード・ロウ好きで見た。
DVD安かったから
買ったけど、1回しかまともに見てない…

これ見たらブルーベリーパイ
食べたくなる。
全体を通してゆっくーり展開する映画でした。特に驚くシーンとかはないけど、細かい描写が綺麗な映画でした。
編集の仕方が芸術要素高めな感じ!
そしてジュードロウ様ありがとうございますイケメンすぎでした。
⭐️ ニューヨークから5.603マイル
あなたのブルーベリー・パイが恋しい。

 「花様年華」「2046」のウォン・カーウァイ監督が、自身初の英語作品に挑んだラブ・ストーリー。これが映画デビューとなるノラ・ジョーンズを主演に迎え、愛に傷ついたヒロインの心の彷徨を優しく見つめる。共演にジュード・ロウ、ナタリー・ポートマン、デヴィッド・ストラザーン、レイチェル・ワイズ。
 ニューヨークのとあるカフェ。失恋したエリザベスは、この店のオーナー、ジェレミーが焼くブルーベリー・パイを食べ少しだけ心癒やされる。それでも、なかなか別れた恋人のことが忘れられない彼女は、ついに宛のない旅に出る。仕事をしながらメンフィス、ラスベガスとアメリカを横断していくエリザベス。彼女はその先々で、それぞれに愛を求め愛に傷つく人々と出会い、彼らと束の間の時間を共有していく中で新たな自分を見いだしていく。
papikO

papikOの感想・評価

-
最後のノラジョーンズの曲が染み入る作品。
信じたくなるラブストーリー
ラブコ

ラブコの感想・評価

4.0
ジュード・ロウとノラ・ジョーンズの美しさ。

黄昏るレイチェル・ワイズの横顔の美しさ。

全体的な映像美。
Hikari

Hikariの感想・評価

3.0
ノラジョーンズが好きだから見た。

サントラはとてもいい。
ストーリーそのものはあまり好きではなかった。セリフもあんまり生きていなかった

でも、映像の雰囲気がとてもオシャレだった。全く知らない街に行って一人で生きている女性が強いけどどこか心細さもあって、励まされたりする部分はあった
takumi

takumiの感想・評価

4.4
雰囲気がとても好きなラブストーリーです。

失恋した主人公がジュード・ロウのカフェに訪れるところから始まり、その後旅に出た彼女が成長して帰ってくるというストーリー。

ガラス越しに映したり、色彩が豊かだったりと、映像の雰囲気がとてもオシャレです。旅先でのレイチェル・ワイズやナタリー・ポートマンとの出会いもステキです。ノラ・ジョーンズはかわいいし演技もちゃんとしてて良かった。音楽もオシャレ。そしてポスターにもなってるキスシーン、やばいです。

ブルーベリーパイが食べたい!
>|