RUBIKON ルビコンの作品情報・感想・評価

「RUBIKON ルビコン」に投稿された感想・評価

hiropon

hiroponの感想・評価

2.8
 
2022年 オーストラリア製作 〜 SF
アドベンチャームービー __ 🇦🇺🪐☄️

オーストラリア映画って 割と良い作品
が多いイメージだったんですが 〜たまに
は 仕方ないけどミスったー 🤫💥
 
ここ最近 良い作品に出会えてきたけど
遂に途絶えた …… 無理矢理 良い作品に思おうとしたけど 無理だったなぁー 😮‍💨💦

完全にSFの選択ミスでしたねー 〜 ジャケ写「アベンジャーズ」製作チームに 僕は勝手にやられましたー …… 😂💦

もっと壮大な 冒険を期待して観たけど 〜 終始 宇宙船みたいなセットでの コント感を十二分に味わえた 作品なのかも 〜 SFコントファン向けだと思いますー 〜 すいません 🙀✨



✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨ 
ぺいる

ぺいるの感想・評価

3.2
セットもしっかりしてるし、毒ガスが広がる地球の映像も見ごたえあって宇宙SFとしての体裁は十分。ただ思考実験的な面が強いので、パニックやサバイバルを期待すると「なんか違う……」とはなるかも。

つまらなくないし、発想は面白いと思うけど、いかんせんまどろっこしい……
VOICE6963

VOICE6963の感想・評価

3.1
割と自分勝手な3人組が勝手な行動で二転三転する話

面白いのかわからなかった。
JIZE

JIZEの感想・評価

2.6
2056年毒性を帯びた霧で覆われた地球を舞台に降下中のロケットが汚染された大気層に阻まれ究極の選択を強いられるクルーたちの行方を描きだす。オーストラリア産。事態の進捗よりも、緊迫感の煽りかたはA級映画並みのクオリティがあった。またどちらかと云えばパニックというより人間間の思惑のヒューマンスリラーに趣向は置かれている。『アベンジャーズ(2012年)』のVFXのスタッフが集結しているのも、スペースムービーとしての力量が反映されたものだろう。わりと早い段階でチームが分裂したり最少人数になるため、帰還するか留まるかの選択をめぐったスリラー、というジワジワ追い詰める系譜の着地。夏も終わりに近づきこの時期に宇宙の大スペクタクルにひたってください。
ハッキリ言って面白くない!
寝ない様に頑張ったが何回も寝落ちしまくりで参った😂😂(-_-)zzz

最初はハラハラシーンが有ったりして何か面白そうと思って観てたけど…?
ある程度居た登場人物は早々に居なくなっちゃうしそれからは宇宙ステーション?内の3人芝居が終わりまで

藻が酸素を作るって設定はちょい前にヴァル・キルマー(トップガン マーヴェリックを観たから)がイケイケドンドンだった頃が観たくて再鑑賞したレッドプラネットと同じ設定

一応SFサスペンスなんだろうけど盛り上がるのは最後にチョロっとだけ
とても新作映画には思えない🤷‍♀
この作品の面白さが何処に有るのか教えてほしい🤣🤷‍♀
テツ

テツの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

もはや環境汚染で地球に住めなくなった未来。

宇宙ステーションで、3人の思惑が展開して、ちょっとスリリング。

ラストは、ちょっと飛躍し過ぎて娘が大きく育ってた。
思わぬ地球からの交信で、この後の展開が気になる。
けい

けいの感想・評価

4.7
場面は宇宙ステーションの中だけで、ほとんどが3人だけで繰り広げられる物語。
しかしその中で二転三転の展開を繰り広げる。
最後の締めくくり方も良かった。

あなたにおすすめの記事