冒険者たち ガンバと7匹のなかまの作品情報・感想・評価

冒険者たち ガンバと7匹のなかま1984年製作の映画)

製作国:

上映時間:80分

ジャンル:

3.4

「冒険者たち ガンバと7匹のなかま」に投稿された感想・評価

仮想島 ノロイ島。


◉子供に見せたい冒険劇名作アニメ!
★彡これは冒険心をくすぐられる仲間との友情ストーリーで、泣けるし怖いし、笑えます!
ややラスボスが怖いので、小学校低学年の怖がりの子供は注意(笑)怖がりは4年生以上がオススメ!

◉絵のタッチが独特で記憶に残る!
★彡ネズミたちの可愛さと🐭島や海の怖さのタッチが絶妙です。またネズミたちの目線から描く人間や物の大きさ表現は、当時見た時は壮大なスケールを感じました。


◉99A点!当時の記憶採点
小さい頃に見たけど、すごく心動かされた。立ち向かう勇気って本当必要だなって
何故か高校の時、学校で上映会があったんだよな。当時の実行委員会はよほどセンスがあったと見える。

今作はやはり神がかってる。TVシリーズの総集編作品でコレを超える物は無いんじゃないか?
70年代のテレビシリーズで、10年後くらいに公開された総集編だけど、2010年代末の昨今の目で観ても、絵が古く無い!!!

やっぱりさ、出崎統の演出・小林七郎の背景・芝山努の画面設定など、個性あるクリエイターが実力を発揮したことでしょう。
絵柄の鮮度でいえば、小林七郎の描く背景美術は一向に衰えない。描き込み過剰のリアリズムじゃない。アーティスティックに筆のタッチを大胆に残したからこそ、時代に左右されない普遍的な美術となった。

省略の美学、とでも言ったら良いのか?
これは出崎演出にもいえる。緩急の付け方や止め絵・ハーモニーなどリミテッドアニメで培ったテクニックの数々。

さらに出崎曰く、今作は虫プロ系と東映系の技術の最も完成された融合だとのこと。東京ムービーのAプロ班の作画に、出崎の虫プロ系演出との合体を考えれば、今作の完成度の高さも納得、というもの。

例えばさ、「海が見たい」と言ったガンバが、実際に青い海を見るまで結構時間がかかる。夜だったり曇っていたり。船酔いを押してやっと見る青い海の美しいことよ。
小林七郎の背景動画の波に、それまで焦らしに焦らす出崎の手腕。素晴らしいね。

また、キャラもみんな立ってる。ガンバ・ボーボ・ヨイショ・ガクシャ・シジン・イカサマ・忠太。
ノロイに教われた島のネズミを助けるため海を渡るガンバ達一行。
要は七人の侍なんだよね。そして出崎はノロイに白鯨のモーヴィーディックをイメージしたそう。ストーリーもワクワクする要素いっぱい!

その上、曲も良いんだせ。クィーカがなる中でガンバガンバ!ガンガンガンバ!と歌が流れるとそれだけで体温が上がる。

こういう良作は定期的に子供の目に触れるようにしてほしいなぁ。ジブリがニュープリントを上映して、日テレで毎年放送すりゃ良いのに!
青二歳

青二歳の感想・評価

4.6
〽︎しっぽを立ッてろ〜♪٩(ˊᗜˋ*)و
はぁガンバたち可愛い…そして日本アニメ史上最恐キャラクターのイタチは本気で恐い。劇場用に仕上げられたアニメシリーズ総集編('84)。やっぱり自分はこういうリミテッドアニメーションが大好きだ!30年前なんて思えない楽しさ。

キュウキュウ鳴くイルカが肝付兼太さんだったり、脇役も超豪華。
海に憧れてやまないガンバが初めて見る海は、夜の雨降る薄暗い恐ろしいものだった…でも「よ、夜だからさ!」と憧れを捨てられないガンバが愛らしい。この冒険譚は海なし県ならぬ海のない町に生まれ育ったガンバの、海へのとどまらぬ憧憬が根底にある。ガンバの何事にも前向きな姿勢、好奇心の強さが表れていて印象的なシーン。もちろんこれは頑固さの現れでもあって、ガンバの欠点でもあるんだけど。

また長老が客人に手元にある食料を全てあげるシーンがとても好き。命がけで助けに来てくれた客人には命がけで礼を尽くす姿に感涙。
オープニングからカッチョよすぎる。

下町の町並みを俯瞰でとらえたファーストカット。
ゆるやかにカメラが移動していくかと思えば、突如として猫の鳴き声。
と同時に香港映画並みの高速3連ズームで路地裏の猫にズームインし、素早くカット切り替わって階段から空き缶が転がり落ち、勢いよく車道に飛ばされたかと思いきや、そのまま河にチャポンと着水し、空き缶の中から主人公・ガンバがひょこっと顔を出す。

この一連のリズムとかタイミングが完璧すぎる。鳥肌が立ちます。

本編に関しては、イタチによるネズミの大量殺戮の血しぶきが印象的。
ノリがもはや劇画という。
傑作TVアニメ「ガンバの冒険」の後日談を描いたアニメーション映画。

出崎統の代表作。

俺はこの作品で、絶望や死、希望や勇気について教わった。
ゆきの

ゆきのの感想・評価

3.0
懐かしい!
何度も何度も見たけどストーリーを忘れてしまった。
子供ができたらもう一度見ようかな
JAmmyWAng

JAmmyWAngの感想・評価

3.8
ガンバの冒険は、出﨑統作品の中でも一二を争う傑作。
それぞれの特徴を生かして困難に立ち向かう、個性あるネズミ達、子供向けではないハードなストーリー、そしてカリスマイタチのノロイ。様々な要素が魅力的に混ざり合っている作品だが、個人的にはガンバ達が走る姿はいつも一生懸命に描かれている点が、最大のポイント。
koji

kojiの感想・評価

3.0
猫が悪魔のように表現されてる(笑)
ネズミからしたらそうなんかな~
Arika

Arikaの感想・評価

3.5
懐かしいな。。。
ネズミたちの大冒険‼️
”尻尾をたてろー‼️”

小さい時何回もビデオで観ました
ノロイさんはイタチかな?
イタチは、うさぎも鳩も
綺麗に食べるらしいですね
コワァ〜(´・Д・)

サイコロの
”ぐうぞろのちょう”?
はこれで覚えました(笑)
>|