鹿島灘の女の作品情報・感想・評価

「鹿島灘の女」に投稿された感想・評価

moku

mokuの感想・評価

3.7
茨城の水郷地帯の農村風景だけでも一見の価値あり。
鹿島灘の漁村に住む若者達がそこへ出稼ぎに行く話だけど、家族のゴタゴタに 恋のもつれに 嵐は来るし…と話は盛りだくさん。
稲刈りシーンでいちいち景気のいい音楽が流れるのも印象的。
受け入れ先の一家、杉村春子の母に、子供が山村聰、今井健二、沢村貞子って言うのは見た目からして飲み込むのに時間かかったけど…。


<俳優が監督するとき @ シネマヴェーラ>
AS

ASの感想・評価

3.6
まさかの卜全スタートに胸が高鳴ったのは内緒。
ロケーションそのものや作業風景が素晴らしいだけにいっそのこと労働讚美映画に徹するべきだったのでは。恋愛譚にも青春譚にも結び付かず散漫な印象。
鹿嶋や利根川以南の佐原の風景も見たかった

@シネマヴェーラ
すごく現代的な映像が好みではなく、乗り切れなかった。ドラマでも話題になった雨の中の稲刈りもうーんと思う。「俺はおまえみたいな素直な女と付き合う男じゃないんだよ」とかいうセリフには、人生のある種の真実を見たような気分になった。

「俳優が監督するとき」@シネマヴェーラ渋谷
一

一の感想・評価

-
貧しい漁村の若者が季節労働の出稼ぎで稲刈りしに行くというずいぶん地に足のついた話だけど結構面白い。冒頭の漁村での地引き網や、稲刈り・脱穀・精米・水害への対処など、シネスコの教育ビデオといったかんじである(作業のシーンの度に戦意の高まりそうな音楽がかかるのはちょっと笑う)。リアリズモな労働シーンにプラス江原真二郎の苦難の旅。行方不明になったと思えばマグロ漁船でハッピーエンド。清々しい。にしても日焼けで黒々とした杉村春子の子供が山村聰と沢村貞子っていうのはさすがに無理があるだろ。
Josh2000

Josh2000の感想・評価

3.8
そんな昔の話じゃないのに農業メチャ大変だなー。漁村から農家への出稼ぎの風習があった事やその時代の生活のディテールなど興味深い内容に溢れていた。もっと評価されてもいい作品だと思う。