愛の選択の作品情報・感想・評価・動画配信

「愛の選択」に投稿された感想・評価

さやか

さやかの感想・評価

3.7
大好きな監督の1人、ジョエル・シューマカーさんが亡くなったと昨日報じられました。幅広いジャンルで話題作を量産した職人で、1番好きな映画は『フォーリング・ダウン』。以前に熱くレビューを書いた社会派サスペンスです。

さて追悼の意を込めて1本レビューを。

シューマカー監督はジュリア・ロバーツが『プリティ・ウーマン』でブレイクするかしないかスレスレのタイミングで、彼女を2本の映画に出してます。1つは『フラットライナーズ』でもう1つがこの、あまり有名ではない『愛の選択』です。ガンとの闘病で人生を終えた監督に敬意を表し、ガンの映画を選びました。

恋人の家で同棲中のジュリア。
しかし映画が始まると同時に浮気をされ、キレて家を飛び出し宿無しになってしまうという、よくある出だしです。

職探しをした結果「1人のガン患者の世話をする住み込みの仕事」にありつくのですが、軽い気持ちで飛び込んだ世界で見たその患者の過酷な病状は、派手派手な服装に身を包んで自由奔放に生きて来たジュリアに大きなショックを与えます。

そしてストーリーがぐぐっと動き出すのはそこから。ジェームズ・ニュートン・ハワードの美しい調べに乗せて、彼女が人として少しずつ成長していく姿をシューマカー監督が優しい目線で描いて行きます。

内容に触れるのはここまでとしておきますが、このジュリアはとても魅力的でした。『ノッティング~』の次くらいじゃないかと思います。

もう1人、ヴィンセント・ドノフリオが脇役ながら印象的です。しかも普段よりもイケメンに感じます。

このようにシューマカー監督は、どの作品でも役者の魅力をしっかり掴んで演出にちゃんと活かす手腕がありました。
あの役者の使い方が勿体なかった、と言うことがなかった監督さんだったと思います (例外はバットマン&ロビンのシュワくらい…) 。

シューマカー監督、
大好きな作品をいっぱい遺してくれてありがとうございました。
心よりご冥福をお祈り致します。
Ryuji

Ryujiの感想・評価

3.0
前半のほうは観ていてつらいものがある。ラストは選択をして終わりなので、どうせなら最後まで観せてほしかった。
ahdw

ahdwの感想・評価

3.8
公開当時観てわりと好きだったと思う。不治の病の話しだったような記憶が。
おの

おのの感想・評価

4.0
富豪の息子を看護することになった女性と気難しい患者の恋愛を描いた映画。悲しい話ではあるのだけどもすごく好き。変に最後どうなったかを見せないところがまたいい。
これ、原題のままがよかったのに。「愛の選択」って何の話かわからなくなってるやん。
いい話なのにもったいな~
白血病で死にゆく青年がセレブだから成り立つ話で、金がなかったら普通に地味に死んでゆくが、彼にはお金があるから中途半端に死にきれない感じが余計に苦しいのだろう。
ジュリア・ロバーツは取り立てて好きでも嫌いでもないが、こういう金に困ってる役ばかりしているな。若くて美しい庶民役がドラマにしやすくて親しみが沸くのだろうか。

ラスト近くの「○○のあるボクを君に見せたかった」という彼のセリフのところでウグウ!となって泣いてしまった。いいシーンだった。
mochiz

mochizの感想・評価

2.0
むかーーしに原作を読んだので懐かしさで見てみたが、どうも結末が違うような…
なんかもっと泣かされたけどなぁ。

キャンベルスコットは素敵であるが。
白血病のお金持ちの看病してお互い恋に落ちちゃうお話。

なんか恋のライバルとか色々と中途半端だった。
NAO

NAOの感想・評価

2.7
ジュリアロバーツのスタイルいい!
終わり方はうーん、まぁ、。。こんなかんじかな?

あまり男の人のアプローチが微妙かなぁ。
こば

こばの感想・評価

3.0
ケニーGさんの曲に尽きますな
時間なければPV見れば十分かも…
ジュリア・ロバーツが平野ノラみたいなボディコンで登場した時には映画のチョイス間違ったと思いましたが。😓ロバーツの役のヒラリーがメチャ良い人😍私の仲良しの同僚がこの手の病気で早逝した事が被り前半はきつかった😵なんとなく読める嫌な展開への後半。そしてラスト…きっと希望はある。そう信じたい映画でした。評価しづらいので真ん中点。2019.142
>|