グッドナイト・ムーンの作品情報・感想・評価・動画配信

「グッドナイト・ムーン」に投稿された感想・評価

ayana

ayanaの感想・評価

3.8
それぞれに思うことがあって、苛々したり悲しんだり、皆なかなか上手く行かなくて観ていて辛かった。
否定的になるんじゃなく、ポジティブな面を見つけて受け入れられたら良いな。
スーザン・サランドンの表情が素晴らしくて何度も胸にきた。ベタだなって思いながら後半はしっかり延々と泣いた、、
原題のstepmomより邦題のグッドナイトムーンの方が優しくて好き。
Under Pressureに始まり、Ain't No Mountain High Enoughをノリノリで踊っていたのサイコーでした。
田中萌

田中萌の感想・評価

4.3
大昔に映画館で見て、DVDで繰り返し見た作品を久々に鑑賞。

娘が旦那の恋人に懐くなんて最悪だし
恋人の反抗期真っ只中の娘と暮らすのも最悪だなぁって
今なら当時とは全く違う感想が出てくる。

英語がとてもら分かりやすくて
音楽もよい秀作。
未鑑賞

メモ:aint'no mountain high enough
ゆう

ゆうの感想・評価

4.0
実母と継母、互いに衝突し合い性格も正反対な2人だが、子どもに対する愛情はどちらも変わらないくらい愛情を注いで母親としての役目を果たす。

実母を演じたスーザン・サランドンの表情が良かった。
ジュリア・ロバーツもいつものあのチャーミングな笑顔で、奮闘する様子が愛おしかったです。

実母と子ども達のダンスシーンと娘との夜のお出かけが印象的。

娘の成長を後押しする2人の母親がどちらも素敵だった。
記憶に残るセリフも多く、特に印象的だったのは息子が実母に対して問いかけた「継母を嫌いになった方がいい?」と言うセリフだった。

この息子を演じた子役の子がこれまたとても可愛いんですが、どこかで見たような気がしていたら、昔観た『レモニー・スニケットの世にも不幸せな物語』に出てた子役でした!

劇中で流れる"Ain't No mountain High Enough"が最高!

ストーリーは映画的なベタな展開ではあるけれど、ホロりと泣けるハートウォーミングな映画でした。
心太

心太の感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

もう私の大好きなAin’t no mountain high enoughが使われているだけで、自然とスコアが高くなってしまう。継母の話で切なくも温かい。
rpmu90377

rpmu90377の感想・評価

3.6
女性カメラマン・イザベルは弁護士のルークとつきあっている。ルークは離婚歴があり二人の子供を引き取って育てている。イザベルは子供たちに好きになってもらおうと奮闘するが、子供たちは母親ジャッキーのことが忘れられず彼女にはなつかない。イザベルはジャッキーにはかなわないと知りながらも、彼女と顔を合わせるたびに闘争心を燃やしてしまう。そんなある日、ジャッキーががんに侵されていることがわかる。

死にゆく人との別れの辛さを描いていながら、いまひとつ悲しみが伝わってこない。じめじめとした人間関係を見せつけられるのも御免だが、あまりにドライに描きすぎても感動に結びつかない。さじ加減が難しいところ。

ドライな演出の産物だろうか、耳を疑うセリフが登場する。ジャッキーががんを打ち明けたあと「あなたはもうじき死ぬのか?(Are you dying?)」と問われるシーンが2回も出てくる。日本人の感覚だと、病魔に侵され余命いくばくもない人にそんな問いかけをするなどあり得ないことだと思うが、アメリカでは珍しくないことなのだろうか。

ジュリア・ロバーツが働く女の強さを、スーザン・サランドンが母の強さをそれぞれ表現している。二人の女性の関係が闘争から思いやりに変化していく過程が自然な流れとして描かれているところがよい。

「STEPMOM(継母)」という直接的な原題に対して「グッドナイト・ムーン」という邦題が付けれているが、意味不明。
いい母親とかけまして、悪い母親と解きます、その心は

グッドナイトムーン

人の良さに個性があり、出来る事と出来ない事はあっても愛情に変わりは無いのかと思いました。
きき

ききの感想・評価

3.3
離婚した夫婦とその子供たち、そして父親の若い恋人が如何にして家族になっていくか。

約20年ほど前の作品で、若かりし頃のジュリア・ロバーツが腕利きのカメラマンな主人公。
エド・ハリス演じる年の離れた恋人の子供たちと、何とか仲良くなろうと必死に生活するも、お姉ちゃんは12歳で生意気真っ只中、そんな彼女を嫌っているし、弟はまだ幼いけれど、だからこその無邪気さで突拍子もない行動に出て、いつも手一杯。
スーザン・サランドン演じる彼らの母、恋人の元妻は若い恋人が気に入らないし、子供たちに悪影響を与えると毛嫌いして、なかなか意地悪。
そんな折、実母に病気が発覚する。

というお話。

言ってしまえば、ありきたりな、セオリー通りで映画らしさが詰まったお話かなぁ。

奮闘するジュリア・ロバーツが可愛い!
やっぱりお口が大きくて美人ってよりファニーフェイスな感じだけど、いくつになっても彼女を見たいなぁと思わせられるので、本当に魅力的な女優さんだよなぁ、と◡̈*♡

娘役が子役時代のジェナ・マローン!
可愛くて小生意気な役が絶妙でした!
弟役の子は、最近見ないけど、レモニー・スニケットの映画版に出てた子だったね!懐かしい!

何が良かったって、やっぱりスーザン・サランドン!
ジュリア・ロバーツ側からしたら、かなり嫌ないっじわるぅーな役!笑
笑えるくらいなかなか酷い事もしてくるんだけど、彼女が演じていると、なんだか憎めない!
好きだなぁ、と思わせてくれる✧‧˚

ただね、この恋人、元旦那役のエド・ハリスがイライラさせられたなぁ〜(´°ω°`)
何の役にも立たない!笑
それに彼の良さって何?ってなるばかり。

個人的に、クライマックスで出てくるプレゼントが最高だった。
やっぱり映画だな、と思う部分もあるけど、素敵だったなぁ。
一緒に踊るシーンとか、歌うシーンとか。
こういう思い出って、きっと大人になっても忘れられないだろうなってよくアメリカの映画観ると思う、憧れのワンシーン◡̈⋆*

記録 : 2020年94本目。
Juliet

Julietの感想・評価

3.4
ジュリア・ロバーツが、新しいお母さんの役で

娘に、
いろいろと、アドバイスするんだけど
それが、おもしろかったー❗️👏❤️😊
Anne

Anneの感想・評価

4.0
”Ain't No Mountain High Enough”でノリノリ。
【過去鑑賞済】
>|