クリエイターの作品情報・感想・評価

「クリエイター」に投稿された感想・評価

mikoyan358

mikoyan358の感想・評価

2.0
亡くした妻を忘れられず何とか科学技術で復活させようと狂気に走るマッドサイエンティスト...という流れのまま行ってくれればよかったのだが、途中から彼の現実世界での恋物語そして弟子の恋愛を絡めてヒューマン要素を強めた結果、かえってどこに行くべきかを見失ってしまった印象。意識不明になった彼女を、のシーンなど個々に感情を揺さぶってくるシーンがあるだけに、観終わって改めて気づくこの「まとまってない感」が惜しい。とてもこのすぐ後に「ラストエンペラー」で凛とした役を披露したとは思えないピーター・オトゥールのやつれっぷりが印象的。
akrutm

akrutmの感想・評価

4.5
マリエル・ヘミングウェイが出演しているということで見てみたが、予想以上にロマンティックな作品でした。映画の紹介にはSFラブコメディとあるが、SFの要素はほとんどなく、2組の男女をめぐるラブロマンスと言えます。マリエル・ヘミングウェイの代表作である『マンハッタン』もそうですが、かなり年上の男性とのロマンスが描かれています。『マンハッタン』の大人びた感じとは異なり、自由奔放な女性を魅力的に演じていて、とても素敵でした。ピーター・オトゥールもなかなかいい味を出しています。80年代の映画のおしゃれで、ふんわりしている雰囲気もいいですね。

SFの要素として出てくる、死んだ最愛の妻の細胞を培養してクローンを作る技術は、現在では実現可能になりつつあります。一方で、ボリスの部屋にいるロボットは、人工知能がブームになっている現在においても実現が難しい技術です。この映画が製作された当時も一世代前の人工知能ブームだったので、将来は実現可能と考えられていたのかもしれません。
csm

csmの感想・評価

5.0
マリエル・ヘミングウェイの格好がすんごい好き。ユニフォームのTシャツの着こなし最高。
なんかよく分からない笑

最初の方は主人公の馬鹿さ加減についていけず呆れっぱなし!
最終的にはちょっと感動的な感じで丸く収まったけど…。それでもどことなく疑問が残る。。。
面白くないわけではなかったんだけどなぁ〜。

モヤッと
kuroday

kurodayの感想・評価

2.0
亡き妻を、冷凍保存した細胞から新たに蘇らそうとする大学教授ハリーと
ちょいエロ愉快な仲間たちが繰り広げるちょいエロ爽やかB級映画。
Seiji

Seijiの感想・評価

3.4
ピーター オトゥールのクレージーな教授役がハマり役です。愛する人を失う事の恐ろしさを上手く表現出来ています。
Canape

Canapeの感想・評価

5.0
久しぶりに見てみる。何とも言えないかっこよさと温かさのあるウォルパー教授、運動音痴っぽくてなんかどんくさいけど純粋なボリス、意外とツボなボリスの作ったロボット、ぶっ飛んでいるのに可愛くて仕方ないメリ。全員が愛おしすぎる程まっすぐなのよね。エッチな感じがしない好きが溢れるシャワーが可愛い。生命と愛の不思議。全身から愛と喜びが溢れて止まらない、そんな姿が素敵。愛することって本当に素晴らしいね。
ShotaTerai

ShotaTeraiの感想・評価

5.0
青春と黄昏が映画をいっぱいに満たしていてまたらない気持ちになる。最後は希望しかなくて、ほんとうに悪い人なんていなくて、良い映画だなぁとしみじみ
GYAOにて視聴 ピーター・オトゥールが役にハマってた。いい映画。分かってはいたけどねやっぱ泣いたよね。
ヒロインふたりがすっごく魅力的。ストーリーというよりキャスティングが良くてみんなハマってるから最後まで退屈せずに見れた。ご都合主義でもなんでもバーバラ良かった!こういう奇跡って現実でも起こるしいいと思う。
>|