包帯クラブの作品情報・感想・評価

「包帯クラブ」に投稿された感想・評価

shiori

shioriの感想・評価

3.0
意外と初めのほうは軽いかんじがしてなかなか入り込めなかったけど、最後加速度的に良くなってゆくー。それぞれのキャラ設定もよかった 。エンドロールもすごく微笑ましくて観た後自然に笑顔になれる。
すぷ

すぷの感想・評価

4.3
はじめはお洒落志向な雰囲気映画なのかと思いきや考えさせられるストーリー。むしろハンバートハンバートの音楽がひっそりかつ効果的。
映像の色味も柔らかくて好み。

人は必ず苦しい事に対面するけど、それと向き合うこと、共存すること、逃げることも人それぞれ。どんな形でも少しだけ人の温かさに触れると乗り越える一歩になるのかもしれない。
そして、それを知った人は傷ついた人の手助けをするために手を差し伸べる。他人の痛みを知るのはそういうことなのかなぁ


あとは少年から青年になった柳楽優弥の後半橋で昔の話を告白するシーン手前の横顔が最高に美しい!!!!!!!!!ころころと変わる表情の中でも、ギモに落とされて気を失うところが好き!!!!!!!!!
後半小野賢章がいることに驚いて、そこばっかり気になってしまった
もー

もーの感想・評価

3.0
心の傷を負った場所に包帯を巻くクラブの話。

「その気持ちわかるよ」って言われても、本当に理解してくれてるのか、なかなか分かりにくかったりする。
包帯クラブがやっていることは確かに近所迷惑になりかねない。
けど心に傷を負った人にしてみれば、「自分の痛みを分かってくれる人がいる」という事を包帯という形で物理的に知ることで、少し気も楽になるのかもしれない。

やはり中高時代は、家族でなく友人と何か1つの事を成し遂げたり乗り越える経験をした方が良いと思った。

ってか、ホームページの作りが懐かしくて、凄い気になってしまった。
しぃ

しぃの感想・評価

1.6
みんなのトラウマになった場所とかに包帯巻いて気ぃ楽にしてやろーってゆー映画。

石原さとみがまだイモいのと柳楽君の関西弁も下手くそ。まそーゆー役なんだけども。
屋上のシーンはちょっと笑 なんやこれって笑った。
夏

夏の感想・評価

3.4
包帯クラブ意味わかんねえけど、端から見てて楽しそう。
高校時代なんかはイライラしたり刺激が足りなかったりして、自分で自分を傷つけて、それで気が楽になったりもしたっけ。
包帯が一歩踏み出す勇気をくれる
心暖まるストーリー。
心にキズを負う人々がそれを克服する為に逃げていたものを直視する様に勇気づけられる青春映画。
包帯を巻いた写真を投稿する活動は、今ならTwitterとかインスタとかで誰かがやっててもおかしくないなって思った。

まだ垢抜けない石原さとみや柳楽優弥の高い演技力も魅力。
マハ

マハの感想・評価

4.0
※10年前くらいに書いた感想メモ用

すごい良かった。好みの映画。
ディノの変な大阪弁が良かった。柳楽くんいい!!ディノの性格とか好きだなー。
考えさせられるところもあったし、いろんな人にいろんな悩みがあって、少しでも元気づけられてるのがなんか感動した。
一人一人の演技もよかった。終わり方も!!!
たのしかったーーーーー!!!!
keketaro

keketaroの感想・評価

3.0
中2の時に観てたらハマってたかもしれない。
端的にいうとサークル活動を題材にした青春モノ。

誰かが誰かを救うことができる、
そんな人の繋がりをテーマにしたハートウォーミングな作品である。

個々の暗い過去は所詮包帯を巻くためのネタレベルで、カタルシスを生むほどストーリーテリングされているわけではない。
包帯クラブという"運動"に「いいね!」と思えるか思えないかが評価の分かれ目である。

演出はところどころチープです。
無駄にローアングルが多かった。
自分で自分に包帯まくのはむつかしいよね。年取ると、結構できるようになるよ。
sweetfish

sweetfishの感想・評価

3.4
なんでこの映画を見ようと思ったのかは覚えてないし、何にひかれて見ようとしたのかも何も覚えてなくて、今となっては内容もほとんど思い出せないんだけど、意外と面白かったような記憶。
>|