包帯クラブの作品情報・感想・評価

「包帯クラブ」に投稿された感想・評価

丁寧に描きすぎてない荒らさがあるから、見ていて痛すぎず軽く見れた。物語の中で抱える人物の傷のどれもに共感しました。日本にいたら、それなりの平穏な生活は持てるはずなので、戦争とか貧困の国の方の痛みを知るなんて到底できないことだけど、テンポの自分の方が裕福な生活を持てているはずなのに、みんなと比べてどこか物足りなさや不満を感じて、苛々してしまう気持ちめちゃくちゃ分かって辛かったです。誰かと比べてどんどん自分で自分を不幸へ持っていく感じとか、リアルで今見てもいい作品だなと思いました。
粉雪

粉雪の感想・評価

-
見たけど、評価が判然としない、といって見直す気持ちもない、映画の記録を個人的に。柳楽優弥くんが見たかったんだけど、ストーリーはなんだかなぁ、だったと思います。
Nonsugar

Nonsugarの感想・評価

3.9
誰かの幸せの裏側、誰かの不幸の裏側で痛みを伴って生きていかなければならないな。傷には手を当てて、痛みを知っていけたらな。舞台となる高崎市はとても素敵なところです。
良くも悪くも人は変わるし、愛は見えなくなっちゃうし、でも、傷はみんな持ってるから、ちゃんと癒して看取って幸せになろう
中3の時にたまたま深夜にみて、いまだに心に残ってる。
こないだ久しぶりに見返したらめちゃくちゃ泣いた。
人の傷を癒すために、その人のトラウマがある場所に包帯を巻く活動をする高校生のお話。
じんわりと心に響く良い映画。
葛藤する高校生の青春映画。
序盤は明るくとても軽い気持ちで見れました。

中盤あたりから登場人物の過去や悩みなどが出てきて最後まで軽い映画だと思ってたのでちゃんと掘り下げてくれて嬉しかったです。

この手の映画は簡単にわかったように書きがちであまり得意ではなかったのですが、この作品は最後まで「人の心を理解するのは難しい。」という感じで終わるのでもやもやっとせずに見れました。
スッキリ見終われました。
shiori

shioriの感想・評価

3.0
意外と初めのほうは軽いかんじがしてなかなか入り込めなかったけど、最後加速度的に良くなってゆくー。それぞれのキャラ設定もよかった 。エンドロールもすごく微笑ましくて観た後自然に笑顔になれる。
すぷ

すぷの感想・評価

4.3
はじめはお洒落志向な雰囲気映画なのかと思いきや考えさせられるストーリー。むしろハンバートハンバートの音楽がひっそりかつ効果的。
映像の色味も柔らかくて好み。

人は必ず苦しい事に対面するけど、それと向き合うこと、共存すること、逃げることも人それぞれ。どんな形でも少しだけ人の温かさに触れると乗り越える一歩になるのかもしれない。
そして、それを知った人は傷ついた人の手助けをするために手を差し伸べる。他人の痛みを知るのはそういうことなのかなぁ


あとは少年から青年になった柳楽優弥の後半橋で昔の話を告白するシーン手前の横顔が最高に美しい!!!!!!!!!ころころと変わる表情の中でも、ギモに落とされて気を失うところが好き!!!!!!!!!
後半小野賢章がいることに驚いて、そこばっかり気になってしまった
もー

もーの感想・評価

3.0
心の傷を負った場所に包帯を巻くクラブの話。

「その気持ちわかるよ」って言われても、本当に理解してくれてるのか、なかなか分かりにくかったりする。
包帯クラブがやっていることは確かに近所迷惑になりかねない。
けど心に傷を負った人にしてみれば、「自分の痛みを分かってくれる人がいる」という事を包帯という形で物理的に知ることで、少し気も楽になるのかもしれない。

やはり中高時代は、家族でなく友人と何か1つの事を成し遂げたり乗り越える経験をした方が良いと思った。

ってか、ホームページの作りが懐かしくて、凄い気になってしまった。
みんなのトラウマになった場所とかに包帯巻いて気ぃ楽にしてやろーってゆー映画。

石原さとみがまだイモいのと柳楽君の関西弁も下手くそ。まそーゆー役なんだけども。
屋上のシーンはちょっと笑 なんやこれって笑った。
>|