ポプラの秋の作品情報・感想・評価

ポプラの秋2015年製作の映画)

上映日:2015年09月19日

製作国:

上映時間:98分

3.2

あらすじ

大好きだった父を突然亡くした8歳の千秋(本田望結)は、失意の母(大塚寧々)と共に引っ越してきたポプラ荘で、不思議な大家のおばあさん(中村玉緒)と出会う。 父を失ったことで心に不安を抱えた千秋におばあさんは、「自分は亡くなった人に手紙を届けることができる」と話し、その言葉を信じた千秋は死んだ父へ手紙を書き続ける――。  天国の父への手紙に溢れる想いを静かに綴っていく少女とおばあさんの…

大好きだった父を突然亡くした8歳の千秋(本田望結)は、失意の母(大塚寧々)と共に引っ越してきたポプラ荘で、不思議な大家のおばあさん(中村玉緒)と出会う。 父を失ったことで心に不安を抱えた千秋におばあさんは、「自分は亡くなった人に手紙を届けることができる」と話し、その言葉を信じた千秋は死んだ父へ手紙を書き続ける――。  天国の父への手紙に溢れる想いを静かに綴っていく少女とおばあさんの心の触れ合いを描いた、心をいやす感動の物語。

「ポプラの秋」に投稿された感想・評価

ozako

ozakoの感想・評価

3.0
2018/06
本田望結ちゃんが可愛らしいです。感動系映画ですが、ほっこり温まる程度で。中村玉緒さんも良かった。
父の死をきっかけに飛騨の古い街に引っ越してきた母娘(大塚寧々、本田望結)、大きなポプラの木のあるアパートポプラ荘を舞台に大家のおばあさん(中村玉緒)やその住人(藤田朋子、宮川一朗太)との交流ドラマ

田舎でのおばあさんとの感動ドラマっていうとあるあるな感じもするかな
特筆する点はそのおばあさんが死者に手紙を届ける配達人を称していること、その場しのぎで慰めで女の子だけに言ったわけではなく、昔から多くの人から手紙を受け取ってきていて、その事で救われた人も大勢いた
死んだ者に言えなかった事、報告したい事、色んなことを手紙に記して気持ちを整理する、その手助けをするのがおばあさん

おばあさんの死をきっかけにお葬式に来た大人になった少女
回想を中心に物語は展開し、知らなかった母の想い、ひっかかっていたことがすっきりするみたいな終わり、そういうしみじみ感動系のドラマですね

飛騨の街並みの美しさ、本田望結演じる少女時代のかわいらしさとノスタルジー、中村玉緒の味わいが印象的な作品
Lucille

Lucilleの感想・評価

3.2
昔大好きだった湯本香樹実の文庫本、実写化されたの知らなかった。
こんなだったけと思い出しながらほっこり鑑賞。
porikozn

porikoznの感想・評価

2.7
亡くなった人へ手紙を書く!きっとその行為が癒しに繋がるんだろな〜。
おばちゃん良い。
本田望結ちゃん、可愛いわ〜。
2M

2Mの感想・評価

2.8

このレビューはネタバレを含みます

子供の頃も、大人になってからも、きっと千秋ちゃんはおばあさんに救われたんだろうなと思います。母親との関係や、オサム君との今後など、明るい未来を想像できる終わり方でした。
中村玉緒さん演技上手くて
かなりびっくりした!
感動したけど…焼き芋食べたいー
am

amの感想・評価

1.4

このレビューはネタバレを含みます

原作と比較して。
千秋は医師に入院が必要と診断されるほどの強迫性障害で、頑張り屋なせいで空回りして悪化するような細やかで真面目な性格なので、ちょっと明るすぎるのと、全体的にオーバーリアクションなのと、顔芸が過ぎるから笑わせるつもりのおもしろ芸人キャラになってしまってるのと、すぐにおばあさんに対してあっけらかんとしてて話の食い付きが良く大人受けを狙って懐きすぎてて違和感がひどい。読解力の問題や解釈から間違ってるのか、演技が下手すぎる。
千秋は子供という記号ではない。元々何を考えてるかわからない無口な裁判官のお父さん似で強迫性障害まで患ってるから、千秋本人は子供の無邪気な明るさやおもしろさとはかけ離れてるはず。いじらしいという言葉が似合う。
原作ではおばあさんの方が変で剽軽でからかってきたりして、千秋の方がいなしたり適当に流したり怖がったりおもしろがったりしてる。通常とは役割が逆。
千秋の深刻さが薄れたので、おばあさんのおかげで手紙を書いてお父さんと対話することで不安と向き合ってお父さんの死を受け入れて救われるという良さが失われてしまった。
原作通りだが千秋の他人宛の手紙を本人の許可無く他人が他人に見せるので、このおばあさんを信用して手紙を預けるのは間違っているのに、たくさんの人が信用して預けている事実。子供と保護者の間柄でも問題では。信頼関係が築けない。
最初に持って行った薬の量が少ないから自殺のほのめかしに見えない。千秋の相手の人がお父さんと全然違って絶対におかしい。千秋が苦手と言っているタイプだ。
あと千秋は大人になる過程で子供騙しで励ましてもらったんだと感じていて、お葬式で他の人にも同じことを言っていろんな人に手紙をもらってるのが本当だったことにびっくりしてたけど、映画ではそれがあまり伝わらなかった。
映画化するにあたって、おばあさんの死後におばあさんと千秋の人間性がよくわかって驚かせるというのを狙う展開より、特に変えずに最初から普通にわかりやすい方が二人に愛着が湧いて良かったような。うける映画の形を真似たのか、演技の問題なのかわからない。
みんなおばあさんに救われてた。
おばあさんに預ける手紙とお母さんの真実の告白を繋げんで良くない?と思ったけど、純粋な千秋ちゃん : 望結ちゃんの演技が上手すぎるのと可愛い+美人すぎるのとで見入った!

よそ行きは笑った。笑

自発的に手紙を書いてみるっていうのも良いかもしれないな〜と思った。
luna

lunaの感想・評価

3.0
あの世の人に手紙を書く。
たぶん 手紙を書くことによって 自分の気持ちの整理にもなってるんだと思う。突然の死ほど 心の整理が難しいからね。大家さん自身 そういう気持ちがわかってるから できたんだろうし 最後お棺の中の手紙に埋もれた大家さんが素敵だったな。
megu27

megu27の感想・評価

3.2
父親を失くした少女が引っ越してきた場所での風変わりな人達との交流の中で父を亡くした喪失感を少しずつ埋めていこうと努力する。その1つが大家さん。
中村玉緒さんと本田望結ちゃんときたら泣ける映画と思ったら、泣いてるのは演者で私はどこか置いてきぼりになってしまった。たぶん演技がうますぎるんだ。ストーリーよりそっちに目が行ってしまった。
>|