アントキノイノチの作品情報・感想・評価・動画配信

「アントキノイノチ」に投稿された感想・評価

物語の内容以前に何でこんなタイトルにしたのかだ。
誰が見てもあの芸人を思い浮かべるに決まっているのに(笑)

心に傷を抱える者同士が出会ったのは遺品整理業の仕事。
そこで働くうちに命の重みを知ることにより、お互いの傷を話せる仲に。

原作は一切知らないし出てくる俳優に思い入れもないが、命の扱いにはあっさりした印象しか受けない。
この仕事だからこそ最後にああいう展開にしたのだろうが、それじゃ逆に命を軽んじると思われてもしょうがない。
Rocco

Roccoの感想・評価

2.5
出番が短くても刺さる演技を残す人と、ずっと出ていても空回りしている人と、何なんだろうな、と思いながら見ていた。今活躍中の若手が沢山でてる。ななちゃん、ちょっと残念だ。途中離脱。
sary

saryの感想・評価

4.0
人はいつか死ぬ。私たち、特に日本社会はは、日頃、忙しい日々を過ごしすぎていて、そのことを忘れたり目を背けたりして生きているのかもしれない。
老若男女みんな尊重されるべき。
そんなことを考えた翌朝に親族が亡くなる、そんな偶然もあるものなのだなぁ。
takedaiyy

takedaiyyの感想・評価

3.1
可もなく不可もなく 物語は普通、ドキドキもそんなになく、けっこうだらだら時間が過ぎた感じです。

よかったところは、役者のみなさんは人を惹きつける魅力を感じました。 たいぞうはもう、いい役者として普通に見れるのが恐ろしい。

岡田くんは演技うまいんだけど、彼ほど爽やかな容姿と身長があると、暗いいじめられっこみたいな役が似合わな過ぎでした。 「告白」の先生みたいな役はぴったりはまってましたし、演技ではなく、容姿がよすぎた。笑

細かな描写などでは目をひくこともあったので、しっかり調べてよく作りこまれた作品だと感じました

。 鑑賞はべつに、一人でも家族でも友人でも恋人でも、問題ないでしょう。
今見返すと出演者がとても豪華。
松坂桃李みたいなヤツも、津田寛治みたいな教師も、具体的な名前が浮かぶよな。
さださんの本はいろいろ読んだけど、これはまだ。今度こそ読もう。

このレビューはネタバレを含みます

主演の岡田将生さんと榮倉奈々さんが、実に瑞々しくいいですね。松坂桃李さん始め、今じゃ主演級の方々が脇を固めており、豪華な感じでした。
toyo

toyoの感想・評価

1.9
原作さだまさしでした。

未読なので、あまりどうこう言えませんけど、はまらなかったです…。

原田泰造は、すっかりいい役者さん。染谷将太が短い出番で、凄いインパクトでした。

アントキノイノチってのが、最後までいまいちピンと来ませんでした…。

海で叫んだり子供助けて轢かれて死んじゃうとか、わざと古い演出?
廊下でカッター壁に突き立ててる時、身動きしない生徒の集団が、とても不気味。まるで、誰かに動くなと言われているがのよう。取り乱す教師の面々との温度差が、意図的なのかどうかも、良くわかりませんでした。ツダカンにあんな下手っぴな芝居させといて、きっと凄い演出の意図が隠されているとは思うのですけど。

このレビューはネタバレを含みます

岡田将生の演技が良かった。

それぞれ辛い過去を背負うゆきと杏平が出会い、やっと二人で生きていっていいんだと思えるようになったのに…。ゆきが少女を交通事故から助けて死んでしまう最期はあまりに切ない。
示羊

示羊の感想・評価

4.5
原作と違うエンディングに
もやっとした感……

元気ですかー!
なんとなく気になり鑑賞。
予想以上に重い内容で驚いたが、観て良かった。
>|

あなたにおすすめの記事