アントキノイノチの作品情報・感想・評価

「アントキノイノチ」に投稿された感想・評価

かずと

かずとの感想・評価

3.5
生きるのって面倒くさいなぁ。生きるのって大変だなぁ。生きてると毎日いろんなことがある。
んー!ラスト以外は好き。刺さりました。
自分に、誰かに、『元気ですかー!?』って言いたくなる。...や、言わないけど(笑)

このレビューはネタバレを含みます

ううーむー
思ったより重い映画だった。

前情報ほぼ無しで挑んだんだけど(原作も読んだことない)
ラブストーリーかと思ってたら怪我した。

主役のふたりの暗く重い過去が徐々に明らかになるシーンは
ちょっと精神的にきつい個所もあった。

ふらつく目線、動悸と共に揺れるカメラワークでこちらも具合が悪くなりそう。
リアルに映像化される永島杏平(岡田将生)の過去とは対照的に
永島への告白だけで表現される久保田ゆき(榮倉奈々)の過去は
榮倉奈々の演技一本に頼るところがあったけれど、
彼女のヒリヒリした演技で上手く表現できていたのでは。

たぶん岡田将生は綺麗すぎるんだよなあ。
なんとか彼女を助けたいという気持ち、すごい伝わってきたけど。

突っ込みどころは満載すぎてもう忘れたくらいだけど、
いやー、でもひとこと、
2人とも折角良かったのに、あのラストは頂けない。
とってつけたような。まさに蛇足だよ。
ほべ

ほべの感想・評価

3.0
街行く人に「元気ですかー!?」と声かけたくなる気持ちはなんだかすごくわかる。

瀬々監督作品はそこまで観たことないけど、「当事者性」とか「闇があるから光がある両義性」を丁寧に描く印象(本人が言ってたんだったかな?) 遺品整理業者なんてまさにそう。ひたすらに無常観

ただラストとタイトルがあんまりすきになれない…
のり

のりの感想・評価

3.0
大人になってからの話より、高校時代の話に引き込まれた。
松坂桃李くん目的なのもあるけど。
しかしなんというイヤな役…。
最後は海岸のシーンで終わっても良かったのでは。
tommy

tommyの感想・評価

2.9
原作と違うところあって残念なところも。でも、これも映画なのかな…
Chiako

Chiakoの感想・評価

3.0
原作も読んだけどやっぱり重々しい、、
フレッシュな晴れた朝に観たことちょっぴり後悔(笑)

サブキャラ良い、
特に原田泰造、松坂桃李はなんか見直した


あとタイトルがな〜😅

原作の佐相さんの方言は違和感でしかなかった

このレビューはネタバレを含みます

ストーリー自体は、泣かせようとする意図が見え過ぎて萎えるけど、染谷将太がとても良くて衝撃を受けました。心が解放される様に思います。
昔観た時にラブホで榮倉奈々が独白する所で見る気なくなったんだけど今回も同じ所でげんなりした。人間にとって平地はあまりにも息苦しい。
35

35の感想・評価

-
人が生きれば必ず跡が残る
それは消えやしない

ぶつかったり擦りきれたりするのを無関心で見ないふりしてる事の多いことか

やっぱり生きるのってめんどくさいなぁ
ぺあの

ぺあのの感想・評価

3.5
原田泰造が良い。榮倉奈々も見なおした。命って?がテーマだけどそこまで深刻ではなく、生きて考えて悩んでみたいに過ごすことが大事だと感じた。
>|