プリンセス・ブライド・ストーリーの作品情報・感想・評価

「プリンセス・ブライド・ストーリー」に投稿された感想・評価

あず

あずの感想・評価

4.1
ロブライナーがスタンドバイミーの次に撮った作品。

全編が安っぽさ全開のファンタジックな画なんだけどそのタッチが絶妙な感じでとても好きだった。

構成はスタンドバイミーと似ていて、祖父が孫に物語を読み聞かせるという展開。話のテイストはスタンドバイミーとはまた違ったおとぎ話感溢れる内容。最後の終わり方がとてもおしゃれ。

崖から落ちるところとかネズミとか突っ込みどころは満載な展開だと思うしややファンタジックすぎるとは思うけどそのチープな感じが憎めないというかとても良い作品だったと思う。
昔から大好きな映画で何回も観てます。これからも繰り返し観るでしょう。愛に溢れた映画だと思います。やさしい気持ちになれる。
Lily

Lilyの感想・評価

3.5
小さい頃1番好きな映画で、何回もみとんのに謎にラストだけ覚えてなかったけん観たけど、、えぇもう色々懐かしすぎる、今考えればあのイノシシ100人形やねーか笑
うちてきあの拷問シーンでててくる妖怪みたいな人間ほんとうわぁあおったおったーーーで感じでじーんてきた、
妖怪みてじーんてきた、

話の内容はふっっつーやけど懐かしくてノスタルジックな気分になるけん好き
あと最初はつまんなそうにきく孫がどんどん話にハマっていくとこもなんでかしらんけど好きやったナァ
Sonya

Sonyaの感想・評価

3.5
Have fun storming the castle 👋🏽
ちゃん

ちゃんの感想・評価

3.9
ジャンルは【金の羊毛】



台詞1つでこんなにも感動するとは思ってなかった



金の羊毛というのは、旅の過程からの自身について何を学ぶか?というジャンルだが、今回の映画は少し変わった構造をしている。


この映画は主に、お爺ちゃんが孫に読んであげる童話の中の話がほぼメインなのだ。
でも重要なのは、旅を通じて学ぶのは小説の登場人物たちではなく孫なのである。


全体の流れとしたら、冒頭ではお爺ちゃんを苦手と感じていた孫が、童話の締めくくりと同時に好きになるのである。

簡単な構造だがお爺ちゃんと童話の中を疑似体験で旅を通すことにより成長する姿は、皆が物語を読む当たり前の姿なのを思い出した。人が何故物語を読むのか?その話を通じて自分への糧にする為なのだと再認識した。




面白かった所
・物語的に必要だが、間延びしてしまうシーン(修行とか、長い道のりとか)を孫が「つまんないから飛ばして」っと言って飛ばしてしまう所

・童話だが、戦うアクションシーンが、ワンカットだったり、無駄にスローにならないし、CGも使わないので逆にハラハラして観れた

・敵がドンドン仲間になって、更に仲間の持っている過去の因縁がはらされるのがスッキリする

・「仰せの通りに」という普通のセリフだが、童話を通して、愛する人に伝える言葉として何度も使われる。その言葉を最後の最後に、お爺ちゃんが孫に言う事で更に深みが増してグッときた



面白くなかった所
・心理戦がチープすぎた

・転がるシーンが痛すぎて、なんで入れたのか分からなかった
yadakor

yadakorの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

セットを中心にチープさが皮肉きいてる
色味もかなり明るめにしてある
ただまあ見飽きるほどスタンダードに慣れ親しんでるわけではないので、おれの中ではカウンターカルチャーにならない
アンドレがいいやつなのはおどろき
メタ・お姫様映画。マーク・ノップラーによるサントラも素晴らしいが、アンドレ・ザ・ジャイアントが好演しているのも面白い。
itsmehi

itsmehiの感想・評価

-
懐かしい顔の子役がと思えば、素晴らしき日々のフレッド・サベージが!お祖父ちゃんは刑事コロンボのピーター・フォーク。大人も子供と一緒に見られるファンタジーラブコメ。
てぃだ

てぃだの感想・評価

2.3
子どもいないけど、自分は子供に見せるならこっちじゃなくて思いっきりクラシックディズニーを選ぶ。あ、でもジブリよりはこっち採るかもしんない。しかしSペンの元奥さん。と・・とても綺麗だ
古い映画なので音楽やセットがチープな感じしますがそこがいい。
>|