裸の銃弾の作品情報・感想・評価

「裸の銃弾」に投稿された感想・評価

キよ4

キよ4の感想・評価

-
大和屋竺脚本の割には奇をてらって無くて意外とまともな殺し屋映画
3000万円のヘロインを巡る復讐と裏切りと策略と騙し合い
殺し屋ランキングとか新聞広告に必ず目を通す殺し屋とかロンパリの殺し屋とかキャラなどの設定は相変わらず面白い
小指をなくした青年の嵌めてる手袋の小指の部分から出す銃弾が印象的
銃撃戦もロングショットの対比とか手前からのショットとかのアクションも決まってるし全体の流れもスムーズ
女の裸は出てくるけどエロさはない
1部パートカラーのモノクロ映画
若松孝二の映画というよりは大和屋笠色強めのカッコええ映画。ラストのグローブの銃弾の下りがアツすぎる。殺し屋が活躍する映画は敵の死に様+殺し方が良ければ良いほど面白く感じる。ハニートラップにすぐ引っかかる人間臭い殺し屋とか新聞広告だけは逃さずチェックする殺し屋とかキャラの濃いやつらが沢山出てくるだけでも楽しい。
まぁ

まぁの感想・評価

3.5
一言で表すと「キザ」…(笑)
カッコいい…♡

暴力団内部(下っ端)の「仲間割れ」…3000万円はどちらの手に?…☆

若松監督作品で…アクションノワールは、
本作だけじゃないかな…と…インタビューで語っていた…♪

今まで観た作品とは「毛色が違うな」…と私も感じて観ていたけれど…☆
…ラストは衝撃的だけど…予想の範疇…(笑)

セックスシーンに色がつくのは…やはり、「現実とは違う」…を表しているのかな…♡

こういう作品…好き…♡
面白かった…☆

未見の若松監督作…楽しみ…(o^^o)
WINSRIVER

WINSRIVERの感想・評価

3.3
わりと普通の映画だったけど、相変わらず殺し屋たちのキャラが立っててよかった。殺し屋ランキングが存在するという謎世界観。
myg

mygの感想・評価

2.6
大学の図書館に置いてあったので、観てみた。
昭和の香りがする、なんともストーリーが読める映画だが、これはこれで人間らしさが出ていて迷宮入なラストが面白かった。
大和屋笠のシナリオの中では珍しく“物語として”面白い。
さらに言えば若松孝二の映画のなかでも珍しく“物語が”面白い。

「毎日新聞の広告欄だけは欠かさずに読む殺し屋」とか、大和屋的なキャラクターは相変わらず。
殺し屋ランキングなる設定のもと、No.1の座の争奪というアホなサブストーリーも『殺しの烙印』の延長としてある。

元のタイトルは『やわ肌無宿 男殺し女殺し』。
パンチが効いていてよい。
buccimane

buccimaneの感想・評価

3.0
若松監督らしいパッションは無いけどこういうクール&ドライな感じに挑戦した作かなという印象。
それはいいんだけどこのジャケネタバレ気味じゃないか