裸の銃弾の作品情報・感想・評価

「裸の銃弾」に投稿された感想・評価

myg

mygの感想・評価

2.6
大学の図書館に置いてあったので、観てみた。
昭和の香りがする、なんともストーリーが読める映画だが、これはこれで人間らしさが出ていて迷宮入なラストが面白かった。
大和屋笠のシナリオの中では珍しく“物語として”面白い。
さらに言えば若松孝二の映画のなかでも珍しく“物語が”面白い。

「毎日新聞の広告欄だけは欠かさずに読む殺し屋」とか、大和屋的なキャラクターは相変わらず。
殺し屋ランキングなる設定のもと、No.1の座の争奪というアホなサブストーリーも『殺しの烙印』の延長としてある。

元のタイトルは『やわ肌無宿 男殺し女殺し』。
パンチが効いていてよい。
buccimane

buccimaneの感想・評価

3.0
若松監督らしいパッションは無いけどこういうクール&ドライな感じに挑戦した作かなという印象。
それはいいんだけどこのジャケネタバレ気味じゃないか