ホビット 決戦のゆくえの作品情報・感想・評価

ホビット 決戦のゆくえ2014年製作の映画)

The Hobbit: The Battle of the Five Armies

上映日:2014年12月13日

製作国:

上映時間:144分

3.9

「ホビット 決戦のゆくえ」に投稿された感想・評価

ホビット三部作の最後を飾る三作目。
前作のラストからの流れで、冒頭からドラゴンの無双で幕を開けます。

旧シリーズの同じく三作目「王の帰還」と比べてしまうと、少しスケールが小さいように思えてしまうのが気になりましたが、最終作にふさわしく、大規模バトルの応酬には思わず息を呑みます。(そもそも比べんなって話になると思いますが…笑)

改めてこの三部作を振り返ると、この世界観の美しさは最高だし、キャラも一人一人しっかりと立っていました。三作合わせて約8時間強、長い旅でしたが本シリーズも十分楽しませてもらいました。

ピーター・ジャクソンはやっぱり凄い監督だと再確認した三部作でしたね。
ろ

ろの感想・評価

3.7
お金怖い
なにかに囚われると全てを失うのか

ロード・オブ・ザ・リングを
見たくなってしまった
pokuta

pokutaの感想・評価

3.8
竜が黄金になった時、キングギドラか、って思ってみてました。サウロンってあのように登場したんですね。決戦のゆくえ、に続く。
chiba

chibaの感想・評価

4.5
2019年93本目
最終章らしく最後までテンションが落ちない。見せ場の連続で五軍の決戦まで一気に進んでいく。
最初は仲間として認められなかったビルボが冒険を通して真の仲間になっていく。異種族でも同種族でも愛や勇気が彼ら彼女らを繋いでいく。ビルボとトーリンを繋いだのは友情だったのだと思う。
もう一度ロード・オブ・ザ・リングを見返したい。
maijou2501

maijou2501の感想・評価

4.0
三部作の最後は戦闘シーンが多くて、派手な対戦など見応え十分でした。
ドラゴンとの戦い、城を前にしての大戦闘に、最後の因縁の戦いに、終幕に相応しい贅沢な作りでしたね。

主人公の中立な立場から見ると、各部族の特徴がよく分かりますね。各々の思惑、言い分。。
そのような民族の多様性に、壮大な世界を冒険して戦って、繊細だったり武骨なお城や中世的建造物の美しさに自然に、まさにファンタジーの王道ですね。
なんと言ってもオーランド・ブルーム!!かっこいーなー。本当に見とれた。金髪、ロングヘアーをなびかせて、身軽に崩れる岩を飛びながら相手を仕留める。目の保養になりました。
K

Kの感想・評価

4.5
やはり映画館で観ておけばよかったと後悔。でもテレビで観ても迫力ある戦闘シーン。

執着と戦うトーリン、ホビットとドワーフたちの絆、ドワーフとエルフの愛、胸が熱くなりっぱなしでした。

そして指輪物語へつながるラスト!
これはワクワクせざるを得ません。
最高、としか言いようがないのでは。
3作目に相応しく、終わり方やメインの闘いもチープでなく見応えがある。

ドラゴン死ぬのはやっ!!!ってのが初めて見たときの感想だった気がする。え、開始早々に終わりましたけど?って。メインはスマウグじゃなくてアゾグなんだよね。

もうトーリンの演技力に完敗した。竜の病にかかるトーリンの表情と言ったら。冷たくて取り憑かれたような表情。凄い。対してビルボとのどんぐりの話の時には、パァっと笑顔になってみたり。良かったなあアレ。交渉の場面だったり細かい表情にもぜひ注目してほしい。あと王意外はまともなままで、でも王には反発しないドワーフの忠誠心すごい。目覚ましてくれて本当に良かったです。変わりようも素晴らしかった。

今回はキーリとタウリエルも見どころだった。スラドゥイルに啖呵切るタウリエルかっこよかった。スランドゥイルうざめ(笑)ボーグ強すぎない?最低。アゾグの息子ってなんだその設定。2人の最後は涙モノだったね、早く結ばれて幸せになって欲しかった。キーリとレゴラスに命がけで助けられるタウリエル羨ましすぎる。
レゴラスとボルグの闘いすごく好きだった。さすがエルフ。レゴラスかっこよすぎんだろ。恋愛はドンマイだったけどね、早くアラゴルンに会いに行ってくれ。レゴラスからトーリンに渡される剣のくだりとか、レゴラスがトーリン援護するくだりとかも最高だった。
トーリンとアゾグは氷を使った闘いで、面白くてドキドキして良かった。あートーリンは伝説になっちゃったのは凄く悲しいけど、だからこそ良かったのかもしれない。山の下の王ここにあり、って感じでした。

ラストシーンのホビット庄の平和なのほほんとした感じも、ロードオブザリングと同じでニコニコしちゃった。ロードオブザリングに繋がるところもワクワクする。
ビルボにとってトーリンは王ではなく友達だったんだ。

この流れでロードオブザリング観ちゃうんだろうなぁ。観ます。観てください。
hidetairan

hidetairanの感想・評価

4.4
ロードオブザリングシリーズとはまた違うよさがある。
ロードオブザリングでは戦闘シーンが戦術とか作戦とかで見所があったのですが、ホビットシリーズでは、助け合いなど人間模様がメインな気がします。
愛もありです。

人間、エルフ、ドワーフ、皆プライドがあり、オークが襲ってくる直前までギスギスしているが、ホビットや魔法使いがうまく接着剤となり、手を組むことになる。

色々と解説を見ると、ホビットからロードオブザリングにつながっているところもあるみたいで面白かったです。
サルマンやゴラム、ミスリル、ギムリの親など、つながりがあってまたロードオブザリングシリーズも見たくなりました。

一回見ただけではなかなか面白さが伝わらないホビットシリーズなので、また機会があれば見返したい。

ビルボはフロドと違ってなかなか積極的。
ドワーフの戦士たち人数少ないけど強すぎ。
レゴラスやっぱりかっこいいし強い。
カマ

カマの感想・評価

3.5
ハイパーバトルアクションイン中つ国!

壮絶な戦いの末の勝者は!?相変わらずビルボが有能過ぎる。

中つ国お馴染みの増援タイムのカタルシス!
>|