ロード・オブ・ザ・リング/二つの塔の作品情報・感想・評価・動画配信

ロード・オブ・ザ・リング/二つの塔2002年製作の映画)

The Lord of the Rings: The Two Towers

上映日:2003年02月22日

製作国:

上映時間:179分

3.9

あらすじ

『ロード・オブ・ザ・リング/二つの塔』に投稿された感想・評価

iPhone

iPhoneの感想・評価

3.5
長いって言うのは最早野暮なのかも。
でもこれだけ長いのに手を抜いたところがなく、いつでも同じハイテンションで作り込まれてるのは良い。1とバキバキに繋がってて懐かしくなった。スメアゴル?の二重人格すごくいい。キャラが立っていて面白い。1より動きがあって好きかも。
Yuna

Yunaの感想・評価

4.0
ここからめっちゃ盛り上がってきましたよね。スカッとするシーンもあって凄く好き🤭
登場人物が色々出てくるけど、一人ひとり細かく描写されてて、2回目観ると面白いと思いました!
たぶんやけど10回は見た。
なによりロードオブザリングの世界観が好きすぎて。
3部作の真ん中の2作目。
サウロンの手下?賛同者?の白の魔法使いサルマン軍とローハンの戦いがメインかな?
ながーいけど、見応えも十分で最高
塩

塩の感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

ゴラムとスメアゴルの2つの人格。
灰色のガンダルフから白のガンダルフにジョブチェンジ。
アラゴルンとレゴラス、ギムリはローハンを訪れる。人類の滅亡を阻止するためにローハンの王と民と籠城戦。しかし300vs10000ほどの圧倒的な兵力差でまたしても絶望感。そして梯子などを落ちいてくる知性まであるなんて聞いてないよ。
この戦いに気づいた人たちが見て見ぬふりをするか、恐怖だが今この戦いに参戦するか。
ピピンとメリーと木の怪物達が紆余曲折経て戦いに参戦。フロドとサム、ゴラムは誘拐させられる。決意をしり解放。籠城戦も援軍によりあっさり勝利。
UHD表記があるのにHD 1080pまで。なんで?

これも同様。エント、ウサギ、ヘビ、すべてが断片。白いガンダルフ、白いガンダルフ?やっとボロミアがショーン・ビーン、エオメルがカール・アーバンであることを理解した。
Mao

Maoの感想・評価

3.8
ロード・オブ・ザ・リング🧝‍♀️ マラソン中🏃‍♀️💨

第2作目です✌️



前回よりは関連図が明確になった気がします!前作は割とスピーディーに展開されていきましたが、それに比べると今作はゆっくりと考えながら観られたので良かったです😊

力の指輪の誘惑は本当に恐ろしいな〜と思います😱💨私でも虜になってしまうかも…。


それにしてもサルマンとサウロン。モルドールとゴンドール。名前が似すぎて、どっちがどっちか混同してしまいます😂

最強の勢力モルドールの脅威から逃げるのも大変なのに、その指輪の破壊もなかなかに難しい💦笑
唯一、誘惑には屈しないフロドに任されてしまうのも仕方ないかもしれないけど、仲間たちとも離れ離れになってしまって、脅威を避けながらそのミッションをコンプリートするのは勇気もいるし、プレッシャーもありそうだな〜と思いました😅


今作はもろ人間対サウロン(&サルマン)の戦争でしたね😢
それにしても敵の数よ😱💦人間側が劣勢すぎでしょ💦


そして今回フロドの人生を脅かす原因になったゴラムですが、なかなか可愛かったです!笑
ハリーポッターの屋敷しもべのドビーみたい🤭←やっぱりここでもハリーネタ🤣笑


それにしてもロード・オブ・ザ・リングはなかなかにロケーションが素晴らしい😊💕✨行ってみたくなりました!
共に戦う仲間が増えていく。それは心強くて頼りになるし、気持ちが高まる。

けれど、戦火が拡大していく状況を見ると、こうやって戦争が拡大していくんだなと感じた。愛するものを守るためには迫りくる対象に立ち向かうことが必要なのは当然なんだけど。

他者から奪うという欲望が争いを生みだす。そして争いが技術を進化させる。競争原理は破滅するまで続くんだろうな。
おとう

おとうの感想・評価

3.5
「レゴラスとギムリの名コンビを楽しもう」

2作目もIMAXで。

1作目に比べて戦闘シーンの迫力も増し、ゴラムをはじめとした新キャラも続々登場するのですが、個人的な見どころはレゴラスとギムリの名コンビ。

旅の仲間のなかでは水と油のような2人ですが、実は1番息が合っている気がします。馬に乗ったレゴラスがギムリを引き上げるシーンがめちゃくちゃ好きです。

2作目ですが、やっぱりちと長いですねw
まや

まやの感想・評価

3.7
アラゴルンかっこいい、、、
レゴラスの動きはどこまでもスマート。
たまに入る叙情的な語りが好き。
3作品の中で1番好きです。
絶望と希望の塩梅がいい。
最後のファラミアのシーンで大好きになります。
>|

あなたにおすすめの記事

似ている作品