ホビット 竜に奪われた王国の作品情報・感想・評価・動画配信

ホビット 竜に奪われた王国2013年製作の映画)

The Hobbit: The Desolation of Smaug

上映日:2014年02月28日

製作国:

上映時間:161分

3.8

あらすじ

「ホビット 竜に奪われた王国」に投稿された感想・評価

レゴラスがめちゃくちゃ格好良かった!

そんなとこで終わるんかよってなりました…

続きが気になる!
N

Nの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

すっごいいい所で終わった〜、、
ドワーフの王とキーリーが良い🫡
エルフも良い👌
人間の名前忘れたけど、その人も良い

1作目はラブ系が無かったから、今回は面白かった♡

とりあえず、次を続けて見たくなる作品
KOSKE

KOSKEの感想・評価

4.1
三部作の2作目なのでストーリーがいよいよって所で終わるのはしょうがない。
今作を観たら間違いなくLotRをもう一度観たくなる。
レゴラスのアクション滅茶苦茶カッコイイですよね。
その距離弓で射る必要なくねってのとか、ガンフーみたいなんですよ。

唯一ツッコミどころを挙げるとすれば、鍵穴が全然隠れてないというか、いやこんなんちゃんと探せば月明かり必要ないやろってレベルだったくらいでしょうか。
一人旅

一人旅の感想・評価

4.0
ピーター・ジャクソン監督作。

『ホビット』シリーズ第2弾。
CGを駆使した圧倒的な映像世界。“現実を忘れさせてくれる”という意味では他のファンタジー映画を寄せ付けないほどの重厚で壮大な世界観を味わえる。
完結編を見据えた作品なのでストーリーは中途半端ではあるものの、邪悪な竜スマウグとの激闘や、中世ヨーロッパの街並みを彷彿とさせる川沿いの幻想的な村など見どころもある。
卍丸

卍丸の感想・評価

4.0
戦いは熾烈化していく!

何よりもレゴラス。。レゴラスの戦い方がカッコいいし美しい。

終わり方が次に繋がるのもわかるけど、すんごい中途半端なので、気になる。

ロードオブザリング自体をもう一回、見直したくなる。
Ru

Ruの感想・評価

4.5
最後のシーンが印象的すぎる
途中までいい調子だと思ってたから絶望感が半端ない
次が気になりすぎる終わり方
モモ

モモの感想・評価

4.4

このレビューはネタバレを含みます

数年ぶりに鑑賞。
初レビュー。

はなれ山への道中、闇の森に差しかかったトーリン達一行。
しかしそこでガンダルフは確認すべき事があると言い残し、別行動を取る。

闇の森へと踏み入るトーリン達だったが、悍ましき怪物に襲われ、その後は闇の森のエルフに捕われてしまう。
ビルボの活躍で脱出に成功するも、アゾグの息子であるボルグ達の襲撃を受ける。

闇の森の王スランドゥイルの息子であるレゴラスや、護衛隊長であるタウリエル達がオークを退け、トーリン達は湖の街エスガロスへと渡る。
街の民である船頭バルドに助けを得るが、衛兵に見つかってしまうトーリン達。
捕縛され、領主の前に連れ出されたトーリンは、山の下の王の凱旋だと宣言。
黄金の都に眠る財宝に目の眩んだ領主や街の民の力を借りてついに、はなれ山にたどり着いた。

伝承に基づき鍵穴を見つけ、秘密の扉を開ける。
アーケン石の奪還の為に一人で忍び込んだビルボだったが、山高く積まれた財宝に身を埋めて眠っていた竜、スマウグを起こしてしまう。
眠りから覚めたスマウグは、ビルボが現れたのはドワーフ達が帰って来たからだと悟り、彼らに対し怒りをぶつける。
触れれば瞬く間に炭と化す灼熱の炎、一本一本が剣の様なキバ、槍の様な鉤爪。
迫り来る最恐の竜を黄金を用いて撃退しようとするが、それは失敗に終わり、スマウグはエスガロスの民の皆殺しを宣言し飛び立ってしまう。




三部作の二作目。
一作目よりスピード感があり、そして緊張感も増していく今作。
続々と増えて来る敵の軍勢は、トーリン達のみならず、人類圏の悉くを滅ぼさんと進発する。
uptree

uptreeの感想・評価

3.2
"Why are there Dwarves climbing out of our toilet?"
Yamamo

Yamamoの感想・評価

3.0
ロード・オブ・ザ・リングの前日譚。

3部作の2作目。

3部作の折り返し地点だから仕方ないが、もう全てが解決せずに3作目に続く…

相変わらず世界観と上映時間が凄い。
レゴラス出てきたあああああ〜!!
でもLotRの時とはなんか描かれ方が違ってて若い時はこんな感じだったんかーと新鮮だった!ちょっと生意気な感じがいいね、そして相変わらず強い。

あとグローインはギムリの父だったんだね。レゴラスがこのブサイクは誰だ?って聞いて息子のギムリだ、みたいなやりとりがあったけど、のちにレゴラスとギムリがLotRで旅を共にして険悪な仲であるエルフとドワーフの種族間を超えての友情を育んだのもロマンがあって素敵。

あとは、えーっとトーリンがちょいちょいムカつくというか、鍵穴見つからなかったらといって諦めるの早っとか思ったのとラストはこりゃもう闇落ちパターンだなと切なくなった。

そしてルークエヴァンスが色気溢れすぎてて辛い。何だあのかっこよさは!!
>|

あなたにおすすめの記事

似ている作品