ホビット 思いがけない冒険の作品情報・感想・評価

ホビット 思いがけない冒険2012年製作の映画)

THE HOBBIT: AN UNEXPECTED JOURNEY

上映日:2012年12月04日

製作国:

上映時間:170分

3.8

「ホビット 思いがけない冒険」に投稿された感想・評価

新婚旅行の時に見てレビューをしてなかったのを思い出した。👀
点数はかなり思い出補正あり。💍なってったって旅行先は撮影したニュージーランドだったからです!!🇳🇿

だいたい苦戦すると誰かが強い奴を連れてくるパターン。🌳今回はガンダルフさんがやってくれました。🧙‍♂️
オークはCGなんだろうか?昔のオーク?ハイウルク?とは違って少し上品になってた笑🦹‍♂️
名作シリーズ「ロード・オブ・ザ・リング」の60年前を舞台とした新シリーズ。

公開当時は正直複雑でした。さすがにあのシリーズは超えられないだろうと思い、それほど見る気も起こらず、気がつけばBSプレミアムシネマで一挙放送するまで未見のまま。笑

それを機にやっとの初鑑賞でしたが、やはりスケールは相変わらず壮大。ロードオブ〜の世界観をキチンと引き継いでいて安心しました。

フロドの義父であるビルボが主役に座り、旧シリーズでもお馴染みだったキャラも何人か登場するので、どことなく安心して見れます。笑

それでも冒険のスリルは一級品だし、続きが気になるのも旧シリーズと同じ。
ロード・オブ〜の一作目を見たあの衝撃には及ばないものの、ピーター・ジャクソンの腕前はやはり流石の一言に尽きるなと思いましたね。
pokuta

pokutaの感想・評価

4.0
ロード オブ ザ リングしっかり観たからもういいかな、と思って映画館で観なかったが観始めると面白い。だけど長い。ビルボはシャーロックのワトソンだったんだ。始めて気づいた。
鴉天狗

鴉天狗の感想・評価

3.9
レゴラス様見たさで観に行って、出なくて微妙にテンション下がりつつもやっぱり面白くて、ウキウキわくわくしながら帰ってきたのを思い出しました。
このシリーズは大好きです(^.^)
それぞれの種族の違いがすれ違いを生んで、なかなか思う通りにいかなくてヒヤヒヤするとことか、世界観がしっかりしてて引き込まれます。
友だちとか仲間とか、結構努力のいることなんだなあと今更ながらに思ったりしました。
chiba

chibaの感想・評価

4.5
2019年90本目
ロード・オブ・ザ・リングの前日譚。
映像が美しく迫力がある。ホビット庄でのドワーフ達の宴会シーンはそれぞれの個性が感じられた。フィーリキーリ…
アゾグとの戦いで大鷲に救われた後の流れからトーリンとの和解に感動。故郷を取り戻す決意を新たに第2章に続いていく。
BS 録画
映像がとても綺麗でした。CGの違和感などがなく、とても楽しめる大作でした。
maco

macoの感想・評価

-
初めて「ホビットの冒険」を映画化すると聞いたときは、「指輪物語」よりも思い入れがあるだけに、少し心配だった。なにせ内容的には3部作もいらないし、メインがドワーフだけにやや地味なのだ。でも開けてみると、原作のテーマはそのままに、うまく内容を映画むきにふくらませていて、かつ「ロードオブザリング」ファンへのサービスも怠らない、いい映画になったと思う。1作目はビルボが指輪を手に入れて、ドワーフたちの仲間として認められるまで。ビルボの家に次々とドワーフがやってくるところ、映像で見られて幸せだった。
さえき

さえきの感想・評価

5.0
もう7年前の作品なのか。久しぶりの再鑑賞。やっぱり面白いんだよなあ。話が進むに連れて苦しいお話になってくるから、ピークは最初!ビルボの家での夕食会が何度も一時停止、巻き戻し、一時停止、巻き戻しを繰り返して中々先に進まない…笑
ご飯で使い終わったお皿を、ビルボを揶揄う歌を歌いながら片付けるシーンが特に好き。フィーリキーリ兄弟がさ…尊い。。
話が進むに連れて、最初はただのお荷物だったビルボが本当の友、仲間になっていく流れがとっても好き。個人的にはロードオブザリングより好きなんだよなあ。
おもしろい。

ホビットの無垢さや優しさに感動する。
とにかく映像美。画が美しい。
もなか

もなかの感想・評価

3.3
登場人物が多く、用語もカタカナばかりで最初は何が何だか分からなかったが映像美にだんだん引き込まれた。
>|