目撃の作品情報・感想・評価

「目撃」に投稿された感想・評価

序盤の殺人目撃シーンなんてドキドキしながら見てて、きっと国家権力相手に知恵使ってやり返すようなサスペンスモノなんだろうなと思っていたら、事件自体はナイフを例の人に渡して強引に解決させる雑な作りで、どっちかというと男のプライドとか家族愛とかそっちがメインの映画だね。

だけどプライドとか家族愛とかそういうテーマもなんか希薄な感じがして、重厚なドラマって思えるほどの出来じゃないんだよね。主役がイーストウッドなのにカッコよく思えないのが悪い意味ですごい。
ぺ

ぺの感想・評価

3.2
泥棒が豪邸を物色中にスキャンダラスな現場に遭遇しちゃった!

エドハリス、ジーンハックマンと好きなキャスト揃いなだけに話運びが雑でこいつ何言ってんの?と思うシーンがいくつか。

取りあえず偉い奴は信用できない。
まぁまぁ面白かった
何気に24のパーマー大統領夫妻が出てきて笑った
渋いキャスティング。ただ脚本、ストーリーの流れが結構雑な気がする。テンポもイマイチ。
リアルルパン三世!?
神出鬼没な天才的泥棒の物語。
キャストも豪華で、さすがイーストウッド映画でした。
事件の現場を目撃した泥棒イーストウッドが絶対権力相手に逃走劇、と勝手に思ってたら、全然違った。

知能犯ならではの逃走ややり返しが痛快な作品。
序盤がわりと退屈。
Ellie

Ellieの感想・評価

3.5
24のパーマー夫妻が出てて、おぉ!ってなったけど、パーマー夫人活躍するかと思いきや全然だった!笑

終わり方が少し物足りなかったな。
もう少しクリントンにスカッとする感じでおわらせてほしかったけど・・

でもそれ以外は好きなストーリーの流れ方だし、こういう雰囲気のサスペンス感もまたいい。
結構ハマって観てしまった。
nyoloner

nyolonerの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

ハーフミラーの背徳感。


本作、クリント・イーストウッドが泥棒さんなんですが、ダーティーハリーの時の吹き替えが山田康雄氏だったので、ルパンだなぁと思いながら見てました。「盗むけど殺さない悪党」ってところも共通。

盗みの最中に「目撃」してしまったものの、そのまま高飛びすれば済むところ、そうしないことを選択する展開はとても上手いと思いました。あと娘の使い方ね。(ローラ・リニーが若くてキレイ!)彼女の存在で、泥棒なのに正義感すら感じるもんね。
殺さない筈が娘のためなら躊躇しないのもダンディ。

でもなによりエド・ハリス!カッコいい❤️既にハゲてるけどカッコいい!!独り者って3回言う演出が憎い。大事なことは3度言うのだ。
もちろんそれだけでなく、こいつ、嘘ついてるんじゃ?って目線の動きとか、歯磨き中に背後に立たれて驚く、とか、好き。

そしてエド・ハリスとクリント・イーストウッドが並んで座ってるシーン、垂涎ものでした。間に入りたいと真剣に思った。クリント・イーストウッドのウインクにノックダウンだー。

と、渋いおじさま達にクラクラしてしまいましたが、ドラマとしても作りが上手く(ダメダメスナイパー達のくだりは別として)、展開とかカメラワークとかストレスがなく、素直に面白いと言える作品でした。

ここでの評価はあんまり高くないけどね。
honmosuki

honmosukiの感想・評価

4.0
イーストウッド監督作品のサスペンス映画。クリントイーストウッド、ジーンハックマン、エドハリスと名優が共演。大統領がゲス過ぎ。泥棒だけど正義感のあるイーストウッド。
jonajona

jonajonaの感想・評価

3.5
大統領による殺害現場を屋敷に忍び込んだコソ泥が『目撃』してしまう話。
巨大権力の悪事をごりっごりにまざまざと見せられると露骨すぎて怖い…!ボディガードたちも『あーあ、やっちゃった』て感じだし、こいつ多分今までも…。
命からがら逃げ出したコソ泥(イーストウッド)だけど相手は大統領。色んな手段で彼を見つけ出し始末しようと頑張る。
中々スリリングな設定ながら中盤ちょっと退屈する。けど基本楽しい映画。
人の肩書きに騙されるな!的な。
>|