レイジング・ブレット 復讐の銃弾の作品情報・感想・評価

「レイジング・ブレット 復讐の銃弾」に投稿された感想・評価

犬

犬の感想・評価

3.1
恨み

長女を殺されたカレン
悲しみに暮れる中、犯人の男が捕まるが、その犯人に無罪判決が下されてしまい……

極悪殺人鬼に復讐する母親の姿を描くサスペンススリラー

みんな犯人に見えてくる

裁判

少しハラハラ
ストーリーもまあまあかな

とにかくキーファー・サザーランドが役にハマってます
いぬ

いぬの感想・評価

3.0
犯人がクソクソにクソすぎるしお母さんに感情移入しかできない。映画中盤、犯人早く苦しんで死ねよ!!っていう感情しかなくなってしまって、全然集中できなかった...
tulpen

tulpenの感想・評価

3.3
キーファーのクズっぷりが際立ってた。
コレ観てたから 24とかあり得ない!と思ってた。
TaeTae

TaeTaeの感想・評価

3.3
「証拠がないから」と釈放になる強姦殺人犯だけど、DNA鑑定が出ているのに何故?
食品配達で訪れてマーキングしたり犯行に及ぶ男をキモく演じているキーファー・サザーランドがハマり役。

このレビューはネタバレを含みます

娘を殺された母親がいろいろな葛藤を経て、犯人への復讐を果たして…えっ、終わり?

犯人の人物像をわざわざちょっと掘り下げていたり、第二の事件が起こったりと、もう一捻りあるかなと思わせ振りな感じだったので、拍子抜け。
内容はそこそこ面白かった。
画の撮りかたが見やすくて好き。
設定は素晴らしいけど、とことんまあまあな真面目で丁寧な作品。
アメリカにいる時に学校の先生に面白いと勧められてみた。
Barbieちゃんが真ん中に立っているバースデーケーキで女の子のお誕生日をお祝いするのは上映時期の頃のアメリカの家庭にとっての平和の象徴なのか、ホッとする。その一方で真逆の事態が発生するハラハラ感。こういった増加する残酷な事件を映画で観ることで犯人に腹立たしくなる感情がずっと残ってしまった。その為スコア低め。
Mocha

Mochaの感想・評価

4.5
One of the most impressive movies. I can think about what is justice.
kiko

kikoの感想・評価

3.2
この映画の見所は勿論アカデミー女優のサリー・フィールドの演技なのですが(絶望と悲しみの表情が本当に上手い)

もう一つ。

【チンケで暴力的なクズそのものの男】である犯人がいとも容易く、人の命を奪ってまるで反省していない。

というこの世界の理不尽な事実がしっかり描かれているところです。

映画ではしっかり落とし前をつけていますが。

現実ではこの手の男が全く法の裁きを受けずに私達の世界を徘徊しているんですよね。

被害者はいつでもやられておしまいです。家族は苦しみが続くのに
犯人の人権は護られる世の中。

自警団。現実に存在しても私は仕方がないと思ってしまいます。
れな

れなの感想・評価

3.8
え!?これキーファーサザーランドだったの!?ってくらい誰か分からない最低卑劣な犯人役ww
もうこれでもかってくらいむかつく犯人のため、最後はほんとにスカっとした!
やっぱり復讐系の映画はこおじゃないと!
前半にとことん犯人の卑劣さを見せつけて同情を誘わないようにしないと!
復讐鬼ジャスティスを見た後だったからか、余計面白かった。
犯人が最後の最後まで糞でした。
パパいいやつすぎる。刑事さんがミスタービーンにしか見えなかった。そして警察無能すぎ、科学捜査班頑張れ。
犬に飲み物かけるとこでもう殺せばよかった笑
>|