悪魔のいけにえ2の作品情報・感想・評価

「悪魔のいけにえ2」に投稿された感想・評価

saw13

saw13の感想・評価

-
デニス・ホッパーが薄情すぎる。
全編、狂気vs狂気で大いに笑いを誘う。
キャロライン・ウィリアムズの脚が本当に美しいね。
Rie

Rieの感想・評価

3.3
兄貴たちが前に出過ぎて肝心のレザーフェイスが霞んじゃってる…笑

しかもストレッチに恋しちゃって可愛いし…笑

デニスホッパー渋いのに、まさかのチェーンソーで目には目を反撃。保安官なのに銃じゃないんかい。

恐怖なハラハラ感は1の方がまだあるけど、
これはこれでコメディっぽくて楽しい。
もう怖がって叫んでるのとか、顔芸にしか見えない。
サイ

サイの感想・評価

-
正統派続編というだけあって登場人物も設定も1をほぼそのまま引き継いでいて良かった。
レザーフェイスの思春期。気になる女の子と家族の間で困ってとてもキョロキョロして変な可愛さがあった。
父は一人働いて、ある意味いつも苦労してるなあ
お爺ちゃんが…元気…
全体的にテンションが高い
なんだこのデニス・ホッパーは。レザーフェイス役の演技が一作目の方が上手かった。冒頭の並走シーンは天才。
ほんっっとにすご過ぎる。
酔っ払いながら作った映画としか思えない。
Tomokito

Tomokitoの感想・評価

3.0
予想外に面白かった。意外に商業的というかしっかり予算もかけて丁寧に作ってあって、80年代スプラッタ、ホラーコメディものとして良くも悪くもスタンダードな品質。一方で演技と演出、カメラワークは結構謎なテンションでそこは前作のノリが伺える。デニス・ホッパーがこんな下手な演技してるの初めて見た。

前作をある意味ネタにしてデフォルメしたような内容だけど嫌味はないし、とにかくポジティブ?なノリで進むので観てて楽しい。ラストの終わり方も潔くて良い。
だいぶコメディチックになった続編!


ラジオ放送局に殴り込みなシーンが面白い(笑)
ソーヤー家の次男坊演じるビル・モーズリーが針金ハンガーの先っぽ熱して頭ポリポリw
確かにそこは痒そうだわwww

一方、末っ子レザーフェイスはスケベやな~こいつw


デニス・ホッパーのチェーンソー選び
3つもチェーンソーいらんだろw

ジジイの頭カチ割りゲームがしつこいw
力入んないんだから無理だってwww



これはこれでそれぞれキャラ立ってて面白いんだけど正当な続編がこれでいいんかい? 笑っ
ラジオ局で頭金属男と対峙してしまう場面が怖すぎてチビった。絶対に話の通じない存在と向かい合わなければならない恐怖!!が今作はより強調されていて恐ろしい。

地獄すぎる遊園地空間を活かしたピタゴラスイッチ的なアクション設計に笑わされた。
そしてヒロインの目力とサービスショット過ぎるラストカット!からの陽気過ぎるエンディング曲の流れにブチ上がったぜ
いろは

いろはの感想・評価

3.7
悪魔のいけにえシリーズ第2作目。
BGMがついてノリノリだね。
今回、レザフェたんより存在感出してきたチョップトップ氏。
あの一家をひとりで追いかける女の人が勇敢すぎる。恋をして可愛いレザフェたん♡♡
チェーンソー対決と最後のシーンは見物!
\\1作目以上のキモおもしろさ//
あにま

あにまの感想・評価

1.4
608作品目。レビュー308作品目。
『悪魔のいけにえ2』
 監督:トビー・フーパー
 主演:キャロライン・ウィリアムズ
 興行収入:$8.000.000
 製作費:$4.700.000
伝説的ホラー映画の金字塔『悪魔のいけにえ』の続編。
前作の事件から13年後の1986年。二人の男子高校生が失踪する事件が起こる。13年前に甥のフランクリンを殺されたレフティ隊長は犯人を執拗に追い続けていた…。

前作が最高すぎる故にフーパー監督も悩んだだろう。
あの独特なザラザラとした世界観の映画はもう作れないだろう。
この作品も凡庸な作品であった。
>|