悪魔のいけにえの作品情報・感想・評価

悪魔のいけにえ1974年製作の映画)

THE TEXAS CHAIN SAW MASSACRE

製作国:

上映時間:84分

ジャンル:

3.8

「悪魔のいけにえ」に投稿された感想・評価

ちゃそ

ちゃその感想・評価

3.4
サリーの目がとても綺麗。

レザーフェイスおちゃめ。
ラストのスーツ似合ってました。

レザーフェイスのおじいちゃんもレザーフェイス被ってるんですかね?マスクみたいなシワシワお肌で気になりました。
E

Eの感想・評価

3.7
ホラー作品の中でも珍しく評価が高く
何度も続編など出てるし如何程の
人気作品なのかと前々から気になってて
今更ようやく鑑賞

これも実在した殺人鬼
エドゲイン がモデルとなった
作品だったとは...
この人と同じ時代に生まれなかった事に
心から感謝したい

まずレザーフェイス気持ち悪いけど
意外にもかっこよさと
可愛さを兼ね備えていた
という感想
登場シーンといい
ラストのシーンといい
めちゃくちゃキマってる
何気にスーツってとこが魅力的◎

主人公だと思ってた人が
そうじゃなかった事には驚きを
隠せなかったのだけど
あの女の子の持久力も相当のもの
結構粘った 強かった
家族みんな気持ち悪かったけど
おじいちゃん くたくたで本当によかったね
そして最後に滲み出たあの笑顔
清々しさ半端ない
エンドロールの終了とともに
消えるチェーンソーの音
とか
シンプル且つスタイリッシュな
演出が乙だった.
ほたて

ほたての感想・評価

3.7
怖い

84分間
恐怖の感情しか持たせてもらえないAIに
なった気分になる
テキサスの田舎道のドライブを楽しむ若者たち。だがある1人のリッチハイカーを拾ったことにより地獄の門は開かれた…!!
不気味なマスクをかぶりチェーンソーを振り回す大男レザーフェイスが有名なホラー映画。見てるみると意外な程に残酷な表現は少なくだが16mmフィルムで撮られた独特な質感の映像に不気味な美術これが恐ろしく一周まわってユーモアさえある。ラストシーンの朝焼け空は綺麗だった
のぞみ

のぞみの感想・評価

2.2
チェーンソーはこっちだから!って13日の金曜日と勘違いしてる人に言いたくなる
toilet

toiletの感想・評価

4.0
ホラー界のアイドルことレザーフェイスさんの初期の作品。
言わずと知れた名作なんですが、
やはり素晴らしいですね。

今のホラー映画のようにグロいシーンだけ見せていれば良いやーみたいな安易な映画ではなく、グロいシーンなんだけど、肝心なところは見せずして恐ろしいっていう一番上手いやり方をしている。

レザーフェイス一家の狂いようが常人からしたらめちゃくちゃ怖いわけで、自分があの立場になったらと考えると地獄ですね笑

有名なラストシーンは滑稽に思えるものの、美しささえ感じさせる。
レザーフェイスのオリジンムービーがそろそろ公開されるみたいだけれど、そんなに深掘りしない方が不気味で良いんじゃないかなとも思います。
レザーフェイス家の骨とかぶら下がってる部屋が小学生時代の友達の自室にそっくりで、ある種の懐かしさを感じました。
元祖チェーンソー、レザーフェイス。

ただただ襲うだけの淡白な内容だが、ひたすら叫び怯え恐怖をあたえる一本。

どんな映画なの?と聞かれたら...

ぎゃあぁあぁあぁあああぁぁああぁぁああぁぁあああぁぁあああぁぁああぁぁああぁぁあああぁああぁぁああぁぁあぁぁあぁぁあぁぁぁああぁぁああぁぁあああぁぁあああぁぁああぁぁああぁぁあははははははははははははははははははは!!!!!!

であらわせる のは素晴らしいと思う。
不快、不快、不快

現在のホラー映画にも大きく影響を及ぼしている作品と聞いていたので鑑賞

序盤から終盤ラスト直前まで非常に不快な作品でした(褒め言葉です)

殺人が怖いんじゃなくて、ムードが怖いんです

まず美術がすごい
1974年という、そこまで数多くのホラー映画が出てない時代に、こんなアイデアが出てくるかってことに驚愕

当時、エド・ゲインという有名な墓荒しと殺人やってる人がいて、そいつが死体のあらゆるパーツを使って工作をしてた(調べたら気持ち悪かったです)ことをモチーフにしたとかって、いろんな記事で見かけたんですけど
実際、監督はそんなにその事件のこと知ってなくて、たまたま上映時期にそんなニュースが舞い込んできたから、ヒットしたとかしいとか

意識せずにこんな不気味な雰囲気を作り上げたのならなおさらすごいです

目で捉えるものも不快だったんですけど、音もなかなか不快
もう言ってしまえば雑音ですよ
その雑音が雰囲気とすごいマッチして、余計に不快になっていくわけです

ストーリー自体は単調でそこまで驚かされるシーンってのはないんですけど、ただ部屋を映すだけのシーンとか、あの眼球を長々と映すシーンとか、なんでもないシーンが、不快さを増長させていたと思います

あとはホラー映画で死ぬ人って、何かしら悪い要素(バカ、生意気、ビッチ etc...)を持ち合わせてる人から死んでいくのが定番ですけど、
なんも悪いことしてない若者が殺されていくのがこの作品
いわゆる不条理感がすごいのです

しかも、一人目の死なんてマジで唐突
ホラー映画特有の「あ、そろそろあいつが出てくる」みたいなのが全くなしに、
レザーフェイスが急に登場して一瞬でハンマーですよ
しかも、真昼間ですからね
これは予想外すぎて驚かされました

ラストもなかなか斬新ですよね
パッと終わりましたね
あのあとどうなったのか続編に描かれてるのかもしれないですけど、
チェーンソーを振り回すレザーフェイスの姿はしばらく頭から離れなそうです

原題の「テキサスチェーンソー大虐殺」のままだったら、おそらく日本ではヒットしなかっただろうけど、個人的には原題がすきでした

ホラーばかり観ていた若かりし頃
たぶんこの作品も観てるのだけど
全ーっく記憶にない。

44年くらい前の作品だし
ホラーの十八番
チェーンソーはこの映画だったんだって改めて気がついた。
ジェイソンじゃなく(^_^*)


たぶん初観当時はそれなりに怖かったし、気持ち悪かったろうし、ドキドキしたんだと思う。
この写真も人間の皮で作ったフェイスカバーですよ(苦笑)
怖いでしょ?考えたら…でも愛くるしさが優先してしまう(^_^*)


自分のホラー耐性向上や物語への好奇心とか探究心や素直な感性の目減りさに少し寂しくなった。

私たちは子供の頃から刺激もエンタメが多くて色んなトコも鈍感になってるなあ…

とは言っても笑いつつツッコミつつ40年以上前のホラーを楽しめる事と永遠に続くかと思った悲鳴とお爺ちゃんの特上コントを見られる事を当時の製作陣に感謝と畏怖の念をもちましたo(・x・)/

真剣ってすばらしい(^_^*)

また少しづつ観なくなってたホラーも取り入れる事にしようと改めて思わされた作品。
>|