悪魔のいけにえの作品情報・感想・評価・動画配信

悪魔のいけにえ1974年製作の映画)

The Texas Chain Saw Massacre

上映日:1975年02月01日

製作国:

上映時間:84分

ジャンル:

3.7

「悪魔のいけにえ」に投稿された感想・評価

レザーフェイス登場シーンがコントみたいなのに怖い!!!

実際の事件を元にしてるらしいってのがまた
恐ろしい。

男女のドライブシーンが長いかなー?と思ったけど、そこで語られる屠殺場の話、途中で乗込んでくる狂ったヒッチハイカー、そのあたりからもう不気味な感じがすでにプンプン。気味悪い。

ガス欠にて近くの家を訪ねたのが運のつき。狂人一家、レザーフェイスってこれか!と。

ホラー映画なのでグロ描写も覚悟してたけど、血はそんなに出てこない。でも凄く恐ろしい。

レザーフェイスがどんどん獲物をヤッてしまうところそのものズバリは映してない。瞬殺だからってのもあるだろうけど、その瞬間を映さないことによりその惨劇を想像してしまう。あー怖い気持ち悪い。

そもそも登場シーンがいきなりすぎて。またバタンと閉めて画面から退場、ちょっとコントみたいなんだけどビックリ&ゾッとした。

この狂人一家の恐怖これにつきる。

ラストのレザーフェイスも薄気味悪くて最高。
春光

春光の感想・評価

4.1
ストーリーとしての深みはなくただただ恐怖の追いかけっこと絶叫をみるシンプル極まりない作品。これはこれでよい。SlipknoTにいそう。
怖いというよりも恐ろしい。
レザーフェイス、なかなかエグいことしますな。
イ

イの感想・評価

4.1
異様なズームで全体でなく単体を集中的に映すからカメラが動く度に映ってない場所が常に怖い。女の人が森を逃げるシーンなんか必要以上に暗くて、距離感も土地勘も掴めない。無駄がないといか、容赦ないというか、とにかく一時停止でもしない限り心の準備できないってくらい、躊躇なく襲ってくる。ぶっちゃけ一時停止すらもする暇ないけど笑
その手際の良さが尺的に響いたのか最後の人やけに長かったな。

訳も分からず殺されるとか一番怖えよ。
モネ

モネの感想・評価

4.0
かなり前の作品だけど演出が斬新で新しく感じた。レザーフェイスの動きは怖いというか、なんか可愛い。序盤は割と平凡で終盤かけての展開は勢いがあり良かった。バイオ7の食事のシーンはこの映画からきてる気がした。
もっとグロくて芸術的かと思ってたら、そうでもない。
登場人物がだいたい馬鹿なのは、お約束なので何も言うまい。
絶叫シーンの必要性は理解しているけれども、供給過多で少し不快。
公開当時は斬新さは現在では失われてしまったのだろう。刺激が足りない。
 テキサスチェーンソー虐殺事件  
言ってしまえばこうゆう事 ただ、みんな狂ってるから極サイコホラー正に極める!
 こちらまで悪臭漂ってきそうなディナータイムはサイコパス共の独壇場! お客人サリーに用意された料理は虚しすぎるおもてなし… 何よりも主のミイラじじいがここは主役だ 
 赤子が母乳を吸うように生き血を吸う体や、持てもしないハンマー! でも殴らせようとする周りの狂った笑い!息抜きの場面でもあり逆に獄狂…
 グリーンの瞳を剥いて耐えるサリー もう自分も狂うしかない 一か八かの大暴れからラストへ…

 レザーフェイスのチェーンソーダンスは語り尽くされているでしょうから今更ここで語る事もないでしょう

 BGM一切排除 効果音のみ 何この音? ここでこの音!? 音響も含めて作り込まれている感は40年たっても色褪せてはいなかった  
higege

higegeの感想・評価

2.5
ジェイソンやフレディとは異質の恐怖。
最後のダンスはどこか叙情的で。
みお

みおの感想・評価

3.7
レザーフェイスってこの人か〜!
みんなあっという間に殺されちゃうのが良かったね。
shim

shimの感想・評価

3.5
1970年代制作でクオリティたっけーなおい

吊り下げはDBDの元ネタ??

指を切るシーンは実際に指切って撮影したと知って驚き……
所々ツッコミながら見れるほっこりストーリーです(大嘘)
>|