ファンタジアの作品情報・感想・評価

「ファンタジア」に投稿された感想・評価

映像に音楽をつけるとゆう、映画音楽の概念を世界で初めて覆しました。

この映画は、
音楽に映像をつけて、製作されてます。

映画音楽の素晴らしさね。
クラシック音楽をバックとしたアニメーションによるオムニバス作品。

1940年、すでにディズニー作画は完成していたんですね。
映像と音楽の融合の極致を観ました🎻

ただ、魔法使いのミッキーはあんまり出て来なかったし、クラシック音楽にそこまで深い関心があるわけではない自分にとって2時間越えは少し長く感じました。
大好きな映画。そして子供時代に一度は観ておきたい映画。第二次大戦の戦時下でこんな映画を作ってしまう国と、戦争をして勝てるわけがない。
BGMがわりに時々垂れ流しています。
夏

夏の感想・評価

2.8
セリフほぼなし。
音楽に映像を当てた作品。
曲数が多かった。
てっきり魔法使いの弟子ミッキーが常に出るストーリーかと思ったが、一曲分しか登場せず、残念。
思っていた話と違った。
オーケストラが好きな人は気にいるかもしれません。
頭をからっぽにして、目と耳で楽しみたい映画。
1940年当時に手書きアニメーションでできる表現は全部やり尽くした作品です。
全てのアニメはファンタジアに通ずると言っても過言ではありません。
mocamovies

mocamoviesの感想・評価

4.5
クラシック音楽が好き!
クラシック音楽を絵で表現することはなかなか素晴らしいものだ!
いかにもファンタジー感がある。
さすが、ウォルトディズニー。
「魔法使いの弟子」の箒のキャラが好きです!
K

Kの感想・評価

4.3
ちっちゃい頃から何度も見てて曲も映像も何もかもすり込まれてる すごく自分の人生に影響を与えたなって改めて思う作品
ザ・ディズニー

この頃の(3Dじゃない)絵のアニメーションに戻しちくりー
ウォルトディズニーのドキュメンタリーを観て観たくなった作品。クラシック音楽とアニメーションが融合したクラシックファンタジーだった。心地良くて一度寝落ちしてしまったけどクラシック音楽がディズニーの絵のキラキラ感があって退屈せずに観れた。子供と遊びながら流して観ても良いなぁっと思った♬魔法使いのミッキーが可愛い。
D

Dの感想・評価

-
‪ディズニー3作目にして当代随一のアート映画。ナレーション以外台詞を排除し、クラシック音楽のテーマに合わせたアニメ8編で構成され、1940年当時に史上初のステレオ音声作品を完成させ、戦争の影響がなければ、4Dにしていたとの逸話があるほど技術を結集させた作品で、現在でも全く色褪せていない。フィルハーマジック、ファンタズミック!にも引用され、世界中から愛され続ける名作中の名作。‬
#名作
>|