フィースト3/最終決戦の作品情報・感想・評価

「フィースト3/最終決戦」に投稿された感想・評価

kazata

kazataの感想・評価

1.5
超低予算で『ファイナル・デッド~』シリーズを『バイオハザード』風にしたような本シリーズ……
"3"ってことだけど、"2"の後編ってことですね。
("1"がそこそこ売れたから無理矢理続編を、しかも2本作らなきゃいけない…って結果の典型例ってことでしょう)

まぁ結局のところ、真面目に見てどうこう感想を持つような作品では無いので。別にいっか……

何が起こっているのかほぼわからないクライマックスがある意味で斬新でした(笑)

このレビューはネタバレを含みます

 


自宅にて鑑賞。恐らくシリーズ最終作──このシリーズをもっと観たいのだが、エンディングの唄と相変わらずポルノと見間違う原題(サブタイトル"The Happy Finish")を観る限り続きは撮らないものと思われる。テイストが同じ(疾走感溢れるエログロブッラクユーモア満載)の前作『フィースト2 怪物復活('08)』と同時に撮ったのではないか。今回、新たに血に飢えたゾンビの様な軍団が登場。シリーズでは初めて物語の舞台もドンドン変る。途中の点滅画面は考慮してコマ落しが採り入れられていると思われる。60/100点。

・篭城の為に拘り続けた留置場をアッサリ捨てたり、新しい登場人物が直ぐにヤラレたり(C.ヘニングセン演じる“ジャン・クロード・セガール”は珍しく最初の紹介テロップ通りの末期を迎える)と、遣りたい放題も相変わらず。前作で15時間で軍(ロボットがソウなのか?)が救出に来るとの設定も蔑ろに思われるが、本作でシリ-ズが終わってしまうのは寂しい限り……。

・鑑賞日:2011年10月30日
★☆ 某サイトより転載 ☆★

 
1を超えられなかった最終決戦。

シリーズ三部作、全部監督と脚本家が同じなのにどーしてこーなったんだろか。笑

1だけ製作総指揮にベンアフレック、マットデイモン、ウェスクレイヴンが居たってのが1が良かった理由なのかな?

詳しい事はわからないけど3もコメディ色強い。下品でグロ酷い。全くおススメ出来ません。
酷い2より若干おもんなかったからスコア下げようかと思ったけどラスト監督の歌で横ノリで首振っちゃったからのオマケスコア。笑

終わりよけりゃ全てよし!
ベンアフレックとマット・デイモンが企画したクソバカ超B級映画の最終作(今のところ)

ジャン・クロード・セガール出演。

やりたい放題やって飽きたので終わらせました感が凄い。伏線回収なんてもちろんしないよ。

ラストは画太郎先生のトラック落を思い出した。

このレビューはネタバレを含みます

フィーストシリーズの最終作!
タイトルは[The happy finish] 1章から連続の時系列だよ。また、ずっと出演してるハニーパイっていうお姉さんが冒頭で死ぬから、観る前からテンション下がった人も多いだろう。
ラスト、今まで闘っていたモンスターと全く関係ないロボット?みたいなのが生存した主人公を踏みつぶしておしまい。
エンドロールは監督も出てくるし、メイキングでクソ映画を作ったみたいな事を言ってて笑える。
つまんね。暗くて分からんし。ストーリーもギャグもダメ。エロも無いし。
‪「人間カタパルト作戦」は失敗に終わった。バーテンと共にバーでの惨劇から、そして個人的な猫型怪物の襲来から逃れたハニー・パイは事故で呆気なく死んでしまった。しかし、バーテンたちは悲しみにくれず、なんとかしてこの状況を生き延びようとする。そんな中、また新たな救世主が車に乗って現れた。‬
MU4185

MU4185の感想・評価

1.0
「映画のお約束を外す」を3作も続けたので完全に予想通りの展開が続く
逆にお約束を守ったほうが意表を突けたのでは?

「ランボー3」のシーンはちょっと好き
Takuma

Takumaの感想・評価

4.0
フィーストシリーズ完結?

原題はThe Happy Finish

ここまで耐えた者には最高のエンディングが待っている
2を耐えたご褒美としては、もう素晴らしすぎるラスト。
スラッシャー・ハイブリッドとかどういう発想なんだ。
>|